挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
リビングデッド、リビング・リビング・リビング 作者:青葉台旭
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

53/53

風田のノート「現時点での情報と仮説」

 1、〈噛みつき現象〉
 ある日とつぜんN市(じゅう)(ひょっとしたら日本中、世界中)で、市民たちが見境なく他人に噛みつくようになった現象を、仮に〈噛みつき現象〉と呼ぶ。
 〈噛みつき現象〉は、人為的に生み出されたある種のウイルスに市民たちが感染することで発生した。
 以下、このウイルスを仮に〈噛みつきウイルス〉、このウイルスに感染した人間を『〈噛みつきウイルス〉感染者』あるいは単に『感染者』と呼ぶ。

 2、〈嚙みつきウイルス〉の起源
 〈嚙みつきウイルス〉はS市近郊の自衛隊S駐屯地敷地内にある先端兵装研究所の研究者たちによって、猫を宿主にしていたウイルスを元に作られた。

 3、〈嚙みつきウイルス〉が作られた目的
 人間の肉体を変化させ多量の出血でも死なないようにして、戦場での生存確率を高めるのが目的と思われる。
 しかし副作用があまりに多く、実用性は乏しい。

 4、〈嚙みつきウイルス〉の宿主
 〈嚙みつきウイルス〉の宿主は人間と猫である。他の動物には感染しない。

 5、〈嚙みつきウイルス〉に感染すると人間は、どうなるか。

 (1)脳・神経・筋肉に変化が起きて、血液からの酸素・栄養の供給が無くても活動できるようになる。結果、心臓・肺をはじめ全身のほとんどの臓器を破壊されても生命を維持できるようになる。しかし後述するように、副作用も大きい。

 (2)脳の変化……知性が失われ、コミュニケーション不可能となり、誰彼かまわず噛みつくようになる。

 (3)目の変化……焦点が定まっていないようにも思える。焦点調節機能が低下しているのかもしれない。しかし確証は無い。

 (4)耳の変化……音に敏感になっているようにも見えるが、確証は無い。

 (5)全身の神経の変化……神経信号の伝達速度が遅くなる。結果、脳に近い部位(顎や肩や腕など)の反応速度と、脳から遠い部位(足など)の反応速度に極端な差が生まれる。素早く相手を掴んだり、素早く噛みつくことは出来るのに、歩く速度はのろのろしているという奇妙な動きになる。

 (6)消化器系の変化……消化能力は無くなると思われる。すなわち、いっさい物を食べなくなる。

 (7)筋肉の変化……脳がウイルスに侵され無意識の抑制が外れるため、感染直後は筋力が上がったように見える。しかし感染から日数が経つにつれて徐々に筋力は落ちていく。

 6、筋肉の活動エネルギー
 血液からの栄養を絶たれた筋肉は、少しずつ「自分自身を食う」事によって活動エネルギーを得る。
 〈嚙みつきウイルス〉感染者の筋肉細胞は、隣の筋肉細胞を自らの中に取り込むことで活動エネルギーを得ているのかも知れない。
 そのため、〈嚙みつきウイルス〉感染者の筋肉は徐々に痩せ衰えていく。感染から何日後か、あるいは何か月後かには、歩くことも出来なくなるだろう。

 7、なぜ噛みつくのか
 先にも書いた通り、〈嚙みつきウイルス〉感染者の消化器系は機能していないと思われる。
 なぜなら、胃や腸が消化液を分泌するためにも、吸収した栄養を全身に運ぶためにも、血液が必要だからだ。
 では、なぜ感染者は他人に噛みつくのか?
 一つの可能性として、ウイルスの感染経路を確保するためという事が考えられる。
 仮に〈嚙みつきウイルス〉の感染力が弱く、傷口からの血液感染しかルートが無いとしたら、次の宿主に感染する一番手っ取り早い方法は、今の宿主に「噛みつかせる」事だ。

 8、〈嚙みつきウイルス〉感染者の、犬に対する反応
 〈嚙みつきウイルス〉感染者は、犬を無視する。感染者が犬に噛みつくことはない。
 かりに噛みつき行為の目的が「感染ルートの確保」だとしたら、もともと犬には感染できないわけだから、噛みつくのは無駄である。

 9、〈嚙みつきウイルス〉感染猫の、犬に対する反応
 〈嚙みつきウイルス〉に感染した猫は、犬に追いかけられると逃げていく。
 犬に感染できないのなら、宿主である猫を危険にさらす必要はない、という事だろう。

 10、犬の、〈嚙みつきウイルス〉感染者・感染猫に対する反応
 犬は、〈嚙みつきウイルス〉に感染した人間および猫を見ると、吠えながら追い立てる。
 しかし必要以上に近づくことも、牙や爪で攻撃することも無い。
 これは〈嚙みつきウイルス〉に対する嫌悪感あるいは恐怖によるものと思われる。
 犬としては、感染者・感染猫が、自分の生活圏から出て行ってくれれば、それで良いのである。

 11、〈嚙みつきウイルス〉感染者の生命停止条件(どうやったら死ぬのか)
 前述したとおり、〈嚙みつきウイルス〉感染者は、生命維持に血液を必要としない。
 心臓を破壊しようが肺を破壊しようが、どんなに多量の出血をしようが、死ぬことは無い。
 首から下のどこにダメージを受けても死なない。
 首を切れば、首から上は生き続けるだろうが、体(首から下)は動かなくなるだろう。
 脳を破壊されれば、確実に死ぬ。
 また外部からの栄養摂取が不可能なため、放っておいても、いずれ栄養失調で死亡すると思われる。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 61 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 53 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
異世界建国記

異世界に転生した主人公。 どうやら捨てられた子供に転生してしまったらしい。 目の前には自分と同じように捨てられた子供たち。 主人公は生きるために彼らを率いて農作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全276部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
絶滅世界 (ZOMBIE LIFE)

寄生性変形菌症。 町行く人々はその病により、ある日突然凶暴な生きる屍へと変わった。 そこから半年、ある町で青年桐山雄太は孤独に生き続けていた。 自分以外生者は誰//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全46部分)
  • 64 user
  • 最終掲載日:2017/02/05 18:51
青年と犬と、もう一人

 世界はある日を境に姿を変えた。正気を失った死体が、生者を襲い貪り尽くす世界に……。これは、そんな世界でたった一人、装甲化したキャンピングカーで一頭の犬と各地を//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全73部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 17:45
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全866部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 10:00
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 52 user
  • 最終掲載日:2018/01/01 00:48
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 58 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
少年Z

 両親の居ない一軒屋で血の繋がらない美少女三人と同居する何処にでもいる普通の高校生、田辺京也。  そんな彼の進路志望は引き篭もり。だって、世界にはゾンビが溢れて//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全123部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2016/09/13 05:32
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全279部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 17:00
町をつくる能力!?〜異世界につくろう日本都市〜

ある日の朝に起きた電車の脱線事故。 それは切っ掛けだった。 電車に乗っていた者達は白い空間へと誘われる。 そこに待ち受けていたのは、神を名乗る老人。 老人は言っ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全109部分)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 16:00
その人の名は狂気――influence panic――

未知のウイルスによる世界恐慌、インフルエンス・パニックにより、世界は一変した。 感染者がゾンビになり、町中を闊歩する映画さながらの世界で、主人公は早々に噛まれ、//

  • パニック〔SF〕
  • 連載(全68部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2017/08/10 16:56
モンスターがあふれる世界になったので、好きに生きたいと思います

会社からの帰り道、主人公は大きな犬を轢いてしまう。 その瞬間、彼の頭の中に声が響いた。 ≪モンスターを討伐しました。経験値を獲得しました≫ 「え?」 突如として//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 53 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 20:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 55 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1650部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 18:00
リアル世界にダンジョンが出来た(Web版)

書籍版と違いがある為、タイトルに(Web版)をつけました。 第4回ネット小説大賞で受賞。それに伴い書籍化決定! 2018/01/15 92,000PT達成! 2//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部分)
  • 54 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 12:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全138部分)
  • 61 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:16
終わった世界の復讐者 ―僕はゾンビを操ってクラスメイト達に復讐する―

いじめのせいで不登校になっていた少年、夜月 帳(よるづき とばり)は、自分が引きこもっている間にパンデミックが起こり、世界中がゾンビで溢れかえっていることを知る//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全78部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2018/02/07 23:14
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 54 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 18:34
没落予定なので、鍛治職人を目指す

前世でプレイしていたゲームのキャラに生まれ変わった主人公。そのキャラとは悪役令嬢とともに没落し、晩年を夫婦として一緒に暮らすクルリ・ヘランという男だった。 ゲー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全113部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 14:02
ただひたすら走って逃げ回るお話

人間を凶暴化させるウイルスが全世界に蔓延して三ヶ月、地上の覇者は人間から感染者へと移り変わった。警察、自衛隊は壊滅し政府機関は機能停止。文明は崩壊しわずかな生存//

  • ホラー〔文芸〕
  • 連載(全150部分)
  • 73 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 01:19
西東京ゾンビパラダイス――僕と彼女たちの戦争――

 西東京の片田舎にある僕たちの小さな町。四方を山と川に囲まれたこの町は、今や『奴ら』が跋扈する陸の孤島と化した。  災害避難拠点機能を備えた学校に立て篭もる、//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全47部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2017/10/26 07:03
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!10/25、オーバーラップ文庫様より最終巻となる⑤巻が発売されます!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
アクティブ・パンデミック

「蟻が毒を運んできた」  そう称されるのは一つの疫病の流行であった。蟻や感染者に触れると感染するという避け難い感染経路と方法に、人類に対応する間も無く、その9割//

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全63部分)
  • 49 user
  • 最終掲載日:2015/06/13 20:10
不死の配送人

寝て起きたら世界が終わっていた、というお話。  ※後日談が追加される場合があります。

  • パニック〔SF〕
  • 完結済(全60部分)
  • 52 user
  • 最終掲載日:2017/08/13 14:09
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
↑ページトップへ