挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

4/30

パラグラフ3

 キミは水たまりを、助走をつけて跳び越えようと考える。
 だがそれにあたり、重たい鎖かたびら(チェインメイル)と、冒険道具一式が入った大きな背負い袋が気になった。
 これらの荷物をこの場に置いてゆけば、水たまりを飛び越えることは、だいぶ楽になるだろう。

 ただし、鎖かたびら(チェインメイル)を脱いで置いていった場合、キミは以後の冒険で、身軽になって回避力に+1の修正を受ける一方で、防御力が0になってしまう。
 対して、冒険道具が入った背負い袋を置いていった場合には、それによってどのような不利益が生じるか、予想もつかない。

 キミが荷物を置いて行くか、そのまま跳ぶかを決定したら、[2D+AGL修正値]による判定を行なう。
 荷物をすべて装備したまま跳躍を試みるなら、この結果に-4の修正を受ける。
 鎖かたびら(チェインメイル)か背負い袋のいずれかをこの場に置いて行くなら、この修正は-2で済む。
 両方とも置いて行くなら、修正はない。

 なお、キミはここで「フィジカルエンチャント」の魔法を使うことで、自身のAGLを強化してから跳躍に挑戦してもよい。
 この場合、MPを1点消費して魔法を行使することで、AGL修正値に+1のボーナスを得る。
 この魔法の効果は、このパラグラフを終了するとともに、消滅するものとする。

 これらの修正をすべて加味した上で、[2D+AGL修正値]を行なった結果が3以上だったなら、パラグラフ6へ。
 2以下だったなら、パラグラフ7へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ