挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

19/30

パラグラフ18

 キミの咄嗟の反射神経は、不意打ちで矢のような速度で発射されたそれを回避するには、さすがに及ばなかった。
 直後、キミの首筋に、小さくも鋭い痛みが突き刺さる。

 キミは手探りで、自分の首筋に刺さった小さなものを探り当て、指先で引き抜いた。
 見てみると、それは鋭く先の尖った針であった。

 そして、その針の先端部には、禍々しい色の液が付着していた。
 さらに言えば、針に付着した液の大部分は、すでに拭い去られていた──針が刺さったときに、キミの体内に侵入したと見るのが妥当だろう。

 キミは、これが間違いなく毒針罠の類であろうと気付く。
 だが気付いたところで、刺さった場所が場所だけに、毒を吸い出すこともできない。
 そしてそうこうしているうちにも、即効性の毒がキミの体内を巡ってゆく……

 パラグラフ19へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ