挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
<R15> 15歳未満の方は移動してください。
この連載小説は未完結のまま約3ヶ月以上の間、更新されていません。

シグナルの向こうに[心の鍵続編]

作者:那結多こゆり
心の鍵2003の続編です。
◆社会人になって初めての冬時期を迎えた一恵。彼女は「灘国内」では知らない人はいないという名家のひとつ「岩本家」本家の娘だが、祖父の命により、中級分家の娘として発表されたのち、再発表がなされ、一恵は次頭分家に格上げされた。そんな彼女は、職場の女性から暗いと言われ、あまり人とかかわることを自ら避けていた春。中学時代の同級生、可奈に励まされ、心に受けた傷がゆっくりと治り始めたころ。また新たな物語がスタートする。岩本一恵、高藤司・守、仁科智春。そして曽根和也――。司を巡る、二人の恋バトルから、約6年の月日が流れ。第2ラウンドの恋のゴングが鳴り響く?!

【ご注意】この作品はフィクションです。舞台は日本(時代、文化、語源等)に似ておりますが、オリジナルの設定となっております。
序章0…一恵・再出発
2015/06/11 12:00
2015/06/11 12:00
2015/06/11 12:00
2016/03/31 00:00
2016/09/30 00:00
2016/12/01 23:00
2016/12/31 00:00
2017/01/31 00:00
2017/03/01 23:00
10
2017/04/04 12:00
11
2017/06/11 12:00
12
2017/07/31 12:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ