挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
GSO グローイング・スキル・オンライン 作者:tera
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

155/427

-155-

おはようございます。お仕事頑張ってください。

【ダークホース】
ライトホース。毛は漆黒で、夜闇に紛れる。
速度を生かした奇襲が得意で特殊能力を持つ。
特殊能力:暗黒耐性

【ナイトメア】
ミドルホース。毛は漆黒で、夜闇に紛れる。
悪夢と呼ばれた夜の馬。不思議な力を持つ。
特殊能力:幻覚

【シャイヤー】
ヘビーホース。毛は漆黒で、夜闇に紛れる。
体高は重馬の中でも随一。
特殊能力は持たないが、十馬力を越える戦闘力を持つ。



 まず、特殊能力持たないシャイヤーは除外である。
 如何にパワフルな馬と言えど、特殊能力が無い限り契約魔法の恩恵を受けれない契約モンスターはNGだ。
 もしかしたらこの先にクラスチェンジに特殊能力があるかもしれんな?
 だが裏付ける情報が無い限り、大人しく上二つにしておきましょう。

 どっちにせよ。
 程度の騎乗戦闘を想定して、だとライトホースって選択肢が無くなってしまうので、自然とミドルホースとヘビーホースの二択になる訳だが……。

 そのヘビーホースが特殊能力を持たないとなると。
 ミドルホースのナイトメアしか選ぶ選択肢が無いの。
 ミドルホース用の装備もガストンに作ってもらっているからな。

 特殊属性はダークホースが暗黒耐性。
 ナイトメアが幻覚。
 それぞれどうなんだ?



【暗黒耐性】
暗黒の異常状態が掛かりにくくなる。

【幻覚】
相手の五感を狂わせる。



 もし、ブラックカーテンを使われても、これなら自由に戦闘ができる。
 そうは言っても、異常状態系はローヴォの特殊能力でレジストできてしまう。
 故に、必要ではない。
 となると、幻惑の特殊能力を持ったナイトメアに落ち着いた。



[ノーチェをクラスチェンジさせますか?]
[yes]
[ブラックホースがナイトメアにクラスチェンジします]
[yes]



【ノーチェ】ナイトメア:Lv1
特殊能力:幻覚
装備:無し



 よし、それでは契約魔法を確認してみよう。
 そしてそこで契約魔法がレベルアップしている事に気付いた。



【契約魔法】Lv3(2→3)
・空き契約数1
・[ローヴォ:ラッキーウルフ]
・[ノーチェ:ナイトメア]



 つまり、契約モンスターの行動経験では無く。
 契約モンスターのクラスチェンジによって契約魔法のレベルは上がるのか。
 そう言う事なのだろうか?

 クラスチェンジしたノーチェは、顔つきは変わらないが少し逞しくなった様に見えた。
 ブラックホースの時は目に光が灯っていたが、ナイトメアになったとたん、闇が深そうな目になっている。
 物々しさを感じるが、これもこれでありだね。

 さて、この幻覚の特殊効果。
 ローヴォの幸運と同じで契約モンスターのレベルが上がる事によって強化されて行く。
 そんな感じだったかな?
 レベルが10を越えると特殊能力も強くなる。

 さっそく狩りに行くんだ。
 フィールドは草原の奥まで突っ走ってみた。
 出現するモンスターも変貌して行く。



【ミドルステップホース】Lv9
草原を走る野生の馬。クラス3。
ステップホースのクラスチェンジ。

【ステップイーグル】Lv12
草原を飛ぶ野生の鷲。クラス2。
ステップカイトのクラスチェンジ。



 馬と鷲の他に、犬の集団。
 そして、その犬を単騎で蹴散らす赤目の兎が居た。
 空は?
 ステップイーグルの他にも素早い奴が居る。



【マスドッグ】Lv12
草原にたむろする犬の魔物。クラス2。
グルドッグのクラスチェンジ。

【ストライクイーグル】Lv5
草原を飛ぶ野生の鷲。クラス3。
ステップイーグルのクラスチェンジ。



 マスドッグの印象は、徒党を組むピットブルの様だ。
 小柄だが筋肉質で、集団で兎を狙っている。
 ストライクイーグルは、ステップイーグルを従えてマスドッグの上を旋回。
 いきなり急降下すると、一匹を捕らえ空に運ぶ。
 そして上空から地上へ、叩き落とした。

 えげつない。
 いや、そんな事よりもだね。



【クリムゾンコニー】Lv2
テージシティ周辺の草原の覇者。クラス4。
レッドラビットのクラスチェンジ。



 明らかに数が多いマスドッグ達が徒党を組んで襲っている兎が居ます。
 かなり巨大な赤目の兎は欠伸をしながら噛み付きにも動じない。
 そして欠伸が終わると、明後日の方向を向く。

 その瞬間、衝撃が草原を襲った。
 上空を飛ぶ鷲達が金切り声の様な泣き声を上げる。
 馬達はどこかへ走り去って。
 群がっていたマスドッグ達は、みんなひっくり返っていた。

 近場で余波を浴びたマスドッグでさえひっくり返って気絶しているのに。
 衝撃の中心地、クリムゾンコニーのすぐ傍で食らい付いていた奴は?

 ……消し飛んでました。
 クラス4て、どういうことや。

 ローヴォのクラスが今現在3な訳だ。
 そしてレベルは18と来てる。

 リトルグレイウルフ10でクラスチェンジ。
 グレイウルフが15でクラスチェンジ。
 この時点でプレイヤー換算するとレベル25になる訳。
 そして今のレベルは18。

 プレイヤーレベルに置き換えるとレベル43となる。
 で、もしローヴォのレベルが後二つ程、上がってクラスチェンジならば。
 クリムゾンコニーのレベルは四十七相当。

 俺とレベルが3違うだけなのだが?
 かなり大きな隔たりを感じた。

 ほんでもって可能性を考えるならば。
 一回目のクラスチェンジが10。
 二回目のクラスチェンジが15。
 プレイヤーレベルでいうと25。

 三回目のクラスチェンジで20。
 プレイヤーレベルでいうと45。
 何となく気持ちが悪いので、クラスチェンジが25だとすると。
 プレイヤーレベルが丁度50になる。

 50レベルなら、あの強さも何となく納得ができるかな?
 って具合のレベルなんだが、どうだろうな。
 どっちにせよ、ローヴォのクラスチェンジレベルで判断がつくな。
 レベル40代だったら少しレベルを上げればアタックできそうかも。

 とりあえずクリムゾンコニーはどこかへ行ってしまったので、狩りましょうかね。
 おい、ストライクイーグル。
 その瀕死のマスドッグ達は俺の経験値だ。
 どけ、猛禽類が。




昨日はお疲れ様でした。
無事、達成できました。
予約投稿のあらしでしたが、大体朝四時くらいに十二話分かきおえましてセットしていました。
なのでできたてほやほやです。
話の連続性のあるクエスト系って、基本的に小刻み更新だと間延びしてしまうので、やりたかった所まで一気にやってまいました。

さて、なのでそろそろクエストこなしつつ、のほほん冒険回です。
ローレント氏のあくまで個人的な見解で、冒険が推し進められて行きます。

そして今回は、ノーチェのクラスチェンジ回でした。
最初はローレントの体格が180センチ程の設定なので、重馬にしてボッコボッコ敵を蹴散らそうかと思ってたんですが、それだと契約魔法の意味がなく、その内ただの移動用のデカい馬になりそうだったので、ナイトメアを選びました。

多分ですが、もう二度とダークホースとシャイヤーは出て来ないと思うので。
ここで気になる次のクラスチェンジをネタバレしときます。


【ロイヤルポニー】→【ブラックホース】→【ダークホース】→【デビルホース】→【デモンズホース】
【ロイヤルポニー】→【ブラックホース】→【シャイヤー】→【スレイプニール】→【スヴァジルファリ】
【ロイヤルポニー】→【ブラックホース】→【ナイトメア】→【???】→【??】

ロイヤルポニーは名馬用に作られる特殊な馬です。
名馬に基本マイナーチェンジはありません。
名馬なので。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ