挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

115/529

97 8つ目がとおる

《熟練度が一定に達しました。スキル『視覚強化LV9』が『視覚強化LV10』になりました》
《条件を満たしました。スキル『視覚強化LV10』からスキル『望遠LV1』が派生しました》

 よっし!
 ようやく視覚強化のスキルレベルがカンストした。
 視覚強化のカンスト報酬は、新しいスキルの派生か。
 早速鑑定して効果を調べてみよう。

『望遠:遠くの景色を拡大して見ることができるようになる』

 あー、言葉通りの効果かー。
 うーん。
 微妙。
 五感強化系は地味にプラスだけど、派生するスキルも地味やね。
 とりあえず発動してみようかな。

 というわけで体担当、望遠発動だ!
 要請を承認した、望遠発動!

 お?
 おお?
 おおお!?
 あ、これすごいわ。
 地味なんて言ってごめん。

 私の視界には望遠で拡大された映像と、元の私の視界の映像、その2つが同時に展開されている。
 想像してたのだと、全部の視界が望遠鏡みたいに拡大されるのかと思ってたけど、どうやら1つの瞳で発動できるっぽい。
 普通だったら全く違う映像の情報に混乱しそうなものだけど、そこはほら、私って実質2人いるようなもんだし。
 分担作業にすれば混乱も全くない。

 今はスキルレベルが低いせいか拡大できる倍率も、射程距離も短いけど、レベルが上がれば結構便利かも。
 例えば探知で敵が潜んでるところを発見して、そこを望遠で凝視しつつ普通の視界も確保とか。
 うんうん。
 このスキルもパッシブスキルっぽくて、MPとかの消費はない。
 結構使い道多そうだし、望遠も常時発動してスキルレベル上げるようにしよう。

 盛り上がってるとこ悪いんだけど情報担当。
 何さ体担当?
 望遠で見た景色に獲物発見。
 おう、早速役に立つとは、愛いやつめ。
 さくっとやっちゃう?
 言わずもがなでしょ。
 あいあいさー。

 というわけでスススっと接敵。
 鎌は前回腐蝕攻撃の自爆で使えなくなってるから、毒合成で蜘蛛猛毒を浴びせる。
 一瞬で魔物のHPが尽きた。
 相変わらず恐ろしい威力だわ。

《経験値が一定に達しました。個体、ゾア・エレがLV2からLV3になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『視覚領域拡張LV2』が『視覚領域拡張LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『生命LV9』が『生命LV10』になりました》
《条件を満たしました。スキル『生命LV10』がスキル『身命LV1』に進化しました》
《スキルポイントを入手しました》

 お、ちょうどレベルアップキタ。
 脱皮して鎌も回復した。
 それと、ついにステータスアップ系のスキルの1つが進化したねー。
 鑑定行ってみよう。

『身命:スキルレベル×10分HPにプラス補正が掛かる。また、レベルアップ時にスキルレベル分の成長補正が掛かる』

 やっぱりというべきか、剛力とかと同じ系統だね。
 ということは、残りのステータス強化系スキルも進化すれば成長補正が乗るようになるのか。
 できれば早めに上げたいところだけど、やっぱり中層を抜けるまでは我慢かなー。
 早く安全なところに行きたいわ。

 そして、お待ちかね!
 レベルアップでスキルポイント100になったぜイエイ!
 さーて、噂の邪眼系スキルとやらは追加されているのかなー?

『呪いの邪眼(100):呪い属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『死滅の邪眼(100):腐蝕属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『麻痺の邪眼(100):麻痺属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『石化の邪眼(100):石化属性のダメージを視界に入ったものに与える』
『不快の邪眼(100):外道属性「不快」の効果を視界に入ったものに与える』
『幻痛の邪眼(100):外道属性「幻痛」の効果を視界に入ったものに与える』
『狂気の邪眼(100):外道属性「狂気」の効果を視界に入ったものに与える』
『魅了の邪眼(100):外道属性「魅了」の効果を視界に入ったものに与える』
『催眠の邪眼(100):外道属性「催眠」の効果を視界に入ったものに与える』
『恐怖の邪眼(100):外道属性「恐怖」の効果を視界に入ったものに与える』


 うわ。
 ホントに追加されてるよ。
 前までこんなスキルはリストになかったはずなのに。
 ていうか種類多いな。
 この中から1つ選ぶのかー。
 悩むね。

 情報担当や。
 なんだね体担当?
 もういっそのこと複数取らない?
 え、どゆこと?
 知ってるか?私って目が8個あるんだぜ?
 それがどうしたよ?
 つまり、最大8個同時に邪眼発動出来んじゃない?
 !?お前、天才か!?
 ふふふ。そう、私ってば天才だったのだよ。
 マジか。私ってば天才だったのか!天才だったら何しても許されるよな!
 そうそう。邪眼8個同時展開とかすごくない?
 やべー。それやべーよ。夢が広がるわー。
 望遠で1個使っちゃってるから残り7個だけどね。
 普通の視界も確保しなきゃならないことを考えると、残り6個か。
 そうやね。今回はどれか1個選んで、残り5個スキルポイントが貯まり次第取っていくってことでOK?
 OKOK。で、体担当的にはどの邪眼がいいと思う?
 ここは持ってない属性の呪いか石化がいいと思う。外道系は魔物相手っていうか、対人っぽい感じだし。
 だよねー。私としては呪いの方かなー。石化は上層にいた石化蜥蜴で体験してるけど、あれ効果が出るまで時間かかるし。
 その分かかった時の威力も高いけどねー。やっぱここは無難に呪いでしょ。
 流石私。わかってるね。
 だろ?

 というわけで、呪いの邪眼を取ろう。

『呪い:各種能力値を弱体化させ、HP、MP、SPにダメージを与える』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ