挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
リビングデッド、リビング・リビング・リビング 作者:青葉台旭
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

13/53

発生。(その12)

 ユウ少年の〈解剖〉に飽きたのか、毒虫(どくむし)ゲンタが解剖メス代わりのナイフを持って血だまりの中から立ち上がった。
 足元には切り裂かれた少年の手・足・胴体と内臓が散乱していた。
「あー、さすがに疲れたわ」
 ゲンタが低い声で(うな)った。
「どうすんだよ? そんなに散らかして……ちゃんと片付けろよ」
 壁に寄りかかった兄の毒虫(どくむし)ライタが、弟を(にら)みつけて言った。
「わかってるよ」
 足元の肉片を見ながら弟が答えた。
「かったりいなぁ。地面に人間一人分の穴を掘るのって、意外と骨が折れるんだよな。とりあえず、腹へった。コンビニ行って何か買ってくるわ」
「クルマは貸さないからな。それから死体を散らかしたままシャッターを開けるなよ。外から見られたらマズい」
「それくらい分かってるよ。ゆっくり歩いて行くさ。なんか要る(もん)があったら買ってきてやるよ」
「ビール」
 ゲンタは兄の言葉に(うなづ)いて、人間用の出入り口へ向かう。
「まさか、その格好で外へ出るんじゃないだろうな? 自分の服を見ろ」
 血だまりの中に座って「解剖」に没頭していたせいで、手も足もドス黒い血でぐっしょり濡れていた。
「ああ……忘れてた」
 血まみれの弟は廃工場の奥に戻って、鉄階段を昇った。
 小さな町工場だったこの建物は、基本的には、天井まで吹き抜けの体育館のような構造だが、奥の一部分だけが二階建てになっていた。
 建物内に張り出したバルコニーの(よう)に見える二階部分へは、工場内に設置された鉄階段で上がることが出来る。
 かつてこの工場が稼働していた時には、その小さな二階スペースに事務所、小さな流しとガスコンロ付きの休憩室、更衣室、トイレがあった。
 三年前この廃工場を借りた時、電気、ガス、水道を開通させ、ついでに二階の隅に簡易シャワー室も設置した。
 以来三年間、ゲンタはこの建物で寝泊まりしている。
 弟がシャワーを浴びに二階へ上がり、ガランとした空間には兄のライタと、肉片になってしまった少年の死体だけが残された。
「ゲンタの奴め……よく、こんな状況で食欲が湧くもんだ」
 暇つぶしにゲームでもやろうと、ポケットから携帯電話を出す。
「圏外」だった。
「チッ、まだ(つな)がらないのかよ! 何やってんだか知らねぇが、早く復旧させろよ」
 ライタは誰も居ない工場の空間に向かって文句を()れた。
 壁に頭をつけ、目を閉じる。
(気に入らねぇぜ……)
 地下室で弟が()()()()作りに没頭していたときも「圏外」のサインが出てゲームが出来なかった。
 あれから、ずいぶん時間が()っている。
 地方都市とは言えそこそこ人口の密集しているこの場所で、大手携帯電話会社ともあろうものが、こんなに長いあいだ回線障害を放置するだろうか?
 この工場を借りたとき全ての窓に板を打ち付けさせ、(ふさ)いでしまった。
 古びたシャッターとドアを頑丈な物に()え、建物内で何をしても絶対にバレないようにした。
 逆に言えば、この廃工場に閉じこもっている限り、外の様子が全く分からないという事だ。
「そうだ、ツーベンのラジオ……」
 思いついて、廃工場内に乗り入れた中古ドイツ車の所まで歩く。運転席に乗り込み、エンジンは掛けずに主電源だけを入れてカーナビを起動させた。
 ナビは正常に動いた。しかし、ラジオとテレビの受信は出来なかった。
 全ての周波数帯、全てのチャンネルを試す。
 駄目だった。映像も音声も全く入って来ない。
(ますます気に入らねぇ……)
 鉄階段からカン、カン、カン、という足音がした。振り返ると、体の血を洗い流して着替えた弟が降りて来るところだった。
 嫌な予感を(いだ)き始めている兄とは対照的に、弟は()()()な様子で口笛を吹きながら人間用の出入り口へ向かった。
「おい、出る時は必ず外を確認しろよ」
「大丈夫だって。こんな廃工場、誰が注目するんだよ? 警察の麻薬捜査課? ありえないね」
 スチール・ドアの(のぞ)き穴も確認しないまま、ゲンタが鍵を開けた。
 いきなり、ドアが内側に勢いよく開いた。
 不意を突かれ、ゲンタがドアに(はじ)かれるようにして、よろめく。
 転げ込むようにして入って来たのは、スーツ姿のサラリーマンだった。
「助けてくれ! か、噛みつき魔だ! 噛みつき魔たちが集団で……」
 叫びながら、あっけに取られている弟の胸倉をつかんだ。
「早く! 早く、扉の鍵を閉めるんだ!」
 あっけに取られたのは兄のライタも同じだ。
(こいつ、誰だ?)
 サラリーマンとライタの目が合った。ゲンタでは(らち)が明かないと思ったのか、奥に居るライタの所へ走って来る。
「早く! 早く鍵を閉めないと、やつらが追いかけて来る!」
「やつら?」
 サラリーマンの足がピタリと止まった。
 ……見てしまった……()()()()()()()()()()()()()()()()()
「チッ」
 兄が舌打ちをした。
 サラリーマンは一瞬「狼の群れから逃げようと飛び込んだら、虎の巣穴だった」とでも言いたそうな顔をして後ずざり、振り返って出口へ走った。
 我に返ったゲンタがスチール・ドアを閉め、鍵を掛けた。
 逃げ道を(ふさ)ぐようにしてドアの前に立つ。
 さっきは不意を突かれて弾かれるような格好になったが、まともにやりあえば巨漢のゲンタと中肉中背のサラリーマンでは勝負にならない。
 もちろん、逃がすつもりは無かった。
「……しょうがねぇなぁ……」
 つぶやきながら、兄のライタは壁に立てかけてあった〈サンダーボルト・シャーク・デス・セーバー〉を手に取り、ゆっくりとサラリーマンに近づいた。
「死体を埋める穴が二つになっちまうじゃねぇか」
 セーバーのダイアルを「切」から「拷問(強)」に切り替える。
 ブーンという低い(うな)り音。剣身に走る青白い光。バチッ、バチッ、という放電音。
 はさみ撃ちにされ身動きの取れないサラリーマンの腹を、二股に分かれたセーバーの切っ先で軽く突いた。
「ぎゃあああ!」
 廃工場に男の叫び声が響いた。
 サラリーマンはその場に()()折れ、(ゆか)の上でビクビクと痙攣(けいれん)した。意識があるのか無いのか、白目を()いて口から泡を吹いている。
「男のくせに凄げぇ悲鳴だったな……それにしても兄貴、何で一発で殺さなかったんだ? ご近所さまに迷惑だろうが……」
 誰かに悲鳴を聞かれたらどうする? と、遠回しに言っているのだ。
「こいつの言った事が気になったんでな……『噛みつき魔が追ってくる』とか、何とか……殺すのは話を聞いてからだ」
 弟が、こめかみの辺りで指をくるくる回した。
「頭のおかしな奴なんだよ。こんな奴さっさと殺しちまった方が世のためだ」
「そうとも言い切れねぇ。さっきから、携帯電話が(つな)がらねぇ。カーラジオもテレビも駄目だ。……外の様子が気になる……さっきのロープ、持ってきてくれ」
 弟はブツブツ文句を言いながらも奥からロープを取って来て、痙攣の収まったサラリーマンの両手を背中で縛った。
 ドンッ、ドンッ……何者かがスチール・ドアを叩く音がした……(すぐ)にシャッターを叩く耳障りな音が加わる。
 兄弟の間に緊張が走った。兄のライタが出口まで走って覗き穴を見る。
「こいつぁ……」
 驚きで、ライタの目が大きく開いた。
「おいゲンタ、覗き穴を見てみろよ」
 弟を振り返り、ドアに向かって(あご)をしゃくった。兄と交代してゲンタが穴を覗いた。
 ドアの外に、二十人以上の人間が立っていた。
 警察か? 
 いや、違う……男、女、年寄り、子供たちだ。
 皆、(うつ)ろな目をしている。
 口の周りを真っ赤に染めて、酔っ払いか夢遊病者のようにフラフラしながらスチール・ドアとシャッターを叩いていた。
「何だよ……こいつら……おかしいよ」
 弟のゲンタがつぶやく。
 兄が冷静になって言った。
「そいつらが、このリーマンの言ってた〈噛みつき魔〉って事だろ? ……おい、起きろ」
 サラリーマンの横にしゃがんで頬をペチッペチッと軽く叩き、目覚めたところで髪をつかんで上体を起こさせ、顔を近づけドスの利いた声で(たず)ねた。
「外にいる連中、ありゃ一体、何者(なにもん)だ?」
 サラリーマンの話は荒唐無稽だった。外の様子を見ていなければ、とても信じる事など出来なかった。
 ……誰かれ構わず他人に噛みつき始めた人々……噛まれた人間が立ち上がって、今度は別の誰かを襲う……その連鎖。
「兄貴、どうする?」
 困惑した顔でゲンタが聞いてきた。
「どうするって……」
 俺に聞かれても困るという顔を作るが、(すぐ)に思いついた。
「おいゲンタ。良い考えがある。()()()()()()()()()。お前の好きな()()を、よ」
「実験?」
 弟は不審顔になったが、兄がチラリとサラリーマンに視線をやるのを見て、理解した。
「ああ、なるほど、そりゃあ良い」
 ゲンタが立ち上がって入り口まで行き、スチール・ドアに体を付けてドアノブに手を添えた。
 ライタは右手に持った〈サンダーボルト・シャーク・デス・セーバー〉のダイアルを「即死」に入れた。
 左手でサラリーマンの髪の毛をつかんで強引に立ち上がらせ、出口まで引き摺って行った。
「くれぐれも刃をスチール・ドアに()れさせるなよ。回路がショートしちまうからな」
 弟が言った。
「行くぜ……いち、に、さん!」
 鍵を開け、人間一人がやっと通れるくらいの幅でドアを開けた。
〈噛みつき魔〉どもが一斉に入ろうとドアに押し寄せる。
「あ、兄貴、早く! も、持たねぇ」
 巨漢の弟がドアを押さえながら苦しそうに言った。
 ライタはドアの隙間から剣を突き出し、一番手前の〈噛みつき魔〉の腹に突き刺した。
「ぶりゅるるるるる」
 意味不明の声と、悪臭を放つドス黒いゲロを吐きながら〈噛みつき魔〉が体を痙攣させた。
 そのまま後ろへ倒れる。
 ドアを押す圧力が減った。
 ライタがドアの隙間から外の〈噛みつき魔〉どもを次々に刺していく。
 一瞬、圧力が無くなり、ドアと〈噛みつき魔〉のあいだに隙間(すきま)ができた。すかさず引き金(トリガー)から指を離してスイッチを切り、剣を建物の中に引っ込める。
 入れ替わりに、左手で首を絞めていたサラリーマンをドアの外に突き出し、尻を蹴った。サラリーマンが、ドアの外に倒れている「噛みつき魔」たちの上に重なるようにして倒れ込んだ。
 弟がドアを閉め、鍵を掛けた。
「外の奴ら……ありゃ、確実に何処(どこ)()だぜ」
 息を吐きながら、ライタが言った。
 ゲンタがドアの覗き穴に目を当てる。
「兄貴……す、凄げぇよ……」
 ライタが弟と交代して、覗き穴を覗いた。
「こ、こりゃぁ……」
 ドアの向こうで〈噛みつき魔〉がサラリーマンに襲いかかっていた。顔、肩、わき腹、足……六、七人が群がって、全身に噛みついている。
 一分……二分……噛みつかれていたサラリーマンに異変が現れた。
 まず〈噛みつき魔〉たちが一斉にサラリーマンから離れた。
「もう興味は無い」とでも言うように。
 続いて、サラリーマンが全身から血を流しながら立ちあがった。
 後ろ手に縛ったはずのロープが(ほど)けていた。良く見ると、左の手首から先が噛みちぎられて半分になっていた。
 目が虚ろだった。
 フラフラしながら出入り口の前に立ち、他の〈噛みつき魔〉と一緒にドアをドンッ、ドンッ、と叩き始める。
「つ、つまり、やつの言ったことは全部本当だったって訳だ」
 振り返って、弟の顔を見た。
「兄貴、俺たち……」
「ああ。()()()()()()()()()()
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ