挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
105/487

89 進化による変化

 ステータスで変わったことといえば、スキルポイントがやけに増えてる。
 1レベルに20ずつ増えてたはずなのに、最後に見た時から280も増えてる。
 60は3レベルアップで増えたものだとして、残りの220はどこから来たんだろう?
 進化するとボーナスでも出るのかな?
 それなら、前にスキルポイントの計算が合わなかったのも納得がいく。

 まあ、もらえるならそれに越したことはないけどねー。
 500もあるし、なんかいいスキルが見つかるかもしれない。
 後でじっくり取得可能なスキル一覧を眺めてみよう。

 今はそれよりも気になることがある。
 鰻の鱗を剥がしてる時から気づいてたんだけど、私の体の形状が若干変わってる。

 鋭い爪状だった前足の2本が、細い鎌みたいな形状になってる。
 しかもこの鎌、ものすごく斬れ味がいい。
 蛇の時あんだけ苦労した鱗剥ぎが、短時間で終わったくらいに。
 鱗自体は切れないけど、鱗と皮膚の間はスっと切れた。
 これは、攻撃力が上がったからなのか、それともこの鎌が鋭いからなのか。

 他にも体色が黒くなった。
 前から黒っぽかったけど、今は完全な黒だ。
 光を一切反射しない黒。
 黒だよ、真っ黒!

 全身は鏡がないから確認できないけど、大きな変化はそれくらいかな?
 大きさも変わったようには感じないし。
 けど、多分自覚がないだけで、細かいところはいろいろ変わってそう。

 今までは同じタラテクト種ということで、進化しても全く姿が変わらなかった。
 けど、今回の進化では種族が変わってる。
 見比べてみれば、きっと所々違うんだと思う。
 こういう時鏡がないと不便だ。
 自分の容姿の確認も出来やしない。

 まあ、動いてみた感じ、違和感とかは今のところない。
 全体的なパーツはそこまで変化してなさそうだし、これなら今までどおりの動きができそう。
 進化前は体の変化なんて意識してなかったからなー。
 あんま変わんなくてホッとしたわ。

 しかし、この鎌は結構変わったか。
 なんていうか、構えるとシャキーンって音が聞こえてきそうだわ。
 ていうかこの鎌って、どう考えても死神イメージしてるよね。
 説明文に不吉の象徴とかあったし、腐蝕攻撃持ってるし、そういうことなんだろうねー。
 忍者スタイルは変わらないけど、極まってくると死神スタイルになりそう。

 レベルアップしたスキルの方も確認しておこう。
 剛力と堅牢がアップしたのは嬉しいな。
 これでまた成長補正がアップする。
 ステータスはだいぶ強くなったけど、それでもまだ鰻レベルが相手だと随分下だしね。

 他は、毒合成と毒魔法、影魔法がレベルアップしてるね。
 魔法の方は使えないからいいとして、毒合成の方は何がプラスされてるのか見ておこう。

『属性付与「麻痺」:麻痺属性を追加する』

 なぬ?
 こ、こここ、これは!?
 と、とんでもない物を手に入れてしまったかもしれないぞ!?
 中層に来てからというもの大活躍だった毒合成が、さらなる進化を遂げてしまった!
 うわ。
 これは早速試さなきゃならない。

 ということで、蜘蛛猛毒に麻痺属性を追加してみた。
 どれだけの効果があるのかは次の機会にじっくりと試してみよう。
 あ、でも蜘蛛猛毒だと大抵の相手は即死しちゃうな。
 ここは弱毒にも麻痺属性を加えておいてと、うんオッケー。
 次の相手にはまずこの麻痺属性をプラスした弱毒をぶち当ててみよう。
 あー、楽しみだわー。

 あ、一応影魔法と毒魔法も追加されたやつを鑑定しておこうか。

『毒耐:一時的に毒耐性を高める』

 ふーん。
 自分の毒耐性を高める魔法かー。
 私には不要だなー。
 というか、毒使ってくるやつって、大抵毒耐性高いんじゃないの?
 この魔法の存在価値ってあんまなくない?
 どっちにしろ使えないけど。
 あ、待てよ?
 これ、本来だったら仲間とかにもかけれるんじゃない?
 毒使ってくる相手に仲間全員にこの魔法使ったら、それだけで戦いが有利になるもんね。
 あー。
 ずっとボッチだったからそういう考えがなかったわ。
 それなら普通に使える魔法だわ。
 というか、相手によってはこの魔法切り札にもなるわ。
 なるほどなー。
 まあ、どっちにしろ私には関係ないんだけどね!

 あれ?
 けどちょっと待てよ?
 私ホントに魔法使えないのかな?

 並列思考も演算処理もだいぶレベルが上がってきてる。
 そろそろ、探知使えるんじゃないか?
 …。
 久しぶりに、試してみようか。

 スー、ハー。
 よし!

 探知オン!

 グハッ!
 んぐぐぐぐ!
 くっ!

《熟練度が一定に達しました。スキル『演算処理LV7』が『演算処理LV8』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『並列思考LV5』が『並列思考LV6』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『探知LV6』が『探知LV7』になりました》
《熟練度が一定に達しました。スキル『外道耐性LV3』が『外道耐性LV4』になりました》

 オフ!

 ふー。
 きつかったー。
 けど、前よりも耐えられるようになった。
 耐えるので精一杯だけど、一歩前進はした。
 方向性は間違ってなかったってことだね。
 まだまだ使いこなすのはムリそうだけど、少し希望が見えてきたかな?
活動報告に質問回答コーナーを更新しました
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ