挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

今日で○○辞める!

今日で魔王辞める!

 重苦しい空気だった。
「い、今何と?」
 その部屋には二人の男がいた。一人は今声を出した禿頭で薄い目の老人。背中にはこうもりの羽に似たものが大小五つ生えていた。
 もう一人はとても豪勢な椅子に座っている男。黒々とした髪は艶やかに波打ち、その髪の間からは三日月形の立派な角が二本、伸びていた。顔立ちは彫が深く、髪と同じ黒い瞳とあいまって見る者全てを惹き込む。そして何と言ってもその存在感は、他者を圧倒する。
 男はわずかに眉を動かした。そんなわずかな動きでさえ、魅惑的であった。
「そんな! お考え直しください! 魔王様」
 老人は一人声を荒げた。男――魔王は首を横に振って立ち上がる。魔王の前には赤黒く光る落書きのようなものが浮かんでいた。それは上級魔族だけが使う文字である。
 その文字が変化していくたびに、老人の顔が蒼白になっていく。

「お願いです魔王様。どうか今まで同様我々をお導きくだされ」
 どこかへと歩き出そうとしている魔王に老人はすがる。魔王がいなくなれば、この魔界はどうなるのか。想像しただけで身が震えた。

 しかし魔王は無言で足を進める。老人の抵抗など関係ないといわんばかりだ。老人も分かっていた。魔王にしてみればその程度の抵抗など無意味であると。それでも老人は魔王を引きとめようと必死だった。
「どうしてなのですか。どうして、突然」

「アベスタ」
 扉の前まで来た時、魔王が初めて口を開いた。
 声は低く、太く、性別種族関係なく聞きほれてしまいそうな声だった。が、老人――アベスタはビクリと魔王から素早く離れた。顔色は先ほどよりも悪い。何とも気持ち悪そうだった。
 魔王はアベスタの反応に慣れているのか。気にした様子なく、言った。言ってしまった。

「あちし、勇者に惚れたのよ」
 勇者の運命や如何にっ?

 うーん。まだまだ押しが弱い。コメディーは本当に難しい。

 アベスタが気持ち悪そうにしているのは、口調がアレだからです。良い声だと余計にダメージすごそうですし。
↓ランキング参加中! よければポチッとお願いします。↓
cont_access.php?citi_cont_id=768015929&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ