挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
12/499

11 いーとーまきまき いーとーまきまき♪

 2本の前足の間に、白く細い糸が張られる。
 外側に引っ張ると、ミョーンと伸びる。
 力を抜くと徐々に元の長さに戻っていく。

 うん。
 狙い通りゴムっぽくなった。

 何してるかって?
 蜘蛛糸もスキルだってことがわかったから、熟練度稼ぎのついでにいろいろ実験してんのよ。
 今まで糸を使うのは、網を張る時と、そこにかかった獲物を拘束する時にしか使わなかった。
 だから、自分のことながら、あんまり糸についてはよくわかってなかったんだよねー。

 え?
 マイホームから出てレベル上げ?
 ムリムリ。
 レベルアップ直後はなんかテンション上がっちゃってたけど、冷静になってみるとムリじゃね?って思うわけよ。
 だって考えてみてよ。
 ゲームだけが取り柄の女が、リアルファイトで勝てると思う?
 ムリムリ。
 体は魔物でも、それを動かす中身がしょっぱければ意味ないし。

 ゲームと実際に体を動かすのじゃ、天と地ほど差がある。
 ゲームのキャラなら疲れるなんてことはないけど、リアルだと動けば動いた分だけ疲れる。
 まして私は前世では学校に通うだけで、息切れするようなもやしっ子だったんだし。
 野生の本能で生きてる本物の魔物相手に、戦って勝てるかというと、難しいんじゃないかと思う。
 やってやれないことはないかもしれないけど、失敗したときイコールで私の死亡っていう、あまりにリスキーな選択肢は避けたい。

 だったら、網張って哀れな獲物が罠にかかるのを待ってたほうが、断然勝率は高い。
 こっちのほうが安全だし、ダンジョンの中を当てもなく徘徊するよりかは、ずっと効率的だと思う。
 いつかはマイホームから出るときは来ると思うけど、もうちょいレベルを上げて、安全マージンが確保できてからがいいな。
 ネトゲでは無茶なロマン仕様のキャラを使ってたけど、他のRPGなんかじゃ、序盤でレベルを上げまくるのが私流だ。
 レベルを上げまくって、ボスを鼻歌交じりに倒すのが快感だったりする。
 特に今回は自分の命がかかっていることだし、他の魔物に勝てるっていう確信が持てるまでは、慎重に行動していこう。

 んで、今はそのレベル上げの一環として、蜘蛛糸のスキル熟練度を上げてるわけだ。
 思えばこの蜘蛛糸、私の生命線でもある。
 マイホームが作れなくて、未だにダンジョンの中を彷徨っていたらと思うと、ゾッとする。
 その場合、多分私は生き残ってなかったんじゃないかな?
 安心して休憩することもできないし、獲物を取ることだってできない。
 今こうして快適な暮らしができるのも、全部蜘蛛糸のおかげだ。

 そう考えると、蜘蛛糸のレベルを上げるのは最優先でやっておきたい。
 具体的にレベルが上がると、何がどう変わるのかはよくわかんないけど、上げて損はないはず。

 で、ただ糸を出しまくって熟練度を上げるくらいなら、ついでに糸の性質をもっとよく知るために、色々と検証してみようと思ったわけ。
 糸を出しまくるのから始まって、太さの調節、粘着性の調節、強度の調節、伸縮性の調節を検証してみた。

 太さの調節は結構簡単に出来た。
 細くしようと思うと、かなり細くできた。
 目に見えないほど細くは流石にできなかったけど、髪の毛と同じくらいの細さにまで出来た。
 暗がりのこのダンジョンの中では、この細さでもだいぶ見にくいはず。
 ただ、そのあとやった強度の実験でわかったけど、細くすればするほど、糸が切れやすくなっちゃう。
 まあ、こればっかりは仕方がない。
 普通に考えれば細ければそりゃ脆くなるよね。
 レベルが上がればもしかしたら強度が上がるかも知れないし、そこに期待しておこう。

 逆に、太くすると強度は上がる。
 今の私が出せる一番太い糸は、だいたい直径2cmくらいの太さ。
 普通のロープくらいかな?
 まあ、あくまで素の状態で出せる最大値ってだけだから、太くしようと思えば、何本も束ねることでもっともっと太くできる。
 その分手間はかかるけどね。

 粘着性の実験は、正直やらなきゃよかったと後悔してる。
 蜘蛛の糸はみんなベタベタしてると思われがちだけど、実は全く粘着性のない糸もあったりする。
 蜘蛛自身が自分の糸に引っかからないのは、その粘着性のない糸をうまく使ってるおかげだったりする。
 それは、本能で網を作った時に理解した。
 で、それをより深く知ろうと、実験してたわけだけど、見事なまでに全身に絡まった。
 ああ、うん。
 粘着性のある糸とない糸を使い分けなきゃいけないってことは、そうする必要があるってわけで、それをしないと自らの糸に絡まっちゃうわけだ。
 私は間抜けにも、私自身で出した蜘蛛糸に囚われちゃったわけ。

 焦ったわ。
 実際、粘着力は出したあとでも下げられるってことに気づかなかったら、自分の罠にハマって死ぬなんて、間抜けすぎる最期を迎えるとこだった。
 お尻から出した糸は、お尻につながったままの状態なら、ある程度性質を変化させることができるようだっていうのが、不可抗力で分かった。
 そのあと試しに、お尻から切り離した糸の性質変化もやってみたけど、ちょっとだけなら変わることがわかった。

 気を取り直して、強度の確認。
 細いと脆くなって、太いと頑丈になるのは確認したけど、じゃあ、どこまでの力に耐えられるのかというのは、残念ながらわからなかった。
 なんでって?
 強度MAXにすると、私がどんなに力を込めても切れなくなったからだ。
 恐ろしいことに、牙で噛み切ろうとしても切れなかったくらいだ。
 この糸に絡め取られたら、そりゃ早々脱出はできないわな。
 まあ、私よりもっと力のある魔物だったら、千切ることもできるかもしれないので、過信は禁物だけどね。

 で、最後の伸縮性の実験の結果が、今私の手元でビヨンビヨンいってる糸ってわけ。
 うん。
 このゴム状の糸は結構使えそうだ。
 適当な石とか括りつければ、簡単なスリングとして使えそう。
 その他にもいろいろと役立ちそう。

 実験結果に大いに満足する。
 けど、こんだけやってもレベルは上がらなかった。
 それに、結構無視できない問題が起こった。
 糸を出せば出すほど、エネルギーを消費する。
 つまり、私は今、蛙を食べてからそんなに経ってないのに、猛烈にお腹が空いていた。
 燃費が悪いわけじゃないけど、大量の糸を使うときは、お腹を満たしておかないと危なそうだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ