挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

111/529

94 上には上がいるのだし、もっと上を目指してみよう

 ないわー。
 マザー、あれないわー。
 あんなん勝てる生物おるん?
 あれ倒せたら無条件で英雄名乗れそうだわ。

 いやー。
 上には上がいるってね。
 ちょっと途方も無いくらい上すぎるけど。
 今回のマザー遭遇はきっと天の思し召しだったに違いない。
 調子に乗るなってことですね、はい。

 実際、地龍にしろマザーにしろ、今の私じゃ、全く太刀打ちできる気がしねー。
 出会ったら死亡フラグが立つレベル。
 戦う前に逃げるのすら困難っていうね。

《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV9』が『探知LV10』になりました》

 え?
 マジで?
 探知さんもうカンスト?
 あれ?
 けど追加スキルとか進化とかないの?
 えー。
 それはちょっとあんまりじゃない?
 探知さんにはこんだけ苦労させられたんだしさー。
 確かにリターンもでかかったけど、欲を言えばもっとなんか欲しいわけですよー。
 あのマザーに勝てるようになるのはムリにしても、せめて逃げ切れるくらい強くなりたいわけですよー。
 ホントに何もないのー?

《ザ、……ザー、…》

 ん?
 何今の?
 …気のせいかな?

 まあ、ないものねだりしても仕方ないかー。
 けど、強くなるっていうのは一番単純でわかりやすい解決方法だよねー。
 これからも慢心せずに強くなれば、ああいう規格外から逃げられるくらいにはなれるかもしれない。

 そうと決まれば強くなる為の努力をしよう。
 まずはレベルアップ。
 これからは積極的に魔物を狩るようにしよう。
 進化してから狩ったのはタツノオトシゴ2匹。
 傲慢の効果で取得経験値が増えてるから、経験上もう少しでレベルが上がるはず。
 進化してレベルがリセットされると、次のレベルアップに必要な経験値もある程度リセットされてるっぽいからね。

 進化したあとのレベルアップは、その前に比べて早い。
 早いけど、進化前のレベル1の時に比べると遅い。
 だから、ある程度必要な経験値はリセットされるけど、完全にリセットされてるわけじゃないと私はみている。

 これまでの経験上、次のレベルアップはおそらく次の魔物を倒したとき。
 むしろ2匹目のタツノオトシゴを倒した時点でレベルアップしてもおかしくはなかった。
 ナマズクラスの強めの魔物を倒せば、一気に2レベル以上上がるかもしれない。
 とりあえずレベルアップに関しては魔物を見つけてからだね。

 次にスキル。
 スキルのレベル上げは移動中でもずっとやってるようなもんだ。
 鑑定様然り、探知然り、予見と思考加速もそうだね。
 探知はカンストしたけど、付随して上がるスキルも多い。
 このまま全部のスキルがカンストするまで、探知はずっと発動しっぱなしで行こう。

 それと並行して、他の移動中でも上げれそうなスキルのレベル上げに着手しよう。
 一番無難なのは五感強化系。
 これなら移動しながら目を凝らしたり、ちょっと匂い嗅ぎながら歩けば上がるしね。
 もうそろそろカンストしそうなスキルもあるし、そこから始めてみよう。

 あともう一つ。
 これは移動中じゃなくて、ちゃんとどこかに止まって、じっくりやってみたい。
 それは、魔力操作の練習。

 考えてみれば、スキルって熟練度さえ貯めればスキルポイント支払わなくてもゲットできるんだよね。
 それなら、どうやって熟練度上げるのかさっぱりな邪眼にポイント使って、魔力操作は自力で何とかしてみようかなと。
 探知さんのおかげで魔力感知は問題なく出来る。
 そこに意識を集中させれば、魔力の流れが把握できる。
 あとはその魔力を、どうにかして操作することができれば、あるいは操作しようと努力すれば、熟練度が貯まってスキルを得ることが出来る、はず。
 スキルが手に入ったら、そのあとは念願の魔法の練習だ。

 ただ、忘れちゃけないのは、私の目的はこの中層を抜けて、上層に戻ることだ。
 スキル上げとかレベル上げはその過程でやるだけにすぎない。
 だから、わざわざ足を止めてまでやることじゃない。
 あくまで移動中にできればの話。
 この中層は通り過ぎるだけの場所で、居を構える場所じゃない。
 そこは忘れちゃいけない。

《熟練度が一定に達しました。スキル『思考加速LV3』が『思考加速LV4』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『予見LV3』が『予見LV4』になりました》

 よしよし。
 傲慢の支配者の称号のおかげで、精神系のスキルの上がりは早くなってる。
 このままどんどんレベルを上げていこう。

 同じく忍耐の支配者の称号のおかげで、耐性系のスキルの上がりもよくなってるはずだけど、こればっかりは進んで上げられるもんじゃないしね。
 一応、猛毒耐性と麻痺耐性は毒合成で、斬撃耐性と打撃耐性と破壊耐性と腐蝕耐性、それに、おそらくあるだろう衝撃耐性は万能糸で、それぞれ自傷すれば上げられるけど、それはどこかに居を構えてからにすべきでしょ。
 回復の遅い上に、満足に休みも取れないこの中層でやることじゃないわ。

 ステータス強化系のスキルは、できれば早めに上げたいのはやまやまだけど、これも居を構えてじっくり上げたい。
 戦闘中に上がってくれればいいんだけど、それ以外で上げるとなると、筋トレとかしなきゃならないし。
 そんな時間と体力があるなら、少しでも先に進んだほうがいい。

 差し当たってはやっぱり移動中でも上げられるスキル、五感系を上げていこう。
 特に視覚強化はレベル9でカンスト間近だし、優先して上げよう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ