挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/30

パラグラフ2

 キミは襲い掛かってきた二体のスケルトンを蹴散らすと、バラバラの骨になったそれを無造作に踏み折りつつ、洞窟をさらに先へと進んでゆく。

 洞窟は途中から、ゆったりとした下り坂になる。
 キミはその道を、しっかりとした足取りで歩いてゆく。

 緩やかな下りの道をしばらく進むと、やがて通路の往く手を塞ぐように広がる、水たまりへと遭遇した。

 その水たまりは通路いっぱいに広がっていて、水たまりの先には、今度はゆったりとしたのぼり坂が続いている。
 つまり、坂と坂でできた窪みの位置に、水がたまっているわけだ。

 水たまりの大きさは、助走をつけてうまいことジャンプすれば、どうにか跳び越えられるかどうかといった程度だ。
 水の底を覗こうとしても、松明の炎が水面に反射して、よく見えない。

 水たまりの深さも不明だ。
 坂の勾配から予想するなら、キミの太ももより上が浸かることはなさそうだが……。

 キミが水たまりをジャンプして渡ることに決めたなら、パラグラフ3へ。
 水たまりを歩いて進むなら、パラグラフ4へ。
 水たまりの水を飲んでみることにするなら、パラグラフ5へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ