挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

112/504

95 上位種

 強くなろうと決心してから少し、やっと次の獲物を見つけた。

『エルローデベギアード LV4
 ステータス
 HP:103/103(緑)
 MP:41/41(青)
 SP:76/76(黄)
   :69/69(赤)
 平均攻撃能力:56
 平均防御能力:48
 平均魔法能力:21
 平均抵抗能力:18
 平均速度能力:41
 スキル
 「遊泳LV2」「炎熱無効」』

 4本足のある丸い球体みたいな変な姿の魔物だ。
 丸虫と呼んでるんだけど、こいつ、ぶっちゃけタツノオトシゴ以上の雑魚。
 ただ厄介なことに、コイツは危険を察知するとマグマの中にすぐ逃げてしまう。
 なので、陸にいるうちに素早く仕留めないといけない。

 今は陸にいるし、一撃必殺、もしくは、麻痺入毒で麻痺させるか。
 ここは両方を満たせる蜘蛛猛毒を使ってみよう。

 岩場の影から躍り出て、素早く接近。
 私の存在に気取られる前に毒合成を発動。
 丸虫の口がどこにあるのかわからんけど、とりあえずぶっかけ。

 途端に丸虫のHPが0になった。
 早!?
 弱!?

《経験値が一定に達しました。個体、ゾア・エレがLV1からLV2になりました》
《各種基礎能力値が上昇しました》
《スキル熟練度レベルアップボーナスを取得しました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『斬撃強化LV2』が『斬撃強化LV3』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『SP消費緩和LV3』が『SP消費緩和LV4』になりました》
《スキルポイントを入手しました》

 ま、まあ、予定通りレベルアップしたし、問題ない問題ない。
 弱すぎてビックリしたけど。

 気を取り直してステータスを確認してみよう。

『ゾア・エレ LV2 名前 なし 
 ステータス
 HP:215/215(緑)(20up)
 MP:311/311(青)(20up)
 SP:215/215(黄)(20up)
   :215/215(赤)+399(20up)
 平均攻撃能力:269(18up)
 平均防御能力:369(18up)
 平均魔法能力:255(10up)
 平均抵抗能力:390(10up)
 平均速度能力:1342(70up)
 スキル
 「HP自動回復LV6」「MP回復速度LV4」「MP消費緩和LV3」「SP回復速度LV3」「SP消費緩和LV4」「破壊強化LV2」「斬撃強化LV3」「毒強化LV4」「気闘法LV2」「気力付与LV2」「猛毒攻撃LV3」「腐蝕攻撃LV1」「毒合成LV8」「糸の才能LV3」「万能糸LV1」「操糸LV8」「投擲LV7」「立体機動LV5」「集中LV10」「思考加速LV4」「予見LV4」「並列思考LV9」「高速演算LV1」「命中LV8」「回避LV7」「鑑定LV9」「探知LV10」「隠密LV8」「無音LV2」「断罪」「奈落」「外道魔法LV3」「影魔法LV3」「毒魔法LV3」「深淵魔法LV10」「忍耐」「傲慢」「過食LV9」「暗視LV10」「視覚領域拡張LV2」「破壊耐性LV2」「打撃耐性LV2」「斬撃耐性LV3」「火耐性LV2」「猛毒耐性LV2」「麻痺耐性LV4」「石化耐性LV3」「酸耐性LV4」「腐蝕耐性LV3」「気絶耐性LV3」「恐怖耐性LV8」「外道無効」「苦痛無効」「痛覚軽減LV7」「視覚強化LV9」「聴覚強化LV8」「嗅覚強化LV7」「味覚強化LV7」「触覚強化LV7」「神性領域拡張LV2」「生命LV9」「魔量LV8」「瞬発LV9」「持久LV9」「剛力LV4」「堅牢LV4」「護法LV4」「韋駄天LV3」「禁忌LV7」「n%I=W」
 スキルポイント:50
 称号
 「悪食」「血縁喰ライ」「暗殺者」「魔物殺し」「毒術師」「糸使い」「無慈悲」「魔物の殺戮者」「傲慢の支配者」「忍耐の支配者」』

 ん?
 んん?
 あれ?
 ステータス、なんかかなり上がってない?
 今まで傲慢とかの成長補正抜きだと、1ずつしか上がってなかったと思うんだけど。
 今もっと上がってるよね?
 もしかしなくてもこれ、進化したから成長値変わった?

 お、おお!
 流石は戦闘力高いと言われる種族なだけある!
 まさかレベルアップの成長値まで進化するとは!
 やべえ。
 これやべえっす。

 しかも、スキルポイントも50ポイントも入ってる!
 前まで20ポイントだったから、2.5倍!
 次のレベルアップでもう邪眼取れるかもしれないじゃん!
 うは!
 いいわーこれ。
 いいわー。

 これならわざわざ魔力操作の練習する必要はないかも。
 ああ、でもでも、自力で取得できるならそれに越したことはないしなー。
 邪眼が100ポイントで獲得できるかもわからんし、まだ皮算用するには早いね。
 うん、浮かれちゃダメだ。
 私がヒャッハーすると大抵碌なことが起きないし。

 しかし、私のステータスって改めて見ると結構バランス悪く見えて、意外と安定してるよね。
 速度特化なのは変わらないけど、それに加えて忍耐による防御と抵抗アップで全体的な防御力高い。
 攻撃は防御に比べると低く見えるけど、肝心なのは毒の強さだからこれも高い。
 回避特化で攻撃がなかなか当たらない上に、当たっても硬い。
 さらに一撃必殺級の毒攻撃持ち。
 あれ?
 こうやって聞くと私って最強じゃね?
 イヤイヤ。
 ここで調子に乗ってはいけない。
 謙虚な心で行くべし。
ステータスの上がった数値を書き込んでみました。どうでしょう?
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ