挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/30

パラグラフ19

 毒針に塗られた即効性の毒が、キミの体内を容赦なく蝕んでゆく。
 キミはそれにより、眩暈、吐き気、腹痛、頭痛など、あらゆる体調不良に見舞われることとなった。

 キミはたまらず、部屋にあるベッドに倒れ込む。
 ベッドに横になったキミの耳には、苦しみに喘ぐ自らの吐息の声ばかりが、騒々しく聞こえてくる。

 キミは即効性の毒の効果により、HPを直ちに[1D+1]点、失う。
 このHP喪失に対しては、キミの回避力も防御力も、一切何の助けにもならない。
 ただただ、キミの強靭な生命力のみが、キミが生き残れるかどうかを支える、唯一の防壁となる。

 この結果、キミが死なずに生き延びたなら、パラグラフ20へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ