挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
STG/I 作者:ジュゲ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

41/41

第四十一話 胎動

(ココは・・・)

 真っ暗なコックピット。
 目の前には巨大な星。
 星が大きすぎて真っ暗。
 身体が動かない。
 星の光が微かに内部を照らした。
 首を少しだけ左へふる。
(なんで僕は濡れているんだ)
 全身にナメクジが這いずったかのような後。
 粘着性の何かで濡れているようだ。
 身体が動かない。
 ドキュメンタリーで見たことがある。
 生まれたての子鹿。
 あの時は気持ち悪い以外の感想は無かった。
 どうしてか父は目を潤ませ、母は私を見た。
 子鹿は直ぐ様立ち上がろうとしていた。
 その様は無様で、滑稽で、私は笑った。
(私は動けないじゃないか。子鹿ですら動いたのに)
 手を僅かに動かそうとする。
 少しだけ動いた。
 右手の人差し指がピクリとだけ。
 でも、
「ああ・・・」
 力が入らない。
(凄いな・・・子鹿は)
 子鹿を「きったねー」と罵る私に、父は残念そうに言った。
「お前もこうだったけどな」
 動物は皆そうだって父さんが言っていた。
 とても立ち上がるどころではない。
 息がきれる。
 駄目た、これ以上動けない。
(子鹿以下だ)

 声が聞こえた気がする。

 遠くで。
 サイトウの。
 笑っていた。
(サイトウ・・・私だけは味方だよ・・・)
 言ったんだ彼に。
(サイトウ、力を貸して)
 思い出すだけどこは安心する自分がいる。
 力が湧いてくる。
 身体が震える。

 ぐたりとすると目を閉じた。
 再び意識は闇の中へ。

*

「ドラゴン。彼がタッチャンだよ。よろしくな」

 誰だ?
 これは。
 サイトウと、自分。
 そして。
「ドラゴンリーダー。いちを隊長をしている。心強いよ。嘗てのエースと今のエースがダブル入隊とはね~。ところでサイトウはどういう風の吹き回しなんだ~。全くな、捻くれているんだから。誘うとこねーし」
 竜頭巾はコクリと頭を下げ、小さく応えた。
「おお・・・」

 ドラゴンリーダー。

 サイトウが紹介してくれた。
 何度も断ったのにサイトウは僕に入隊を勧めた。
 シツコク、執拗に、言ってきたんだ。
 そうだよねサイトウ。

*

「俺は部隊なんて興味ないよ」

 サイトウは笑みを浮かべた。
「わかるよ。俺が入って欲しいんだ。単なる俺のワガママだよ」
「嫌だよ。面倒くさい。下手クソ共とやりたくないし。邪魔だよ」
「二人だと狩り場も限定されるじゃん。さっきも、もっと大きな戦いに出たいって言ってでしょ?」
「そりゃ~言ったけど・・・」
「この前みたいなこともあるし」
「あれは偶然だよ。もう二度とない」
「無いんだろうけどさ。Aクラス以上の前線をはるには部隊に入らないと無理だから」
「お前一人なら出来るだろうが」
「出来ないさ」
 二人で出来る狩場は概ねやり尽くした。
 この無敵の二人でもっと暴れたい。
 もっと。
 広いフィールドで。
 そして思い知らせてやるんだ。
 嫌われ者二人で。
 この前の緊急事態は二人して傍観してやった。
 あのカスどもときたら、泣きながら「何やってるんだ!」「助けてくれ!」だとよ。「お願いします!」と懇願する輩もいた。
 お前たちが助けたか?
 俺が困っている時に手を差し出したか?
 俺が泣いている時に力を貸してくれたか。
「死ねや!雑魚共!ざまーみろ!」
 あの時のサイトウときたらコックピットで寝ていやがった。
 たいしたもんだ。俺の比じゃない。
 結局あの時も二人で救ったようなものだけどな。
「サイトウはどうするんだよ?」
「タッチャンが入るなら俺も入るよ」
「よく言うわ、一人が好きな癖に」
「どっちも好きだよ。ソロもペアもチームも。それぞれ違った楽しみがある」
「そうなんだ」
 チームで遊んだことはなかった。
 サイトウと組んでペアだと戦い方が飛躍的に変化することを知った。
 二人で息があった時の快感と来たら最高だ。
「お前・・・サイトウが入るなら・・・考えてやるよ」
「よっし!決まった。善は急げだ」
「上位にしろよな!下手クソな連中とは一緒にやりたくない!一位がいい!」
「一位って、あの?」
「あ~・・彼奴等は嫌いだ、死ねばいい」
「一三八位のココがどうだろうと思うんだけどね。ドラゴヘッズ」
「百以下とか存在の意味すらわかんねーわ!なんでだよ」
「タッチャンのSTGはブラックドラゴンじゃない?」
「そうだけど」
「丁度いいじゃない。ドラゴン同士。リーダーもドラゴンリーダーって言うんだよ」
 サイトウはいつも俺を優先してくれた。
「語呂かよ!にしてもドラゴンリーダーなんてクソだせーな」
 そう言う一方で何故か悪くない気がした。
「お前はどうなんだよ・・・」
 あの頃は気づかなかった。
「あ~、俺はこの隊長は好きなんだ」
「へー!珍しいこともあるね。嫌われ者のお前が。よし、わかった。お前に免じてここにしてやる!」
「ありがとう!」
 ありがとう。
 サイトウのありがとう。
 どんなクスリよりも効果がある。
 私に勇気をくれる。
 サイトウ。
 どうしていつも側にいてくれるんだ。
 皆が敵意の眼差しでしか私を見ないのに。
 どうして、いつも笑顔を向けてくれる。
 唯一私を見る母さんですら悲しい顔ばかりなのに。
 どうして他人のあんたが。
 突っぱねても、突っぱねても。
 馬鹿にしても、罵倒しても、ナジっても。
 どうして。
 何時だったか聞いたっけ。

「わかるんだ」

「何が?」
「タッチャンは、日本に必要な人間だよ」
「・・・なんだよソレ。メルヘンかよ。サイトウって時々お花畑だよな」
「そうかもな。でも、大真面目だよ?嘘は言ってない」
「俺は無理だ・・・嫌われているから・・・」
「お互い様だよ。多分、嫌われ者レベルでは俺の方が上だろうな」
「だろうな、わかるわ。お前さ、身勝手過ぎるんだよ。適当だし。お前に付き合えるのは俺ぐらいなもんだぜ」
「ありがとうタッチャン」
 こっちこそありがとう。
「いずれわかる。俺が保証するよ・・・」
「馬鹿いえや、冗談じゃないよ。もしな、もしそんな大変なことがあったら俺は何もしないからな。傍観するんだ。それで日本が死滅するのを高笑いで見てやる!」
 サイトウは俺のせいでほとんどの戦果を使っていたと後で知った。
 彼が嫌われている最大の理由が俺だということも。
 俺と一緒に行動するようになってから、いつの間にかワールドレコードも過去のものになった。戦績は落ち続け、人々からサイトウは腕が鈍ったと言われた。心配するヤツ、忠告するヤツ、離れていくヤツ。無関係のヤツからすらいいように罵倒された。面前で、公式サイトで、戦闘中に。挙句には海外からも。それをまるで風がそよいだ程度に聞き流すお前。何事も無かったように。どうして。
「じゃあ、狩り行こうか」
 お前は強い。
 どうしたらそんなに強くなれる。
 才能があるからだ。
 自信があるから。
 いつでも取り戻せるからだろ?
 そう思っているんだろ?
(化けの皮を剥がしてやる!)
 そのつもりが。
 気づけばサイトウは皆にのって過去の人となった。
 一人のプレイヤーに熱を上げ駄目になったと。
 俺たちを知る者はホモ達だとか、加えてサイトウはショタ好きとかボロクソに言われた。そういう本が出回っているのも知っている。俺は怒り狂った。俺はともかくサイトウを、日本を何度も救った救世主!それでもサイトウは笑っていた。
「なんだよ漫画の俺イケメンじゃん!」
「お前さ・・・悔しくないの?」
「ないね。想像するのは勝手だから」
「俺は悔しい!ぶっ殺してやりたい!あんなド下手のカス共にあんだけ言われて。関係ねークソ共まで出てきやがって。お前ほどウマイのは世界広しと言えどこにもいないだろ!あの頃より腕だって上がってるってのに。お前一人だけいれば他のカス連中はいらないだろ!俺も含めてな」
「そんなことはない。一人で出来ることはたかがしれているからね」
 彼の顔は静かだった。
「胸糞わりー!謙遜って?ヤツかよ。そこまで来ると嫌味だわ」
「違うよタッチャン・・・事実なんだよ」
 サイトウは肩を落とした。
 それは上辺だけの応対とは違った。
 今まで一杯見てきた。
 心配したふりの教師。
 魂が抜けている癖にもっともらしい言葉を投げかける医者。
 上辺だけの大人達。
 残酷な同級生。
 うわ滑った言葉。
 でもサイトウは違う。
 何があったんだ?
 お前ほどの、俺からしたら神かよって人間に。
「サイトウはさ、なんでこのゲームやってんの?」
「面白いから」
「何が」
「ゲームであり・・・タッチャンも」
「俺はお前の玩具か」
「玩具じゃないよ」
「じゃなんだ」
「友達さ」
 リアルに吹き出した。
「クセー!シャレになんね~」
 笑っているサイトウ。
「さすがに臭いか」
 なんでお前の声はそんなに優しいんだ。
 どうしてそんなに暖かい目をしている。
 なんの理由があって、俺に優しくしてくれる。
 どうせお前も裏切るんだろ?
(違う)
 どうせお前も言うんだろ。
「ミイラみたいだ」
(違う)
 そうだ。
 リアルを知らないから言えるんだ。
(そうかもしれない)
 知れば変わる。
 会ってみたい。
「サイトウさ・・・あんた幾つよ?」
「それ聞いちゃう」
「きめーんだよ。ジジイの癖に。言えよ・・・」
「四十は過ぎてる」
「ガチでジジイじゃねーか。キメーんだよ」
 笑った。
 なんで笑えるんだ。
 不細工の癖に可愛い表情しやがって。
 髭が似合っている。
 ボサボサの髪もチャーミング。
「タッチャンは?」
「調子のんな。聞くなよ」
「いいじゃん」
「聞いてどうする」
「どうもしないよ。相手に尋ねるってことは、尋ねられるってことだからね」
「うぜーなー・・・」
 十六だよ。
 言えるわけもない。
 真っ直ぐな目でこっちを見る。
 圧のない目。
 優しい目。
 知的な目。
 でも所詮はアバターだ。
 モニター越しでニヤニヤして見てるんだろ俺を。
 「チョロいなぁ」って思ってるんだろ。
「サイトウはさ、年下と年上、どっちが好きなんだ?」
「ストライクゾーンは広いって言われるかな」
「そうなんだ・・・」
「で、タッチャンは幾つなの?」
「しつけーよ」
 十六。
 女子高生。
 もっとも学校にはほとんど行けてないけど。
 なんだよ、援交したいのかよ。
「そっか」
 聞かないんだ。
 なんで聞かない。
 二度断られたぐらいで。
 根性ないな。
 それともホントのホントは興味ない?
「じゃ、狩り行こうか」
「お、おう」
「今度、紹介するよ」
「何を?」
「部隊。タッチャンみたいな暴れ馬にもピッタリな部隊がある」
「誰が暴れ馬だよ」
 笑っている。
 可愛い。
 オッサンはあれだ。
 ネットで見たけど、女子高生とか皆好きなんでしょ?
 サイトウも好きだよね、きっと。
 だったら。
 私のことも好きだろうか。
「あのさ」
「なに?」
「ストライクゾーンってどれぐらい広いの?」
「誰か紹介してくれんの?」
「して欲しいわけ?」
「欲しいね~。俺もさ、最近は茶飲み友達ぐらい欲しかなって」
「茶飲み友達、吹くわ。きめーわ。四十過ぎのジジイが色気だしてる~」
 笑った。
 楽しそうに。
 ほっとする声。
 優しい笑顔。
 でも、全部作り物。
 音声合成。
 コンピューターグラフィック。
 本物のサイトウはどんな人なんだろう。
 きっと優しい人。
 そもそも男じゃなかったりして?
 まさか。
「考えてやるよ」
「何を?」
「女だよ。気が向いたら紹介してやる・・」
 無理だけど。
 母さんぐらいしか知らない。
「本当に?ラッキー」
「お前・・・男だよな」
「もちろん」
 そうなんだ。
 そうだよな。
「ガチで喜ぶなよ。あくまでそのうちだからな!」
「ありがとう」
 ありがとう。
 サイトウがよく言う言葉。
 でもどうしてこんなに胸が暖かくなるんだろう。
 ありがとう。
 サイトウのありがとうは、何か違う。
「覚えてたらな・・・」
「ああ。さーて、いっちょヤルか!」
「おっしゃ~、稼ぐぜサイトウ!」
 嬉しかった。
 身体から何かが湧き上がる感じがする。
 なんだろうコレ。
 サイトウがいるから生きていられた。
 聞いて。
 あれから自傷行為もしていないんだよ。
 だってサイトウに会いたいから。
 会いたい。
 会いたいよ。
 実際に。
 でも駄目だよ。
 幻滅する。
 会えない。
 一生。
 でもね。
 会いたい。
 死ぬ前に。
 一度でいいから。
 サイトウなら、酷いこと言わないよね。
 わかったんだ。
 サイトウがお父さんだったら良かったのに。
 同級生だったら。
 彼氏だったら。
 サイトウが嬉しいんだったら、部隊でも何でも入るよ。
 一緒にいてくれるなら。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
リアルチートオンライン

現実での能力がダイレクトに反映される異色 のVRMMOゲーム〈IEO〉こと〈イノセント・ アース・オンライン〉。特殊部隊出身の父親から戦闘に関する英才教育を施さ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全147部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/06 12:00
ワールドオーダー

なんの特徴もない天外孤独な三十路のおじさんが異世界にいって色々とするどこにでもあるようなお話。最強になれる能力、だが無敵ではない。そんなおじさんが頑張っていきま//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全70部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/31 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 23:33
僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***  オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。マールのあれが凄い。何がとは言いませんが。  //

  • 宇宙〔SF〕
  • 連載(全256部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 16:43
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全362部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/09/06 20:00
蜂使いの召喚士(サモナー)

貧しい村で生まれた少女レシル(13歳)は、成人の儀で蜂使いの召喚士(サモナー)としての能力に目覚めた。 蜂種を召還し、使役する。 そんな少女が召喚したのは、凶//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全60部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/13 19:14
デスマーチからはじまる異世界狂想曲

◆カドカワBOOKSより、書籍版11巻、コミカライズ版5巻発売中! アニメ放送は2018年1月予定です。 ※書籍版とWEB版は順番や内容が異なる箇所があります。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全557部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 18:00
俺のロボ

 “ガーディアントルーパーズ”はアーケード用のロボットアクションゲームだ。プレイヤーはコクピットさながらに作りこまれた大型筐体に搭乗して戦う。  ありがちな世//

  • 空想科学〔SF〕
  • 連載(全67部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/02 20:44
VRMMOの支援職人 ~トッププレイヤーの仕掛人~

 行動派な幼馴染、未祐(みゆ)に引き摺られる様にして始めたVRMMO「トレイルブレイザー」通称TB。   しかし誘われた亘(わたる)は、やる気満々の未祐に向かっ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全347部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 23:59
VRMMOでサモナー始めました

TOブックス様から書籍化決定!平成30年1月10日に発売予定!わーい! 世界初のVRMMO用のアクションゲームFWO(ファンタジー・ワールド・オンライン) そ//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全239部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 09:19
俺、動物や魔物と話せるんです

旅行先で言葉が不自由ながらも声をかけた和藤明は外国人の怒りを買い殴られて、運悪く頭をうちつけ死んでしまう。 「なんで!?」 善意から励ましの声をかけた明だったの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全84部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/24 17:00
GSO グローイング・スキル・オンライン

【第一回ツギクル小説大賞、大賞とファン投票賞をW受賞させていただきました!】 【書籍化します。ツギクルブックス様より8月10日に発売しています。詳しくは活動報告//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全441部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 23:09
駆除人

異世界ものです。 害虫駆除をしていた男が異世界でも害虫駆除をする話です。 前世の知識を活かし魔物駆除を生業とするナオキ・コムロだが、弱い魔物だけ駆除するといっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/12 01:15
リバーステイル・ロマネスク

 古倉時雨は子供の時分より下肢に障害を持ち、入院生活を余儀なくされていた。ベッドの上で日々勤しむことといえば、医療補助端末【カリヨン】を利用した読書と、あとは映//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全111部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 13:00
新しいゲーム始めました。~使命もないのに最強です?~

マイペース主人公がゲーム世界を好きなように楽しんでいるうちに、いつの間にか最強に。マイペースすぎて色々フラグをスルーするためにメインストーリーから脱線して隣の獣//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全234部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 03:33
望まぬ不死の冒険者

辺境で万年銅級冒険者をしていた主人公、レント。彼は運悪く、迷宮の奥で強大な魔物に出会い、敗北し、そして気づくと骨人《スケルトン》になっていた。このままで街にすら//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/12 18:00
Frontier World ―召喚士として活動中―

VRMMOの世界で召喚士となった主人公が、召喚獣と共に冒険していくお話【三巻発売決定しました】

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全230部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/18 20:36
Universe Create Online

極度の凝り性な無口無表情の主人公、実加鐘《みかがね》了《りょう》は元βテスターの妹に誘われてオリジナルスキルを開発することが出来ると言うVRMMORPG、『Un//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全84部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/13 09:44
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
ガンバルローグ -アサシンと呼ばれた少年-

 不治の病に侵された少年、成神 零。彼は余命僅かな命を病院のベットで過ごしていた。  寝たきりの彼が姉に誘われて始めたVRMMO。しかもパーティに居ないという理//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全131部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2016/08/10 08:00
自由な人たち (freedom world Online)

交通事故で障害が残ってしまったアラ4おっさんが世界初のVRMMOのα、βテストに参加するが好き勝手にプレーして運営の予定の斜め上を行く行動をしてしまう話。 //

  • VRゲーム〔SF〕
  • 完結済(全153部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/06 17:00
VRMMO学園で楽しい魔改造のススメ ~最弱ジョブで最強ダメージ出してみた~

※2017年9月30日 HJ文庫様より書籍2巻が発売予定です。 ゲーム大好き少年・高代蓮の趣味は、世間的に評価の低い不遇職や残念スキルを魔改造し、輝かせること//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全109部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/10/18 22:00
Struggle Locus On-line

Struggle Locus On-line(ストラグル ローカス オンライン)~通称『SLO』 今年の夏から正式稼動する話題沸騰のVRMMORPGだ。 俺は事//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全119部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 19:00
骨といっしょの異世界生活

 とあるオンラインゲームの熱心なプレイヤーであった主人公は、ゲーム中の駆け出し冒険者「ネモ」と一体化している自分に気づく。「ネモ」が授かった加護は育成・成長性と//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/01/29 00:36
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
極振り好きがテイマーを選んだ場合

 ゲーム好きな主人公、矢柄 健(やがら たける)が毎回のようにすること。  それは、極振りという、ステータスの1点特化!  今回やるゲームはVRMMOの「Eac//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全133部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/05 16:00
自由気ままに旅人ライフ

VRシステムが世間に広まってから数十年、一つのゲームが発売された。『こんなリアル、見たことない!』という宣伝文句に惹かれβテストからプレイしてきた神谷 傑は正式//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全114部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 13:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全308部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 00:00
Create・World・Online

『Create・World・Online』それは、日本初のVRMMO。それは、プレイヤー次第で、どんな者にもなれる世界。彼らは進む、自分の望む存在になるために。//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全73部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/09 17:00
VRMMOはウサギマフラーとともに。

■離島からやってきた少年、因幡白兎(いなばはくと)は、とある令嬢誘拐事件を防いだお礼としてVRMMO『デモンズワールド・オンライン』を手に入れる。 その幼い令嬢//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全95部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/11/25 14:50
ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン

VRMMORPG『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』 五感を刺激するというファンタジー系仮想現実世界に、リアルにない未知の味を求めて参加した狩野拳児。ア//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全157部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 20:31
神殺しの英雄と七つの誓約(旧題:彼は英雄ではないと言い張るようです)

※タイトルを変更しました。内容に変更はありません。 ※この度、拙作が書籍化される事となりました。  偏に、この作品を読んでくださる皆様の御蔭でございます。  こ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全174部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/04/25 00:31
リアル世界にダンジョンが出来た

第4回ネット小説大賞で受賞。それに伴い書籍化決定! 2017/10/10 PV3000万達成しました〜!! 2017/05/25 「復讐の乙女と最凶の刃」という//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全164部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
狂気を纏うアルケミスト

 VRMMORPG【ミリアド・ワールド・オンライン】通称"MWO"の世界に一人の研究者が居た。  その者の名は森脇広大《もりわきこうだい》、ハンドルネーム"コー//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全45部分)
  • 3 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 18:09
↑ページトップへ