挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/30

パラグラフ10

 聞こえてきた奇妙な声に、キミはうすら寒いものを感じる。
 そして、何故という理由はないのだが、何となくその場に立ち止まった。

 キミがしばらくそうして警戒していると、やがて前方の右手側の壁が、その壁の中から打ち破られた!
 壁の中から、土塊を撒き散らしながら現れたのは、半ば腐りかけの体を持った動く死体(ゾンビ)であった。

 また、それは一ヶ所だけではなく、少し奥のほうの壁も同様に打ち破られ、そこからもゾンビが現れる。
 そうして現れた合計二体のゾンビが、呻き声をあげながらキミに襲い掛かってきた。

 それにしても、危ないところだった。
 もしキミがあのまま通路を進んでいたら、あれらのゾンビたちから、挟み撃ちを受けていたことだろう。
 キミは自分の第六感と天運に感謝しながら、向かってくるゾンビたちを迎え撃つ。

 ゾンビ二体と戦闘を行なう。
 それぞれのゾンビのデータは、以下の通りだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ゾンビA
 HP:7  命中力:0  回避力:6  攻撃力:0  防御力:0

 ゾンビB
 HP:8  命中力:-1  回避力:5  攻撃力:1  防御力:0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 通路はゾンビたちが横に二体並んで動けるぐらいの広さであるため、キミはこれら二体のゾンビを、同時に相手にしなければならない。
 キミが二体のゾンビを撃破することで、戦闘に勝利したなら、パラグラフ11へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ