挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
リビングデッド、リビング・リビング・リビング 作者:青葉台旭
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

23/53

夜。(その1)

 背もたれを倒せない後部座席、しかも三人がけの真ん中というのは、決して眠りやすい環境とは言えない。
 突然、見知らぬ男子大学生が一晩ハイブリッド・カーで寝泊まりする事になって、隼人は助手席を追い出され後部座席に移ることになった。
 沖船(おきふね)由沙美(ゆさみ)は長々と文句を()れたが、隼人は大学生に感謝したい位だった。
 右隣は女子高生のお姉さん。左隣は学校は違うものの同じ学年の女の子。(しかも、なかなかの美少女)
 寝たふりをして、さりげなく右側に顔を向ける。
 女子高生のお姉さんの香りがフワッと立ち昇って、思春期突入直前の隼人少年の鼻を刺激した。
 お姉さんの香りに飽きたら、今度は寝返りを打つふりをして、同い年の妹の方に顔を向ける。
 こっちはこっちで、お姉さんとはまた違った良い香りだった。
 うっすらと目を開けると、薄暗い月明かりに照らされた美少女の寝顔が目の前にあった。いつまでも間近で(なが)めて居たくなるような可愛い寝顔だった。
「ううん……」
 寝息か寝言か分からない声を上げて、妹の方が隼人の体に()()()掛かってきた。一瞬迷ったが、良い機会だから隼人も姉の方へ()()()掛かる事にした。何か言われたら「妹さんがこっちに()()()掛かって来たものだから、自然と僕も……」と誤魔化(ごまか)せば良いと姑息に考えた。
 女子高生の姉と小学六年生の妹、姉妹両方の体温と体の柔らかみを両腕に感じて、両方のブレンドされた香りを吸い込んで、天国のような気分だった。
(女の子の体の温かみと柔らかさを感じながら、女の子の香りをかいで、女の子の寝顔を(なが)めて寝るのって、なんて楽しいんだろう)
 そんな風に思いながら、美少女の寝顔をじっと見ていたら、だんだん目蓋(まぶた)が重くなって、いつのまにか本当の眠りについていた。

 * * *

 尿意をもよおして、目が覚めた。
 沖船姉妹の妹、沖船奈津美(なつみ)は、もう隼人の肩に()()()掛かっては居なかった。向こう側のドアに体重を預けている。
 反対側を見ると、姉の由沙美の姿が無かった。
 叔父の肩を叩く。運転席の風田(かぜた)孝一(こういち)が薄目を開けて隼人を見た。
「トイレに行ってくる」
「ああ。気をつけてな」
 言いながら、叔父がロックを解除する。
「あの、沖船さんのお姉さんは?」
 小さな声で風太に(たず)ねた。
「さっき、車外に出て行った。自己中ギャルめ、あれほど言ったのに、俺に何にも言わないで勝手に出て行きやがった。猫に噛まれて死ねよ。馬鹿女」
 叔父がボソリと汚い言葉を吐いた。それを無視して「じゃあ、行ってくる」と言ってクルマの外に出た。運転席の風田がドアをロックする音が聞こえた。
 公衆トイレに向かう。
 キャンプ場の方を見ると、あずま屋に髭面(ひげづら)の男が座っていた。隼人たちが来る前からキャンプ場に居た、アメリカン・バイクのライダーだ。
 あずま屋に座って一人(ひとり)でタバコを吸っていた。
 何だか様子(ようす)が変だった。目つきが(うつ)ろで上体がゆらゆら揺れている。
(た、大変だ! 噛まれたんだ!)
 風田たちに知らせようと、(あわ)ててクルマの方へ引き返そうとする隼人の肩を誰かがグッと(つか)んだ。
 振り返ると沖船姉妹の姉、由沙美だった。
「勘違いしないで」
 由沙美が言った。
「あの人は『噛まれた』訳じゃないよ」
「で、でも……」
 由沙美は(おく)する様子もなく、あずま屋の方へどんどん歩いて行く。髭面の男と二言三言話して、男の隣に座ってしまった。
 たしかに「噛みつかれた」わけでは無さそうだ。
(単に酔っ払っていただけ……だったのかな?)
 首を(かし)げながらも、隼人は尿意を我慢できなくなり、小走りに男子便所に向かった。
用を足して便所から出てくると、あずま屋では由沙美と髭面のライダーが、まだ楽しそうに会話をしていた。
 由沙美は知らない男と一本のタバコを回し()みしていた。
(未成年なのにタバコ吸ってる)
 男が由沙美の耳元で何かを(ささや)き、二人は立ち上がって男のテントの方へ歩いて行った。男は由沙美の腰に手を回し、由沙美は男に体を預けるようにして二人並んで歩いて行く。
 あずま屋を出るとき、タバコが男の口からコンクリートの(ゆか)(こぼ)れ落ちた。男は火の点いたタバコを踏み消そうともせず、そのまま由沙美とテントの方へ行ってしまった。
(危ないなぁ)
 テントの中に入る二人を見ながら、隼人は思った。
(山火事にでもなったら、どうするんだ。それに由沙美さん、勝手に男のテントに入ったりして……ひとこと叔父さんに言わないと心配するだろう!)

 * * *

 尿意で目が覚めた。
 大剛原はSUVの運転席から抜け出し、外側から鍵をかけ、便所へ向かった。
 途中、少年に会った。
(風田の甥とか言っていたな。確か名前は……速芝(はやしば)隼人(はやと)……だったか)
 キャンプ場に一張だけのテントを(にら)んでいる。
 声を掛けた。
「こんな真夜中に、こんな所で、一体何をやっているんだ?」
「ああ、お(まわ)りさん」
 少年……隼人が振り返る。
沖船(おきふね)のお姉さんが、あの髭男(ひげおとこ)のテントに入っちゃったんです」
「沖船? ああ、あの女子高生か」
 県立高校の制服を着た少女の顔を思い浮かべる。
 反抗的な……それでいて救いをもとめているような、切羽詰(せっぱつ)まった眼差(まなざ)し。
「まさか、無理やり連れ込まれたのか?」
「え? あ、いいえ。そうじゃありません。タバコを回し()みなんかして、仲良さそうにしてました」
「タバコ? 女子高生がタバコを吸っていたのか?」
 隼人が「しまった、言い過ぎた」という顔をした。
 大剛原はニヤリと笑った。
「いいさ。タバコの件は聞かなかった事にしておくよ。君が喋ったという事がバレると(まず)いんだろ?」
「す、すいません」
「それにしても、その(ひげ)のライダーとやら……未成年をテントに連れ込むとは、合意の上だったとしても見過ごせんな」
 あずま屋のコンクリート(ゆか)の上に小さな赤い光が見えた。
「なんだ、吸い殻の火を消してないのか」
「そうなんです。危ないですよ。全く……」
「ちょっと消しておいてくれるか。小便が……限界だ」
 そう言って、急いで男子便所に駆け込んだ。
 便所から出てくると、隼人少年が周囲を見回している。何か探し物でもしているのか。
「どうしたんだい?」
 大剛原が(たず)ねる。
「タバコの吸い殻を入れるゴミ箱が無いかなぁ、と思って……」
 なるほど少年は、何か汚い物でも(つま)まむようにして右手にタバコの吸い殻を持っていた。タバコの火は消えていた。
(何だ?)
 吸い殻の形が気になった。
「隼人くん、その吸い殻をちょっと見せてくれないか」
 少年から受け取って、便所の光にかざして注意深く見た。巻き方が雑だ。明らかに手巻きだった。
 (にお)いをかいでみる。
(やはり、な)
 大剛原は少年に「あとは自分に任せてクルマに戻れ」と指示して、右手に拳銃、左手に懐中電灯を持って、ゆっくりとテントに向かった。
 テントの中には人間の気配があった。何やらごそごそやっている。
 入口のファスナーを開け、懐中電灯の光を当て、大声で叫んだ。
「警察だ! 動くな!」
 全裸の男がこちらに尻を向けて少女の上に覆いかぶさっていた。
 大剛原の声に男が振り返り、懐中電灯の光を受けて(まぶ)しそうに目を細める。
「この拳銃が見えるな? 今すぐ表へ出ろ!」
 もたもたしている鬚の男の(ひじ)を持ち、全裸のまま強引にテントの外へ放り出した。
 男の体の下から少女が現れる。身に付けているのはブラジャーとパンティーだけだ。ホックが外れて()()落ちそうになるブラジャーを両手で押さえている。
 制服の上着とスカートがくしゃくしゃになってテントの隅に投げられていた。
 テントの中には怪しい煙が充満している。
 少女の腕を取り、ブラジャーとパンティー姿のまま、先ほどの男と同じように強引にテントの外へ放り出した。
 土足のままテントの中に入り、懐中電灯を口に(くわ)え銃を一旦(いったん)ホルスターに戻し、少女の制服をまとめて両手に持って、テントの外に出た。
 制服を少女の胸に押し付けて「さっさと服を着るんだ!」と怒鳴りつけ、再び拳銃を持って全裸の男が座り込んでる場所へ行く。
 黙って男に銃口を突きつけ、懐中電灯の光を浴びせた。
「ご、合意の上だ!」
 男が叫んだ。股間のモノが恐怖で縮こまっていくのが見えた。
「きょ、強要しちゃいねぇ。ち、力ずくじゃねぇ。合意したんだ」
「本当か?」
「ほ、本当だ、だ」
 ろれつが怪しくなっていた。
「クスリを使って判断力を奪っただろう」
「ち、違う。あ、あいつから()り寄って来たんだ。あずま屋で一服していたら『クスリを分けてくれたら、一発()()()も良い』って……」
「持っているクスリを全て出せ」
 大剛原は男の額に銃口を付けた。
「今すぐ、だ」
「わ、わかった、わかったよ」
 髭面(ひげづら)の男がテントの中に入り、くしゃくしゃになったレジ袋を持って出てきた。
「開けて見せろ」
 中には枯れた雑草のようなものが入った小袋が(いく)つも入っていた。
「鍋を持っているな?」
「え?」
「キャンプをしているなら携帯用の鍋を持っているだろう」
「ああ……」
「持って来い」
 再びテントの中へ。鍋を持って出て来る。
「袋を破いて中身を鍋の中に出せ。小袋一つ残らず。全部だ」
 男は言われた通りビニールの小袋を一つ一つ破いて中の枯れ草を鍋の中に入れた。ノロノロとした動作だった。
「オイル・ライターは持っているか?」
「……ああ」
「なら、燃料のオイルも持っているな。ライターと一緒に持って来い」
 男に拒否権は無かった。
「オイルを鍋のクスリにかけろ」
「勘弁してくれ」
「早く」
 拳銃の銃口を揺らす。
 男は震える手で鍋の中身に燃料をかけた。
「火をつけろ」
「い、いやだ……」
 ()()()()に銃口を付ける。男の顔に脂汗が噴き出た。ライターに火をつけて、鍋のふちに持って行った。
 ボッと音がして、枯草が一気に燃え上がった。
 男が呆然とした様子で炎を見つめる。彼にとっては()()()()だったのだろう。その全てが灰になろうとしている。
 大剛原は煙を浴びないよう風上を歩いて駐車場へ向かった。
 風田が立っていた。
「なんだ、遠くから見物していたのか……」
「ええ。大体、見せてもらいました」
「あの女子高生……由沙美とかいう少女は?」
「女子トイレに駆け込んだきり出てきません。今、妹が説得しています」
「……そうか。これから、ずっと、あの姉妹の面倒を見るつもりなのか?」
「まあ、しばらくは……成り行き次第ですけど」
「彼女、ひょっとしたら常習者かも知れん。()()()()に悩まされるぞ」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ