挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
104/487

88 ゾア・エレ

 おはようございます。
 朝かどうかはわからんけど。
 今回も無事に目覚めました。
 良かったー。
 今回の進化、危険度で言えば過去最高だったろうしね。
 気づいたら天国とかにならなくてよかったわー。

 え?
 天国じゃなくて地獄?
 清廉潔白を地で行くような私が地獄に落ちるわけないじゃないですかー。
 はっはっは。

 さて、とりあえずいつものごとくステータスを鑑定、といきたいところだけど、まずは安全確認からしときたい。
 鰻シェルターに変化はなさそうだけど、周りを魔物に囲まれてるとかいう状況もあり得るしね。
 それでは、そーっと外を覗いてみましょう。

 うん。
 特に何もなし。
 よしよし。
 じゃあ、鰻食いながら、あ、ダメだ。
 蛇の時もそうだったけど、鰻の鱗まずは引っペがさないと食えないわ。
 くそう。
 まあいいか。
 とりあえず活動できないほどの空腹は感じてないし、過食がいい仕事してくれたのかな?
 鱗剥がしをしながらステータス確認しようか。

『ゾア・エレ LV1 名前 なし 
 ステータス
 HP:195/195(緑)
 MP:1/291(青)
 SP:195/195(黄)
   :195/195(赤)+43
 平均攻撃能力:251
 平均防御能力:251
 平均魔法能力:245
 平均抵抗能力:280
 平均速度能力:1272
 スキル
 「HP自動回復LV6」「MP回復速度LV4」「MP消費緩和LV3」「SP回復速度LV3」「SP消費緩和LV3」「破壊強化LV2」「斬撃強化LV2」「毒強化LV4」「気闘法LV2」「気力付与LV2」「猛毒攻撃LV3」「腐蝕攻撃LV1」「毒合成LV8」「糸の才能LV3」「万能糸LV1」「操糸LV8」「投擲LV7」「立体機動LV5」「集中LV10」「思考加速LV3」「予見LV3」「並列思考LV5」「演算処理LV7」「命中LV8」「回避LV7」「鑑定LV9」「探知LV6」「隠密LV7」「無音LV1」「奈落」「外道魔法LV3」「影魔法LV3」「毒魔法LV3」「深淵魔法LV10」「傲慢」「過食LV8」「暗視LV10」「視覚領域拡張LV2」「破壊耐性LV2」「打撃耐性LV2」「斬撃耐性LV3」「火耐性LV2」「猛毒耐性LV2」「麻痺耐性LV4」「石化耐性LV3」「酸耐性LV4」「腐蝕耐性LV3」「気絶耐性LV3」「恐怖耐性LV7」「外道耐性LV3」「苦痛無効」「痛覚軽減LV7」「視覚強化LV9」「聴覚強化LV8」「嗅覚強化LV7」「味覚強化LV7」「触覚強化LV7」「生命LV9」「魔量LV8」「瞬発LV9」「持久LV9」「剛力LV4」「堅牢LV4」「護法LV4」「韋駄天LV3」「禁忌LV5」「n%I=W」
 スキルポイント:500
 称号
 「悪食」「血縁喰ライ」「暗殺者」「魔物殺し」「毒術師」「糸使い」「無慈悲」「魔物の殺戮者」「傲慢の支配者」』

 は?
 んん?
 待て待て。
 もう一度良く見るんだ。
 私の目が腐ったのかもしれないし。
 ステータスの数値をよく見直すんだ。

 は?
 はえっ!?
 え、えええええぇぇぇぇ!?

 ちょ、え、ええ?
 すんごい増えてる。
 すんごい増えてるんですけど!?

 これ、マジで?
 ホントにこんな増えてんの?
 おう。
 戦闘能力が高いって、マジだったのか…。

 ちょっと、これホントにいいの?
 こんな強くなっちゃっていいの?
 こんなに強くなっちゃうと私調子乗っちゃうよ?
 いいの?
 いいんだね?
 …ふ、ふふふ。
 我が世の春がキター!

 今までネックだったステータスの数値の貧弱さが、これで一気に解決したわ!
 鰻とかに比べりゃそりゃ低いけど、そこらへんの雑魚に小突かれた程度じゃ、死なないくらいの強さにはなった!
 今まで攻撃喰らうイコール死亡状態だったからね。
 けど、これで、これでようやく私も一端のステータスを持つに至ったわけだ!
 く、くくく。
 くへへへへへ。

 スキルのレベルもだいぶ上がってるね。
 いい感じいい感じ。
 って、禁忌上がっとる!?
 おおい!?
 レベル5!?
 てことは、カンストまであと半分!?
 これ、私の予想が正しければ、レベル10になると何かが起きるんじゃないかと思ってるんだけど。
 やばい。
 まあ、まだ半分だ。
 まだ大丈夫、なはず。

 あとは、見慣れないスキルが増えてる。
 腐蝕攻撃って、マジで?
 腐蝕って、あの腐蝕でしょ?
 鑑定したら予想よりヤバげだったあの腐蝕でしょ?
 それ使えるのかー。
 スゲーな私。

 もう一つの見慣れないスキルは、無音ねー。
 なんとなく効果の予想は出来るけど、一応鑑定しときますか。

『無音:音の発生を抑える』

 うん。
 予想通り。
 やったね!
 忍者度がアップしたよ!
 今度からアンブッシュは1回までになるのかしら?

 あと、とても気になってるスキルがある。
 蜘蛛糸と斬糸が消えて、万能糸なるスキルが新しく追加されてる。
 多分蜘蛛糸の進化系なんだろうけど、斬糸はどこいった?

『万能糸:カスタマイズ可能な糸を生成する。カスタマイズ項目:粘性、伸縮性、弾力性、質感、強度、サイズ、属性付与「斬」「打」「衝」他、耐性付与』

 蜘蛛糸からさらに属性付与なるものが増えた。
 どうやらこれ、斬がそのまま斬糸と同じ効果で、打が打撃属性、衝が衝撃属性を付与できるらしい。
 打は普通にひっぱたく感じ。
 衝の方はどうも一瞬だけ糸に衝撃波みたいなものを発生させられるっぽい。
 その状態で糸に触れてると、衝撃を食らってダメージを受けるようだ。
 これ、中層じゃなかったらめちゃくちゃ役に立つのに!
 くう、早く中層抜けて使いてー!

 ステータス確認してたら鱗剥がしが終わった。
 よし、それでは鰻の実食行ってみましょう。
 いただきます。

 …美味い。
 ナマズとはまた違った味わい。
 もう一度言う。
 美味い。

 今回の進化ではSPがなくならなかった。
 代わりに過食のストック分がごっそり減ってる。
 過食がいい仕事した証拠だね。
 これなら、進化のたびに食料溜め込まなくても、過食にストックしておけばよさそう。
 そういうわけで、モリモリ食べて、ストックをいっぱい増やそう。
 前の数値から逆算して、スキルレベルかける100くらいまではストックできそうだし、今なら800くらいまでストックできそうだし。

《熟練度が一定に達しました。スキル『過食LV8』が『過食LV9』になりました》

 言ってるそばからレベルアップきた。
 これでさらにストックできる量が増えた。
前回斬糸を万能糸に統合し忘れていたので修正しました
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ