挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
盲目少女のVRMMO 作者:季蝶
7/8

閑話 2

総合ポイント1000を越えました。
皆さま方に感謝です。

直しました

設定て抜いているよね→設定、絶対手抜いているよね
 ん?ここは〈ドンレミ迷宮都市〉じゃない。何か和風な感じたな。
 ああ、思い出した。確か種族によってゲームのスタート地点が違うんだった。
 えーと、ここは〈大和帝国・帝都大江戸〉か。βの時から思うけど地名の設定、絶対手抜いているよねこのゲーム。
 それにしても結構遠いな。この辺りのモンスターって後々じゃないと倒せないんだよねぇ。
 広場の方に転移ポータルがあったな。このゲームは〈ドンレミ迷宮都市〉と自分が行ったことのある街じゃないと移動できないんだよね。
 では、そろそろ行きますか。

「待っててね、さとちゃん!」

――――――――――――――――――――――

 あたしは今とても絶望している。この〈ドンレミ迷宮都市〉に来てからもう2日は経っている。ゲームの中での1日は現実での2時間だから、現実では4時間しか経っていない。
 でも重要なのはそこじゃない。
 さとちゃんが....さとちゃんが....居ないんだよぉぉぉぉ!!!

「どこいったのよぉぉぉ!!」

 思わず叫んでしまった。そのせいで周りから「なんだ?」「何かのイベント?」「あれってβの〈殴殺姫(おうさつひめ)〉じゃないの?」と聞こえてくる。

「あ、やっぱり亜美姉だ」
「本当だ本当だ、亜美姉だ」

 声がした方向に目を向けるとそこに居たのは...

「何やってんの亜美姉?」
「急に叫び声がしたからビックリしたよ」

 さとちゃんの双子の妹、凪ちゃんと秋ちゃんだった。

――――――――――――――――――――――

「『調査』のスキルがLev7になる位必死に探したのに」
「さと姉が何処にも居ないって事かぁ」
「「そりゃ、叫ぶよねぇ」」

 さすが双子。息が揃っている。
 はぁ、さとちゃん一体全体どこに行ったんだろぉ。

「そう言えば凪ちゃんと秋ちゃんて、種族と職業はどうしたの?後プレーヤーネームも」
「私の名前はナナで」「あたしの名前はキキ」
「種族はレアの〈僵尸(きょし)族〉」「あたしもレアの〈朱雀(すざく)族〉」
「職業は格闘家と戦士」「あたしは盗賊(シーフ)と幻術師」
「「亜美姉は?」」
「あたしはアイリスで、種族は〈龍人族〉、職業は格闘家と魔術師ね。それにしても見事に3人ともβの時と変わってないわね」

 そう、実は凪ちゃんと秋ちゃんもβテスターなのだ。
 さとちゃんには黙っていたらしい。その理由はビックリした時の可愛い顔が見たいから。
 凪ちゃんと秋ちゃんは姉、さとちゃんが大好きなシスコン姉妹。だからたまに学校や、家での情報をリークしあっている仲なのだ。

「ねえねえ、亜美姉」
「これからまた、さと姉探すの」
「当たり前でしょ!早く..絶対に見つけて...」
「「見つけて?」」
「心配させた分、さとちゃんに抱き付いてやる!!」
「そうこなくっちゃ」
「絶対に見つけるぞー!」
「「「おーー!!」」」

 待っていてねさとちゃん、絶対に見つけ出してやるんだから。


双子の喋りは、凪→秋→凪→秋の順番で進みます。

凪と秋の種族の説明をします。

僵尸(きょし)族〉
・いわゆるキョンシー。死霊族のレア種族。
 STRとVITに特化しており、火属性の耐性が強い。

朱雀(すざく)族〉
・獣人族のレア種族。
 INTとAGIき特化しており、強い火属性攻撃が出せる。
 翼は背中に生えている。(鳥人(ハーピー)族も背中に翼が生えている。)

次回は予定を変更いたしまして、登場人物の紹介にします。
ご迷惑を御掛けして申し訳ございません。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ