挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔ガールズラブ要素〕 が含まれています。

Passive Imitation

作者:白露をばな
生きていることと、死んでいること。
それがどれほど問題になるだろうか。
人間。アンドロイド。人工知能。
そこにどれほどの差異があるだろうか。
ある宇宙船の中で紡がれた、女とアンドロイドの、儚い絆の物語。

※あなたのSFコンテスト投稿作品です。Science Fictionでございます。
一、生きている。
2014/08/31 21:06
二、出来損ない。
2014/08/31 21:08
三、魂の所在。
2014/08/31 21:09
四、贋作の子
2014/08/31 21:09
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ