挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/30

パラグラフ7

 キミは助走をつけて水たまりの直前で踏み切り、大きくジャンプする。

 飛距離は、ギリギリだった。
 キミは水たまりの向こう岸に、どうにか着地しようと足を伸ばす。

 そして、陸地に着地できた、と思ったとき──つるっと、足元が滑った。
 キミはそのまま、為すすべなく仰向けに倒れてしまう。

 ──ザパーン!

 仰向けの姿勢で頭から水たまりに突っ込んでしまったキミは、思いがけないことに、水たまりの汚れた水を飲んでしまう。
 すぐに水の中から顔を出し、這いずるように向こう岸へと辿り着く。

 ようやく陸地に辿り着いて、しばらく咳き込んでいたキミだったが、そんなキミを、猛烈な吐き気が襲う。
 そして、抵抗する間もなく、キミはその場で嘔吐してしまう。
 飲み水でもない、洞窟に溜まって淀み切った汚水を、たっぷりと飲み込んでしまったのだから、無理もない。

 胃の中の物を全部吐き出したキミは、しばらくして、ようやく人心地をつける。
 そしてどうにか気を取り直し、緩やかな上り坂となった洞窟の通路を、先へと進んでゆく。

 嘔吐によりHPを2点失ってから、パラグラフ8へ。

 なお、キミが鎖かたびら(チェインメイル)や背負い袋を水たまりの前に置いて来たなら、それらを取りに戻っても良い。
 キミはもはや、この水たまりの水が単なる汚水であると知っているし、そもそもがずぶ濡れだ。
 水たまりを往復してこれらの重要な荷物を取り戻そうとするのは、まったく自然な行為である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ