挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

5/30

パラグラフ4

 キミは特に水たまりを気にすることなく、歩いて進むことにした。

 水たまりに足を踏み入れる。
 靴の中に水が入り、靴下やズボンの裾も水浸しになるが、キミは気にせず進み続ける。

 水たまりは徐々に深くなる。
 やがてすねあたりまでが水に浸かり、歩みを進めるたび、水に足を取られて転びそうになる。

 だが、そこが最深部だったようで、水たまりはその場所を境に徐々に浅くなっていった。
 緩やかな下り坂だった足元が、緩やかな上り坂へと変化する。

 やがてキミは、問題なく水たまりを渡り、陸地へとたどり着くことができた。
 靴と靴下とズボンの裾がずぶ濡れになってしまったのが気持ち悪いが、それ以外、特に実害と言えるような不利益は受けていないようだ。

 キミは靴やズボンなどが濡れた不快感により、MPを1点失う。
 だが実質的な被害は、たったそれだけだ。

 キミは足元の不快感を努めて気にしないようにしながら、上り坂となった洞窟の通路を先へと進む。
 パラグラフ8へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ