挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
STG/I 作者:ジュゲ
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

33/41

第三十三話 孤立

 日本・本拠点。

「部隊ブラックナイト、生存!」

 悲鳴と歓声の入り交じる中、”猫いらず”の隊長、”舐めんじゃねぇネコ”は日本・本拠点でホログラムモニターを見ていた。
「なんてシツコイんだアイツら・・・(シネ・・・シネ・・・)」
 その周辺には女性アバターの取り巻きを多数召し抱えている。

 夜行色のゴムボールとなった彼らは作戦区域外に押し出されるほど流されていた。

 彼らを襲った敵舌体群は総数の三割にも登る。
 しかし攻撃が無駄とわかったのか、元の宙域へ戻っていった。

「はーーーっ!」
「死んだと思った・・・・」
「生きてるよな・・・」
「手の感触が、感触がない・・・」
「ヤバイ、マウス壊れた、ちょと交換する!」
「マジかよ・・・マジなのかよ・・・」
「おしっこ漏れそう」
「甘いな、俺はもう漏れたよ・・・」
「ははっ・・・はは・・・」
「・・・」

 リーダーは直ぐには声が出せなかった。

「聖剣隊は?!」
「五編成中、三編成は壊滅。全て安全にログアウトしています。二編成中、無傷なのはブラックドラゴン隊のみ!」
「おおおお!」
「奇跡だよ・・・これが奇跡なんだ・・・」
「信じられない、あんな中で・・・」
「鳥肌がヤベー・・・・」
「日本は、日本のSTGは?」
「それが・・・」
「いや、それはいい」
 リーダーは遮る。
「戻るぞ!」
 知ったところで。
 自分達の戦いをするだけだ。
 日本・本拠点としての隊列も統率もない。
 死が背後から全速力で追ってくるようだ。
 得体の知れない悪寒がする。
「もうヤダ・・・帰りたい」
「今更何言っているんだよ!」
「だから女は・・・」
「やめろ、差別だぞ」
「女だからといって舐めないでよ。私は行きます!」
「無理もない・・・俺も震えが止まらない・・・」
「もう・・・ダメなんじゃないか・・・」

 隊長は声が静まるのを待った。

「わかった。ログアウトしたい者は止めない。即決してくれ」
「そんな隊長!」
「隊長・・・」
「俺は迎えに行きたい。それだけだ」
「ごめんなさい・・・ログアウトしたい・・・」
「卑怯者は去れ!」
「グリンやタツがどんな気持ちで只中にいると思ってるんだ!」
「俺も・・・」
「私・・・すいません」
「お前ら俺たちのご先祖様をしらねーのか!一歩も下がらず戦ったんだぞ!今と大差ない状況で!」
「・・・全滅したいじゃない」
「てめぇ!」
「ミリオタ!・・・隊長は俺だ。皆、即決してくれ。ただしSTGは使わせてもらう」
「そんな・・・」
「そんな、じゃねぇ!お前は・・・」
「静かに!判断は覆られない。五秒以内に決めろ。ミリオタ、カウントしてくれ」
「・・・了解!5432・・・」
「ミリオタ!真面目にやれ」
「すいません・・・・。5、4、3、2、1」

「搭乗員ログアウトの為、隊長機の管理下に入ります」

 マザーの音声が届く。
 落ちたのは三機にとどまった。
「真黒柴、マインタケ、いいのか?」
「・・・」
「はい・・・」

「行くぞ!」

 恐怖が伝染する前に。

 STG28のコンピューターから警告音が全機に鳴り響く。

「警告。
 警告。
 未確認敵巨大宇宙生物が出現しました。
 最優先攻撃対象です。
 近隣の部隊は各個撃破に当たって下さい」

「なっ!」

 ソレは彼らの直上に突如として現れる。

 巨大な黒い塊。
 まるでブラックナイトに酷似しているがサイズは遥かに小さい。
 それでもSTG28よりずっと大きく、まるでSTGを巨大化させたような形状をしている。ソレは恰もずっとそこに居たかのような自然さ。

*
 その少し前。

「刃が折れそうだ!」
「俺が変わる!」
「第五聖剣隊壊滅!左翼維持出来ません」
「第四聖剣隊、目標エリアに侵入不可能!外縁部で交戦中、追われています!」

 竜頭巾は経験したことがない境地にいた。

 二十分前。

 ブラックドラゴンを前に眺めている。
 そびえ立つ漆黒の円錐。
 外装は相手を威嚇すがごとき鋭利な形状。
 今の彼の心境とは相当違う。
「装備換装をご指示下さい」
「オプションをデスロードで」
「タツっちゃん・・・いいの?」
「うん。決めていたから」
「でも・・・隊長の許可とれてる?」
「うん」
「・・・わかった」

 正確には違う。
 隊長には秘匿装備の許可をとったに過ぎない。

「お願いします」

 本気で頭を下げた。
 許可されなくても勝手にするつもりだった。
 思い返せば本当に隊長には世話になった。
 どうしてか許可をとりたいと思った。
「お前・・・何を考えている」
「勝つ為の方法」
「・・・馬鹿なことするんじゃなかろうな」
「しません」
 竜頭巾の目は真っ直ぐ彼を見た。
 その目を真っ直ぐ見返す。
「・・・わかった」
 竜頭巾の予想外のことに笑顔になる。
 断られると思っていた。
「ただし!・・・生きて帰れよ」
 隊長は何時になく迷った。
 何を言うべきか。
「頼むぞ・・・お前がいないと、困るから」
「ツンデレ?」
「ツンツンしてないだろ俺」
「してる」
「マジか?」
「マジマジ」
「参ったな」
 二人は笑みを浮かべる。

*

 誰がこんな武装を宇宙人に要望したのか。

 最初は「馬鹿な奴がいたものだ」そんな感想を抱いた。
 今は違う。
「よくぞ用意してくれた」
 これを発案した者も同じような心境だったに違いない。
(どうにかしたい、例え命と引き換えにしても・・・)

 武装名 デスロード。

 文字通りこれは死地への道。
 宇宙人の武器は地球人に原理は全くわからないと聞く。

 説明文にはこうあった。

 全てのエネルギーを暴走させ、周囲を巻き込み自滅。
 破壊規模、地球サイズの惑星一つ分相当。
 確定事項としてこうある。
 再使用不能武器。
 当然だろう。
 使用後、STGおよび登場者の死滅、修復不能。

「どんなエネルギーを使うんだろうな」

 STG28で唯一登場者が死亡する武器。
 理屈はわからない。
 ただ・・・説明にある「あらゆるエネルギーを暴走させ」というのが死因なんだろう。
 装備最低条件は極めてハードルが高いが、ブラックドラゴンはクリアしていた。
 主に推進装置の条件が厳しい。
 ここまでの推進装置を装備するにはかなりの戦果が必要でグリーンアイのSTG28でも装備出来ない。
 竜頭巾は速度を求めていった結果、知らず条件をクリアしていた。
 今にして思えば、どこか、頭の片隅にあったような気がする。

「死滅・・・か」

 妙に心が静かだった。
 どうしてか母の振り返った笑顔が浮かぶ。
 あれは何時のものだろう。
(お母さん)
*

この装備をサイトウが見た時は竜頭巾と異なる思いを抱いた。

「日本人のメンタルはこの現代においても変わらないのか」

 それは失望という言葉が相応しい反応だった。
 恥じてでも生き延びることの方が華と散る道を選ぶより遥かに勇気と困難を伴う。
(これが島国の、恵まれた土地に育んだ根底にある精神性なんだろうか)
 そんなことを感じていた。
 情報が極端に制約された嘗てならともかく、今は多くの客観的情報を得ることが出来る。
 にも係らず民族の基本精神は変わらない。
「どこまでいってもロマンチストか・・・」

*
「第四聖剣隊が壊滅しました!」
 第五、第四の聖剣隊が全滅。第三聖剣隊は損傷甚大。
「タツ、副隊長!どうする、隊長らとまだ連絡がとれない」
「ドミノ作戦を続行する」
「この数じゃ無理だ!隊長らを待って次の手を考えよう」
「大丈夫。ドミノ作戦は一編隊あれば出来る」
「まさかと思うが・・・俺たちは捨て駒じゃないだろうな?」
「ブリーフィング聞いて無かったのか?」
「聞いてたわ」
「喋る前に仕事して!」
「しとるだろ!」
「第一聖剣隊、準備」
「待った!俺たちがいく」
 第二聖剣隊のアングラからの通信。
「トップは最後の切り札にしたい」
「誰でもいい早くー!もう防ぎきれない!行くか退くか決めて!」
「サイガ!真横!」
 盾の間をすり抜けた。
 胴体をもっていかれる。
 隊列から離れ失速すると、敵宇宙人の群体がピラニアのように群がり粉々になった。

 息を飲む。

「大丈夫です。安全にログアウトしています」
 胸を撫で下ろす。

 隊長の作戦が功を奏している。
 突発的な状態に搭乗者の意思とは関係なくログアウトするよう全員が設定している。
 一部から反対も出たが彼は押し切った。
 ドラゴンヘッズの時に失われた命のことを忘れることは無かったからだ。
 口には出さなかったが彼はずっと責任を感じている。
 竜頭巾は多くを聞いた。
 隊長の友人らから励ましてくれるように言われたついでに。
 部隊解体後に彼はリアル住所を特定し彼女の墓参りも済ませているらしい。

 それでも隊長の心は晴れなかった。
 墓前の前で涙が止まらなくなる。
 死別はこれが始めてではない。
 それでも、これまでは老いていたり、長く患っていたり、死の足音を自分なりに感じ、「已む無し」と思える自分がいた。寧ろ冷たい人間だと言われてきた。自分でもそう思う。妙に冷静に指示出来る自分がいる。

 今回は違った。

 突然の死。
 当時の副隊長や中の良い隊長らは「それが死因とは限らないだろ?そもそもゲームなんだから」とか「持病かなにかあったんだよ」とかゲームとの因果関係を完全否定。
(そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない)
 両親に会おうかとも思ったが、嫁に言われて止める。
「おかしな人が来たと思われるだけ」
 その通りだと思った。
 特定した時に見た彼女の写真と年齡は自分の子供とおっつかずと知る。
 親のことを思うと、胸が張り裂けそうに苦しかった。

「・・・わかった。アングラさん、幸運を!」
「ありがとう!行くぞ皆!」
「根性見せろー!」
「どうせ捨て駒だよ・・・」
「まだ言ってるの?この期に及んでイジイジと根性無し!」

(イヤなら帰れよ!)

 少し前の自分だったらそう叫んだだろう。
 こみ上げる何かを胸にしまい込む。
「第二聖剣隊ドミノ作戦継続する!援護を頼む!」
「了解!」
 本隊のことを気にする余裕はない。
 最も竜頭巾は彼らが宙域を離れていることは幸運と捉えていた。

*

 その暫く後、本隊は未確認の黒い物体を眺める。

「なんだコレは・・・照合結果は?」
「判定不能。少なくともSTG28ではありません」
 そりゃそうだろうが・・・。
「STGIの可能性は?」
「わかりません・・・本機コンピューターは最優先攻撃対象として告げています」
 マザーとの連絡は途絶を示している。
 本部も。
 聖剣隊も。
 部隊ブラックナイトは完全に孤立している。
 その時、一気に物体が巨大化した。
「なんだ!・・・これは・・・どこかで見たような・・・」
 少し前に、どこかで見たような感覚がする。
「マンタだ!アメリカのSTGI!」
 全員が息を呑む。
 裏側では頭をフル回転させ、あのモノクロ映像と今直上にいる物体とを照合させる。
「そうだ!」
「救援じゃ?アメリカのSTGIが救援に来たんだ!」
「やった!」
「イエス!」
「そうなのか?」
「アメリカ本部からは連絡がありません。最も、現状ではどことも連絡がとれませんが」
「救援だよ!決まってるだろ。終わったんだよ流石アメリカだな・・・」
「何が流石だよ、連中をあまり信じるな!過去を忘れるな!」
 ミリオタが言うのも最もな話しだ。
 そんなに簡単なはずがない。
 アメリカに限った話しではないが。
 世界の終わりまで自己利益を追求するような連中が揃っている。
 最もそれは人間の性なのかもしれないが。
 今の日本を見ても凡そ他人事ではない。

 STGIについてはリーダーなりに調査はした。

 マザーが外敵と認識する巨大兵器。STG28のコンピューターは多くの判断をマザーと共有している。マザーと連絡がとれない場合はTG28の判断はマザーと同等の意味がある。
 世界で7つのSTGIがあると聞いているが、どこの国も秘匿しておりその活動が他国に漏れることは無い。噂だけが独り歩きし、日本におけるサイトウのSTGIも同様。最も秘匿しているというより活動の記録がとれないというのが大きい。アナログによる記録以外は無く、アナログは嘘をつける。単なるミスもある。悟入もある。

 マザーになんとはなしに問い合わせたこともあったが、「未確認である以上は敵と認識するのが妥当と考えます」とだけ答え、自分も妙に納得してしまった。考えることが他にも多すぎるのも原因だろう。
 そもそもどこから現れるのか、どうして得られるのか全くわからない。竜頭巾からサイトウに聞いてもらったが、彼が言うことが事実なら「自分でもわからない」らしい。
 専らの噂ではSTGレベルを最大にし、宇宙人と取引をすれば、何かと引き換えにIも支給されるとのこと。目指している者は少なくない。だが、宇宙人自体もマザーもそれを否定している。
(もっとも彼らが全てを正直に話しているとは思えないが)
 嫌な汗が流れる。
 あれほど騒がしかった皆が静かになっている。
 敵なのか、味方なのか。
 これがアメリカのSTGIだという保証は何もない。
 トリガーを握る指が固まりそうだ。
 人差し指の第一関節が痛い。不要な力がかかっている。
 それぞれが様々な思いを逡巡させた。

「うわーっ!」

 ほぼ全員が叫ぶ。
 マンタが吠えた。
 厳密には吠えたように見えた。
 その大きな口を開ける。
 そして音ではない何かが響いた。

 脳に!

 声のような何かが満たす。頭一杯に。見たこともない映像が頭の中でガラス片が細かく砕け散ったように見えた気がする。

 何人かは堪らずもどす。

 他の何人かは意識を失ったようだ。

 多くが頭を抱え、叫び声を上げる。

 リーダーも口を押さえ、激しくもよおしがらも人差し指を強く噛む。
 うめき声を上げながらもモニターから目を離さない。

 黒いマンタは口を閉じると物理法則を無視したような動きでスッと移動すると視野外へ消えた。
 素早くレーダーに視線を落とすも、あっという間にレーダー圏外へ移動。
(倍率変更!)と言ったつもりだったが声に出ていなかった。
 STG28をもってしても信じられない動き。
 コンドライトですらあんな動きは出来ない。
 まるでシミュレーションゲームのブリーフィング画面のようにスイっと動く。

(あの先は・・・)

 日本・本拠点。

 隊長の目は見開かれ、一瞬ポカンとする。

「隊長令発動!全機パートナーに操舵移管。設定目標へ向け全速発進する!」

 ほんとんが反応する間もなく、部隊ブラックナイトは一つの大きなヤジリのようにフォーメーションを変え、漆黒の宇宙を一本の矢となり飛んでいった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ