挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

18/30

パラグラフ17

 キミは恐るべき反射神経で首を振る。
 矢のような速度の小さな飛来物が、直前までキミの首があった空間を通過していった。

 後ろの壁に当たって地面に落ちたものを拾って見ると、それは細い針のようなもので、先端には禍々しい色の液が付着していた。
 おそらくは、毒針罠の類だろう。

 からくも命の危機を回避できたキミは、改めて、剣で破壊した木箱の蓋をどけ、箱の中を確認する。
 箱の中には、数冊の書物と共に、二つの腕輪ブレスレットが収められていた。

 書物は、一般に所持が禁じられている禁書ばかりで、しかるべき場所──闇取引の仲介人ブローカーなどのところに持って行けば、高値で売れるかもしれない代物だった。
 だがキミは、裏取引業界の人間に無闇に接触するリスクと、所持がバレれば罪に問われるような代物を持ち歩くリスクを嫌い、それらには手を付けないことにする。

 一方で腕輪の方はというと、二つの腕輪はどちらも、装飾品としてよく出来た逸品だった。
 片方には赤い宝石が、もう片方には青い宝石が嵌め込まれている。
 キミはこれらの腕輪を、どこかで見た記憶があるような気がするが……。

 キミが記憶を呼び起こせるか、[2D+INT修正値]でチェックすること。
 結果が7以上だったなら、パラグラフ21へ。
 結果が6以下だったなら、パラグラフ22へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ