挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
蜘蛛ですが、なにか? 作者:馬場翁
102/499

86 勝利の舞

《進化先の候補が複数あります。次の中からお選びください。
 ポイズンタラテクト
 ゾア・エレ》

 ああ、進化ねー。
 進化!?
 早くね!?
 猿の時も思ったけど、今回も早くね!?

 まあ、進化は後ででいいや。
 今はとにかく、この感動を味わっていたい。

 勝ったどー!!!

 ひゃっふーい!
 勝った、勝ったよ!
 あんだけ強かった鰻に勝っちゃったよ!
 すごくない!?
 私めっちゃ強くない!?
 うへ、うへへ。
 糸もほとんど使わないで、真正面から勝ったんだよ?
 もはや弱いとは言わせねーよ?
 私は強ーい!
 ひゃっほーい!
 鰻は強敵だった。
 確かに強敵だった。
 死闘だった。
 けど、勝ったのはこの私だ!
 アイムナンバーワン!
 うえっへへへへ。

 あー、やっべ。
 まだ興奮が収まんないわ。
 うへへ。
 だって竜だよ?
 今までのタツノオトシゴとかナマズみたいななんちゃって竜とは違う、れっきとした竜らしい竜だよ?
 それを、タイマンで、正々堂々、真正面から、倒したんだよ?
 この私が!
 あー、興奮がぶり返してくる。
 ひゃっはーい!


 *しばらくお待ちください。


 ぜー、はー。
 興奮しすぎて、息切れが。
 ふう。
 さて、はしゃぐのもここらへんにして、このあとどうするか考えようか。

 まずは、レベルが一気に上がったね。
 流石鰻。
 竜種は伊達じゃないってね。
 ステータスだけ見れば圧倒的に格上だったし、傲慢の効果もあるし、一気にレベルアップも納得ってもんだね。
 スキルもこの一戦で相当上がったし、経験値的には相当美味しかったね。

 とはいえ、正直勝てるかどうかは運任せなところはあったね。
 実際、一歩でも一手でも間違えれば、今頃私は消し炭になってた。
 鰻はそれだけ強敵だった。
 というか、純粋なステータスだけ見たら、私が勝てる要素なんかなさそうなくらいだもんね。
 猿の時といい、私ギリギリの戦いしすぎじゃない?

 スキルで一番うれしいのは、HP自動回復と火耐性が上がったことかな。
 今まで熱の地形ダメージと相殺になってた自動回復が、レベルアップで少しダメージを上回るようになったはず。
 今はレベルアップの影響で全回復してるから確認できないけどね。
 これで、多少のダメージなら、時間経過で回復してくれるようになった。
 ここまで極力ダメージは受けちゃいけないっていう、結構シビアな条件つけられてたけど、ここからは少し楽ができそう。
 まあ、それでも攻撃直撃したら一発昇天は変わらないだろうけどね。

 で、レベル10になったわけだ。
 10になったということは、進化ができるというわけだ。
 けど、どうなんだろ?
 ここで進化しちゃっていいもんかな?

 というのも、進化にはそれ相応の危険が伴うからだ。
 まず進化中、私は意識を完全に失う。
 その間は完全に無防備になるから、他の魔物とかに襲われたらひとたまりもない。
 前回、前々回は巣を張って、その中で進化したから安全は確保されてたけど、今回はそうもいかない。
 なんせ糸が使えないしね。
 こんなマグマだらけの場所で巣なんて作ったら、作ってる最中に炎上するわ。
 火事の中で進化しろと?
 ムリムリ。

 それだけじゃない。
 進化すると進化のためにエネルギーを使っちゃうから、MPとSPが空になる。
 MPはまだいいけど、SPが空になると、空腹で活動自体ができなくなりかねない。
 最悪そのまま餓死とかね。
 今までの進化ではたまたま大量の食料があったから、進化直後に大食いしてなんとかしたけど、今回はそんな備蓄ないし。
 まあ、鰻がいるけど、多分この鰻の巨体でも、私のSPは全回復しないと思う。
 餓死の心配はないけど、しばらくは獲物を求めて積極的に狩りをしていく必要が出てくると思う。

 あ、でも、過食のストック分はどうなるんだろう?
 今まで進化した時って、過食のストック分はない状態だったからなー。
 鰻との戦いでそこそこ減らされたけど、それでも結構な量が残ってる。
 このストック分を進化のエネルギーとして使えるなら、もしかしたら空っぽにならないかもしれないなー。
 うーん。
 けど、希望的観測で動くべきじゃないか。

 心情的には進化しておきたいところだけど、安全とかそこらへんを考えると、進化しないほうがいいのかなー?
 けど、前の時も思ったけど、レベルがこのまま上がるのか不安もあるんだよねー。
 スモール系はレベル10で打ち止めとか。
 それだと、まだまだ中層攻略は続くだろうし、その分の経験値が全部無駄になっちゃう。
 それは流石にないなー。
 そう考えると、やっぱり進化したほうがいい?

 うーん。
 とりあえず、進化先候補がまた複数あるっぽいし、鑑定でちょっと調べてみますか。
 というわけで鑑定様よろしくお願いします。

『進化可能:ポイズンタラテクトorゾア・エレ』

 ん?
 ポイズンタラテクトはいいとして、なにこのゾア・エレって?
 タラテクトですらないんだけど?

『ゾア・エレ:進化条件:一定以上のステータスを持つ小型蜘蛛型モンスター、「暗殺者」の称号:説明:不吉の象徴とも言われ恐れられる、小型の蜘蛛型の魔物。高い戦闘能力と隠密性を持つ』

 おお、鑑定様!
 進化条件なんてもんが追加されているじゃありませんか!
 流石は鑑定様!
 全てにおいて抜かりなし!

 ふむ。
 つまり、私のステータスが条件以上になったから進化可能になったと。
 ということは、前まではその条件を下回ってたんだろうね。
 ていうか、進化に称号って関係あったのか。
 もしかして、私がポイズンに進化できたのも、毒術師の称号を持ってたからなのかな?
 可能性はありそうやねー。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ