挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
リビングデッド、リビング・リビング・リビング 作者:青葉台旭
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/53

発生。(その18)

 棘乃森(とげのもり)(れい)は県道(わき)の木に寄りかかり、呆然と暗い道の向こう側を見つめていた。
 その横で禄坊(ろくぼう)太史(ふとし)が頭を抱えている。
「これからどうしよう……あの刑事、こんな人里離れた道の真ん中に僕たちを置いてけぼりにして……だいたい、あいつ本当に刑事なのか? 妙にでっかい銃持ってたけど」
「たぶん人里離れているからこそ、ここに私たちを置いて行ったんだと思う」
 志津倉(しづくら)美遥(みはる)が言った。
 三十メートルほど先の看板を見つめている。
「『なるべく人間には近づくな』みたいな事、別れ際に言ってたでしょう?」
 クルマのヘッドライトが近づき、通り過ぎて行った。
 交通量が少ない。滅多にクルマが通らない。いくら田舎の県道とはいえ、少なすぎないか。
 美遥は言葉を続けた。
「何て呼んだら良いか……とりあえず〈噛みつき魔〉って呼ぶけど……その〈噛みつき魔〉の歩き方や目つきからして、とても自動車を運転できるようには見えなかった」
「だから街から離れた県道に僕たちを置いて行ったの? クルマに乗ってる人間は間違いなく〈健康体〉だから?」
 太史が聞き返し、美遥が(うなづ)いた。
「そうだと思う……でも」
 健康な人間こそが一番恐ろしい存在になる可能性も充分にある……あの刑事は、そんな風にも言っていた。
 その時、爆音とともに街の方からクルマが近づいて来た。物凄い速さでスポーツカーが目の前を通り過ぎて行く。
 風圧で巻き上げられた(ほこり)が美遥たちの顔にかかった。
 去って行くスポーツカーのテールランプに、禄坊太史が悪態を()いた。
「うわっ、危ないなぁ! あんなにスピード出して、事故にでもなったらどうするんだ! いくら警察が取り締まらないからって……」
 そうだ。もう警察は取り締まってくれない。
 美遥は警察署の中から聞こえてきた銃声を思い出した。
〈噛みつき魔〉たちを()き殺してまで逃げた事や、刑事の必死の形相(ぎょうそう)を考えれば、署の中がどうなっていたかは容易に想像できた。
 この街にはもう、まともな警察官は(ほとんど)ど居ない。
 治安と秩序の()()を失った市民……略奪……暴行……凌辱(りょうじょく)……殺戮(さつりく)
 日没後の薄暗い路傍(ろぼう)で寒気を感じ、美遥はワンピースの胸元に手を当てた。
 もう一度、三十メートル先の看板を見た。県道から枝分かれして丘の方に登って行く細い道がある。その分岐点に「N市市営〈丘の上キャンプ場〉、ここから三キロメートル」と書かれた看板が立っていた。
「いつまでも県道(わき)に立っている訳にもいかないし、キャンプ場へ行ってみない?」
 太史と玲が同時に美遥の顔を見た。
「キャ、キャンプ場かぁ……良いかも知れないな。トイレも水場もあるだろうし……」
 太史が賛成しかけ、色あせた看板を見て言いなおした。
「でも、まだ本格的なキャンプ・シーズンって訳でもないし、そんなに有名でも立派でもなさそうなキャンプ場だし、っていうか、むしろ看板から想像するに手入れもされていない荒れたキャンプ場の可能性もあるし……誰も居ないんじゃないかなぁ。キャンプ用品も無しに僕たち三人だけでキャンプ場に行っても……」
「誰も居なさそうだから、良いんだと思う。とりあえず今日一晩、雨露をしのぐ場所があれば良い。明日(あした)のことは明日考えましょう」
「うん。分かった。棘乃森さんも賛成でしょ?」
 太史が玲を振り返った。
 玲は黙っていた。美遥とも太史とも目を合わせず、困ったような怒ったような顔をして、相変わらず木に寄りかかって暗い県道の向こう側を見つめている。
「玲」
「棘乃森さん」
 美遥と太史が同時に呼びかけた。
「まさか別行動をしようって言うんじゃあ……」
 太史が言葉を続けた。
「それとも他に良いアイディアでもあるのかい?」
「……」
 数秒の間を置いて、ようやく玲が口を開いた。
「誰も一緒に行かないなんて言ってないでしょう。行きますよ。もちろん」
 逆に太史を置いてすたすたと看板の方へ歩いた。
 慌てて美遥と太史が追いかける。
 三人は県道を離れて〈丘の上キャンプ場〉へと続く車道に入った。

 * * *

「人間の歩行速度は時速四キロっていうけど」
 キャンプ場へ向かう森の中の登り坂を歩きながら太史が言った。
「こんなに急な登り坂じゃ、三キロの道のりも一時間以上かかちゃうだろうな」
 息が上がっている。
 美遥には、それほど急な坂道とは思えなかった。
「ああ、私、もう駄目。ちょっと休ませて」
 玲が言って、その場所に立ち止まってしまった。つられて太史の足も止まる。
 枝道に入ってからまだ二十分しか()っていない。
 仕方なく美遥も休むことにした。
 周囲を見回す。暗い夜の森の中。一車線の道路。
「さすが、元陸上部ってところね」
 玲が木の幹に体を預けながら、美遥を見て言った。
「美遥……私、あなたのこと誤解してたわ。口下手(くちべた)で引っ込み思案(じあん)人見知(ひとみし)りのお嬢さまだと思っていたけど、行動力もあるし、言うときゃ言うのね……飛んだ猫っかぶりの()()()()だった、て訳だ」
「玲……そんな……」
「そうだよ。棘乃森さん。そんな言い方する(もん)じゃないよ。志津倉さん落ち着いて。今日は色々あったんで、棘乃森さん、ちょっと神経質になっているんだよ。シンジも死んじゃったっていうし」
 最後の言葉を聞いて、玲の肩がビクッと震えた。
 マグナム弾を撃ち込まれ、弁当棚に脳漿をぶちまけた男の(うつ)ろな目を思い出す。
「禄坊くんっ」
 美遥が、非難めいた目を太史に向けた。
「あ……ご、ごめんなさい……つい」
「別に良いよ」
 玲が強がって答えた。
「本当は、そんなに好きだった訳でもないし」
 その時、カーブを曲がって来るクルマの光が見えた。小型SUVが美遥たちの前を通り過ぎ、キャンプ場の方へ去って行った。
「僕たちの他にもキャンプ場へ行こうって思った人が居たんだな」
 太史の言葉に美遥は警戒心を募らせる。
(案外、私たちと同じことを考える人は多いのかもしれない。一カ所に人間が集まれば互いに協力できる可能性もあるけど……危険も増える)
 テールランプが見えなくなったところで太史が二人の女に言った。
「さあ、僕たちも行こう」
 美遥が(うなづ)いて太史の横を歩く。そのさらに横を玲が歩いた。
 さっきの小型SUV以外だれも登ってこない山道を、三人は横並びで歩いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ