挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
GSO グローイング・スキル・オンライン 作者:tera
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

189/426

-189-



【構成員】Lv55
・カポレジーム

【構成員】Lv46
・ソルジャー

【構成員】Lv45
・ソルジャー



 ついにカポレジームとご対面した。
 世界観に合うのかってくらい、オールバックにぱりぱりの背広を身に纏っている。
 まあ俺も軍服だけどな。

 その両脇に居るソルジャーも、同じようにスーツスタイルだ。
 ぱりっぱりのスーツスタイルに長剣を下げている姿。
 なかなか様になっている。
 対する俺は、軍服にローブに手甲に脛当てに長剣に六尺棒に弾機銛を身につけている訳だ。
 ゲームではあるあるの構成だと思いたい。

 ツクヨイみたいに黒一色にアクセントを加えたスタイリッシュタイプっていうの?
 結構泥臭く戦って行くスタイルだからそう言うのは無理だな。
 見てて動き辛そうなんだもの。
 アンジェリックのドレスとか論外過ぎる。
 まだ十六夜の装備の方が好感持てる。
 エルフの狩り人って感じのスタイルだから。

「一人か?」

「そのようです」

「おかしいな、もっと人数いるんじゃなかったか?」

「死んでしまったのでは?」

「いや、下でも暴れてる奴が居るから、二手に別れたんだろ」

 カポレジームは葉巻をふかしながら、そう言っていた。
 そして、懐に手を入れる。
 一体何をするつもりだ?

「さっさと殺して手伝いにいくか? それともやられるサマぁ見に行くか? 女が一人いたよな?」

 取り出したのは銃だった。
 そしてパンッとそれを発砲した。
 うん、すごくびっくりした。
 びっくりしてスペル・インパクトを放ってしまった。

 どうやら鉄の塊を飛ばすのではなく、風魔法で石の玉を飛ばすようだ。
 速度的に、手に穴が空いていてもおかしくは無いな……あぶねぇ。

「あら? 死んでない?」

「手で弾いてませんでしたか?」

「ありえないだろ……」

 パンッパンッパンッ!
 ボゴアッ!

 容赦ねぇなこいつ!
 死んでないからって追加で三発も撃ちやがったぞ。
 頭、胸、腹。
 撃たれれば即死部位だな。
 でもコロラド撃ちじゃないだけマシかな?

 慌ててストレージからノータイムで目の前に石柱を出現させる。
 そしてアスポートで一人のソルジャーの頭上へ転移させる。

「アスポート!」

「うへ? あぎゃあああ!!」

 まだ精度が悪いそれは逃げ出そうとするソルジャーの左足をぐしゃぐしゃにした。
 まあ痛そうだし、それでもいいか。

「んん? 今のは魔法か?」

「…………」

「黙秘か……なら死体に聞いてやるよ!」

 カポレジームは空いてる手を懐に入れてもう一丁の銃を取り出した。
 そして二丁拳銃となりて発砲音を連続して轟かせる。

 気になる、どういう構造で発砲してるんだろうな?
 風魔法と土魔法を同時に扱っているんだろうか?
 ようするにエアガン。
 魔法な分だけ威力はとんでもない代物になっているんだけど。

「ちっ、また石柱を出しやがったな!? 土魔法の使い手か?」

 銃を構えてバックステップで距離を取る様子を、石柱の上に伏せて眺めてみた。
 ソルジャーの一人はカポレジームの乱射と、俺の出した石柱にびびって足を滑らせて頭から転落していた。
 首が圧し折れる音が聞こえたから、運が悪かったんだろう。
 御愁傷様でした。
 地獄で楽しんで。

「おら! 何処だよ!」

「上だよ」

「なに!?」

 パンパン!!
 なんか発砲音ももう聞き飽きたな。
 二つの銃の狙う先は、頭と胸。
 素晴らしい反射神経だ。

 上から飛びかかったのが俺じゃなくてただの獣だったら倒していたでしょう。
 ついてる。非常に運がいい。
 一度ダメージうけてみようかと思ってダイブしたら、手甲と脛当てに弾かれた。
 ガストン謹製は流石過ぎる。
 どこかで宣伝してやろう。

「なんだその目はぁ――ぁっ……」

 もの凄い形相で上を見上げたカポレジームの口に、鬼間の長剣を突き込む。
 まるで手品師が剣を飲むようにズブァッと身体を貫く感触。
 ええ、種も仕掛けも、ございませんよ?



[剣が震えている]



 お!?
 なんだなんだ!?



[求めた血は、より多くの人の血だった……]



 物騒だな……。



[魔核……? それよりももっと多くの血を寄越せ持ち主よ……]



 持って無いけど、魔核。
 とりあえず進化させれば良いんだな。
 よしインフォメキャンセルして、さっさと進化させよう。




[成長武器:鬼魔の長剣がクラスチェンジします]
[クラスチェンジ先を選択してください]
[鬼魔の長剣→悪鬼ノ刀]
[鬼魔の長剣→大鬼の長剣※選択不可]



 選択不可をわざわざ載せてるなよ。
 迷ってしまうじゃないか。
 鬼魔の長剣の正統クラスチェンジは大鬼の長剣だったんだろうな。
 そうか、結構プレイヤーをこれで切りまくったもんな。
 ついでにマフィアとか盗賊も積極的に血を吸わせたし。
 何となくお察しできる結果だと言えた。



【鬼魔の長剣】製作者:???
オーガの系譜に至る魔物の剣。
別名オーガソード。
使い手の意志によって下級魔剣へと至る。
装備耐久のオート回復(微)。
・攻撃:35
・耐久Lv5
・回復Lv1
・耐久78/100
・成長500/500



【悪鬼ノ刀】製作者:???
持ち手を選ぶ羅刹、夜叉の系譜。魔剣。
人型相手の戦いにて特殊効果を持つ。
対人戦にて邪気発動(小)。
・攻撃:50
・耐久:Lv5
・回復:Lv1
・耐久:100/100
・成長:1/1000



 また、とんでもない装備……。
 耐久レベルと回復レベルはかわらずだが、攻撃力が大きく上昇したとんでもない武器だ。
 なんだよ対人戦にて邪気発動(小)って……。
 相手が恐慌状態になるのかな?
 とりあえずクラスチェンジさせよう。



[ウオオオ! もっと人の生き血を寄越しやがれ!]
[邪悪な仲間よ、外道よ、そして復讐心をもって敵を蹂躙する者よ!]
[俺が力を貸してやる、存分に食い散らかせ悪鬼の如くな!]
[鬼魔の長剣が【悪鬼ノ刀】にクラスチェンジしました!]
[プレイヤーのレベルが上昇しました!]
[契約モンスター:ローヴォのレベルが上昇しました!]
[契約モンスター:ノーチェのレベルが上昇しました!]
[契約モンスター:コーサーのレベルが上昇しました!]



 インフォメーション失礼だろ。
 誰が邪悪だ。
 誰が外道だ。
 復讐心なんか持って無いわい。
 蹂躙する者だけは是としてやるけど。
 なんかムカつく刀になったもんだな。

 さて、レベルアップしているからさっさと諸々の確認をすませて、下に向かおうか。
 カポレジームのレベル的に、かなり苦戦しそうな予感がするしね。

 ちなみに、コーサーのみレベルアップインフォメーションがめっちゃ流れていたりする。
 相変わらずコーサー以外の三名が彼の尻を叩いているんだろうな。





え、なんで銃なんてそんなものが!?
時代錯誤だろ!?
ゲームです。
いつも感想ありがとうございます。

皆様、メッセージで作者がニートかどうか疑っているみたいですが。
そ、そんなことはありませんからね!!!!(汗

皆様の、毎日の元気に繋がりますよう。
私の方では更新を頑張らせて頂いてる次第です。
そして、もう少し話が進むと、海マップがおとずれます。
もしくはもっと大きな大河マップでしょう。
はたまた、地中海みたいな内海マップかもしれませんね。
漁師設定を活かせる土壌が、マフィアとかその他諸々終わったらキットやって来ます。
色々手広く冒険するローレントを、これからも応援してください。


(実際毎日3回更新やってるんですよぉ……本当なんです許してください)
↓一日二回更新を頑張り続ける新作です。転生転移ファンタジーカテゴリーの日刊三位に入れました。これのお陰でグローイングのやる気が続くと言う。

「奈落に落ちた俺が超能力で無双する」
http://ncode.syosetu.com/n5083du/

↓あとツギクルの奴もよろしければぽちぽちお願いします。ひな祭りホワイトデーすべての三月と言う三月のすべてを出し切ったスペシャルデーにするんで。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ