挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ゲームブック:死霊使いの洞窟 作者:いかぽん
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/30

パラグラフ9

 キミは奇妙な音を気にせず歩みを進める。

 すると突如、キミの前方、数歩先の右手側の壁が、壁の中から打ち破られた!
 そして、その壁に空いた穴ぼこの中から、動く死体が一体、ゆらゆらと通路に現れ出てきた。

 キミはそれを見て、思わず半歩、後ずさりする。
 だがすぐに驚きから脱し、ゆっくりした動きで迫ってくる動く死体(ゾンビ)を迎撃しようと剣を構える。

 けれどそのとき、今度はキミの背後から、同じような壁が打ち破られる音が聞こえてきた。
 キミが驚いて振り返ると、キミの背後だった方角、すぐ近くの壁が同様に打ち破られ、そこからもゾンビが一体、這い出てきていた。

 通路に出たゾンビたちは、呻き声をあげながら、キミに対して襲い掛かってくる。

 ゾンビ二体との戦闘を行なうこと。
 それぞれのゾンビのデータは、以下の通りだ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 ゾンビA
 HP:7  命中力:0(+2)  回避力:6  攻撃力:0  防御力:0

 ゾンビB
 HP:8  命中力:-1(+2)  回避力:5  攻撃力:1  防御力:0

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 前後から挟み撃ちを受けたキミは、やや苦しい戦いを強いられることになる。

 キミがいずれかのゾンビに対して攻撃を行なったラウンドは、もう一方のゾンビから攻撃を受ける際、その命中力に+2の修正を受ける──データの命中力の欄に(+2)と書かれているのは、その修正を意味する。

 この修正は、キミが該当するゾンビに対して、やむなく背を向けてしまうことによって生じる。
 もしキミが武器による攻撃ではなく、何らかの魔法を使用した場合には、そのラウンドにはキミは「真横」を向いて、前後どちらのゾンビからも若干の不利を受けることを選択してもよい。
 この場合、両方のゾンビの攻撃の命中力に、+1の修正を受けることになる。

 キミがこれらすべてのゾンビを撃退し、戦闘に勝利したならパラグラフ11へ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ