挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

キャラクターの設定メモ

作者:双山サキ
・はじめに

 このメモは、半分は自分用の備忘録として書き始めました。「新しい小説を書きたくなってきたのはいいけど、キャラクター設定ってどうしてたっけ?」とならないためのものです。
 そしてもう半分は、キャラクター設定に迷われている、もしくは他の作者の方法を覗いてみたい、と思われた方へ向けてのメッセージです。
 あくまでアマチュア作家のメモなので、言葉足らずな所が多々あるとは思いますが、よろしくお願いします。



・設定の例

 まず、私の執筆環境から。
 TeraPadという、文章入力のフリーソフトを使っています。ワードの機能をごくシンプルにしたもの、と考えて頂ければ結構です。
 キャラクターの設定も、そのソフトを使って行います。文章の入力しかできませんから、例えばエクセルを使って、表にするといったことはしていません。
 それでは、拙作「ネオネースト~アンドロイド特別捜査官~」から、主人公の一人・サムのキャラクター設定メモを取り出してみますね。

サミュエル・ウィスター
 白人男性。37歳。呼称はサム、ウィスター捜査官。一人称は僕。タバコはウィンストン。
 栗色の髪にグリーンの瞳。顔立ちは非常に整っており、本人もそれを自覚している。ダニエル・クレイグを少し若くした感じ。
 アンドロイド特別捜査官。相方はノア。
 冷静で温和な性格。
 ノアに対しては多少過保護なところもある。

 はい、こんな感じです。多いでしょうか、少ないでしょうか?
 私自身、他の方のキャラクター設定をあまり読んだことがないので、文章量の多さは正直よくわかりませんが、少ない方かもしれませんね。
 ちなみに、相方のノアだと、こんな感じです。

ノア・スズキ(磯部達也)
 アジア人男性。30歳。呼称はノア、スズキ捜査官、達也、お兄ちゃん。一人称は俺。タバコはホープ。
 黒色の髪にブラウンの瞳。背が低く、痩せているのがコンプレックス。
 アンドロイド特別捜査官。相方はサム。エンパス。
 エンパシー能力を買われ、デッカード部隊に入ったが、勤労意欲には乏しく、「仕事辞めたい」が口癖。
 サムの過保護さにうんざりすることもしばしば。

 「ネオネースト」を読んでいない方からすると、なんのこっちゃ、という設定がバンバン出ていますが、そこは目を瞑って下さいね。
 さて、設定の順番を整理して言い換えると、次のようになります。

1 氏名
2 人種と性別、年齢といった作中でほぼ固定されている要素
3 他人からどう呼ばれているか
4 一人称
5 タバコの銘柄
6 容姿
7 仕事、状態など
8 性格
9 他者との関わり

 この中で確実に要らないのは5です。完全に作者の趣味です(笑)。劇中にも登場させませんしね。ですが、他の8つは最低限、必要になってくる要素になります。
 但し、劇中で描くかどうかはまた別です。例えばサムだと、「ダニエル・クレイグに似ていて~」等といった容姿の書き方はしていません。あくまでも、作者がイメージを掴むためのメモになります。
 では、次からは各要素について説明していきますね。



・氏名、人種、性別、年齢

 今後は毎回、該当する箇所のサムのキャラクター設定を引っ張ってくることにしましょう。

サミュエル・ウィスター
 白人男性。37歳。

 氏名。何が何でも、外せない要素ですよね。しかし、キャラクターの名づけ方というのも少々厄介でして、その話題だけでも一本エッセイが書けます。
 私の場合、先に人種と性別から決めることが多いです。サムの場合、白人(イギリス人)と設定したので、そこからネットを開き、一般的なイギリス人男性の名前を検索しました。後は語感で、ぴったり合いそうなものを選んでつけました。
 そして、ウィスターという姓ですが、仮にサムが日本人だとしたら、「藤井」さん、くらいのイメージだったんですね。そこから、「藤」の英名を調べました。「ウィステリア」。綺麗な語です。そして、その語源が「ウィスター」さんという学者さんからきていることを知り、そのまま名づけました。こんなこともしています。
 また、イメージがぴったり合う、他の作品のキャラクターから名前を借りることも多いです。例えばローガン室長ボスというキャラクターがいるのですが、彼は「24」のローガン大統領から姓を頂きました。
 余談ですが、とある作者さんから、「もしかしてこのキャラクター、大統領から取った?」と聞かれたときはびっくりして冷や汗垂れましたが(笑)。
 もし、氏名を決める際に、特別な思い入れがあった場合は、書いておいてもいいかもしれません。
 そして、年齢ですが、主人公クラスになると細かく設定しているのですが、チョイ役だと「20代後半」「年配」等と適当になっていきます。ストーリー上支障がなければ、この程度でも十分構いません。



・呼称と一人称

サミュエル・ウィスター
 呼称はサム、ウィスター捜査官。一人称は僕。

 はい、ここ重要なところです。私はこの部分を一番大切にしています。
 まず、呼称。今作では、呼称が少ないので簡単に書いていますが、人物ごとに呼び名が違う(例えば、サム、サムさん、サムお兄ちゃん等)場合は、別に表を作っています。
 呼称がぐちゃぐちゃだと、読者さんは混乱します。呼称が途中で変わることによって、親密さの度合いが進んだ、という表現もできますし、呼称は徹底的に整理しておいた方が良いです。
 そして、一人称。これが変わると、さらに読者さんは混乱します。日本語には「自分」を表す単語が物凄く多いというのはご存じの通りですが、私はこんな感じに当てはめています。

私 渋い年配男性から、特徴のない女性まで、誰でも使える。中性的な人物にも。
わたし 女児。または柔らかな印象の女性。
ワタシ おしゃべりで、変わり者の男性または女性。
あたし 癖のある女性。ヒロインに使うことが多い。
アタシ 色気のある女性。砕いて言うとビッチ。
僕 落ち着いていて、丁寧な男性。
ぼく 男児。または幼い男性。
ボク ボクっ娘用のイメージ。はっきり言って使わない。
俺 男性全般。困ったらこれ。主人公に使うことが多い。
オレ 若い男性。やんちゃな性格。
おれ 若い男性。おっとりした性格。

 一人称の種類は、他にもまだまだあるのですが、ひとまずはこのくらいでしょうか。



・容姿、仕事、状態

サミュエル・ウィスター
 栗色の髪にグリーンの瞳。顔立ちは非常に整っており、本人もそれを自覚している。ダニエル・クレイグを少し若くした感じ。
 アンドロイド特別捜査官。相方はノア。

 容姿です。ここにこだわりを持っている方は多いのではないでしょうか。
 ファンタジーなら別なのですが、現実の人間の髪色と瞳の色はごく限られているので、シリアスなSFものではそこを加味しております。
 例えば、瞳の色は「ブラウン、ヘーゼル、アンバー、グリーン、グレー、ブルー、レッド、ヴァイオレット」の中から使います。
 日本人しか出てこない作品だと、滅多なことが無い限り瞳の色はブラウンなので、そもそも設定しないこともあります。
 また、美男美女設定にした場合は、本人がそれを自覚しているかどうかも付け加えています。私としては、無自覚のイケメンが一番タチが悪いと思い込んでおります(笑)。ここで一部ですが性格付けもできるわけですね。
 そして、モデルにしている現実の役者さんやタレントさんがいる場合、それも書きます。ただ、文章中にそのモデルさんの名前を出すことはしません。安直な表現になってしまうからです。
 仕事は、見ての通りですね。表題にもある「捜査官」です。「捜査官」とは何ぞや?というのは、作中用語の欄で別に設定しています。なのでここでは省略。
 状態、としたのは、作中で変化する場合です。女子高生が女子大生になったとか。そういう感じですね。



・性格、他者との関わり

サミュエル・ウィスター
 冷静で温和な性格。
 ノアに対しては多少過保護なところもある。

 性格は、なるべく一言二言で表現できるように心がけています。というのも、性格は作中で揺らいだり、変化したりすることが多い要素なんですよね。なので、ここで決めているのは「芯」の要素です。
 例えば、サムは普段冷静な男性ですが、ノアが窮地に陥れば、慌てて飛び出してしまうという性格の揺らぎを持たせています。それが他者との関わり、性格の揺らぎの要因ですね。
 また、他者との関わり方自体も作中では変化するものです。特に恋愛ものだと、無関心、関心、恋心の自覚、恋愛中などとステップを追うので、それを列挙する場合もあります。



・おわりに
 さて、簡単に説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
 このメモを通して私が言いたかったのは、「自分なりのテンプレートがあれば楽ちん」ということです。
 私もこのテンプレを作り上げるのには数年かかりました。表を作ったこともあったんですが、私には合わなかったんですよね。しかし、それがぴったり合う方もいらっしゃると思います。
 また、このテンプレはまだまだ発展途上です。他にこんなキャラクターの設定方法があるよ、というエッセイなどがあれば、教えて頂けると喜びます。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ