挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
GSO グローイング・スキル・オンライン 作者:tera
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

143/426

-143-

本日は二時間に一回更新します。嬉しく無いかもですが、クリスマスプレゼントです。

「許可の無い物は、平原の先へ行ってはならん」

 馬の首が人の上半身に置き換わった生物。
 セリザワ、ノグチ、フレーノは伸された状態で、ケンタウロスの背中に乗せられていた。



【テトドール】ケンタウロスLv???
草原の平定者の長。



 レベルが見えない。
 名前持ちのケンタウロスは、かなり上位のモンスター?
 もしくはNPCなのか?

「そう身構えるな、我らが人に危害を加える事は無い」

 ドサドサドサと目の前にセリザワ、ノグチ、フレーノが積み重ねられて行く。
 気絶のペナルティでも喰らっているのか?
 一体何があったんだろう。

「この者達は、ランペイジブルの領域に進入して攻撃を受けていた」

「ランペイジブル?」

「平原の先に住まう気性の荒い牛の魔物だ。ここいらの牛より遥かに逞しく、人を見かけると集団で特攻してくる魔物だ。——ちょっとまたれよ」

 ケンタウロスは、そう言いながら弓を番えるとおもむろに上空へと放った。
 上空から断末魔の叫び声が聞こえ、黒い大きな鳥が降って来た。



【レスコンドル】Lv7
死体食の大型猛禽類。クラス3。
慎重で頭が良く、強い魔物に誘導。
または魔物を誘導し襲わせる。



 禿鷹か。
 それにしても中々大きい猛禽類だ。

 断末魔の音的に、かなり高所を飛んでいた筈だ。
 それを打ち抜けるとなると、かなりの強弓使いということか。
 四本足は踏ん張りが効くから、さながら固定砲台だな。

「人を襲う習性を持つランペイジブルは草食だ。レスコンドルは誘導し殺させて屍肉を喰らう、気をつける事だ」

「そっちは平気なのか?」

「我らが知恵の無い魔物に遅れを取るとでも? 平原を統べる一族だ。故に心配も無用なものだと言う事を心しておくがいいだろう」

 踵を返すケンタウロス達。
 彼等は森へ入るなと言っていたな。
 だったら、この先へ抜けるにはどうしたらいんだろうな?

「待って、この先に用事があるとしたら?」

「戦える者ならば通って構わん、この者達の様に命を粗末にしなければな。……もっとも、ハルピニアの盟友である者ならば、要らぬ心配だろう」

 ハルピニア?
 ああ、いつだか貰った称号の事ね。
 彼女達は南の霊峰のどこかで、魔物の管理を行っている者達だったっけ?

「価値のある者ならば歓迎する」

 価値……、信用度の事か?
 まあ昔の話は置いといて。
 この後この先に用事があるかと聞かれれば特に無い。

「ではさらば、盟友の称号を持つ者よ。我らはいつでも歓迎する」

 適当に話を切り上げて見送る事にしました。
 ケンタウロス達は、パカラパカラとキレの良いリズムで平原を戻って行った。
 さて、後に残ったのはこの伸びた三人な訳だが?
 先走った罰だな。
 このまま放置しておこう。
 俺はサイゼの依頼を遂行するために、手頃な牛の群れにアタックを仕掛けるのだ。



【シャトーブリアン】食材
ヒレの中でもかなり希少な部位。
舌の上でとろける。

【シャトーブリアン】食材
ヒレの中でもかなり希少な部位。
舌の上でとろける。

【シャトーブリアン】食材
ヒレの中でもかなり希少な部位。
舌の上でとろける。



 やべええええ、とりあえずローヴォの目が輝き続けている。
 俺の目も多分輝いている。
 ドロップ運絶好調過ぎて笑える。

 牛一頭につき、狩人の生産解体を持って無いので部位を全て頂く事は出来ないが。
 それでも上手く殺せば部位が三カ所手に入る。

 肩ロース、リブロース、サーロイン、ヒレ。
 ランプ、モモ、肩バラ、外バラ。
 たまにはワイルドなショートリブも悪く無い。
 もしくは骨つきカルビだな?



【牛肩ロース】食材
やや筋が多いが脂肪分が適度にある風味の良い部位。

【牛ヒレ】食材
きめの細かい柔らかな部位。

【牛リブロース】食材
きめ細かく、味わいのある部位。



 大体前はこんな感じのドロップ構成だった気がする。
 今回は大体がサーロイン、ヒレ、シャトーブリアンなのだ。
 やばい、これはサイゼに卸すよりも自分で食した方が良い。
 そんな気さえしてきた。

 むしろ、本懐である安価で提供できる肉が無いのだが?

 ウェストバイソンは群れるが、一体一体はミドルステップホースよりも弱い。
 ローヴォと誘導、そして撹乱。
 大きく動き回りながら一体ずつ確実に仕留めて行った。
 あの三人は?
 多分どこかのタイミングで轢かれていた様な気がする。
 覚えてない。



[テイムモンスター:ローヴォのレベルが上がりました]

【ローヴォ】ラッキーウルフ:Lv16
特殊能力:強運の瞳
装備:合わせ翅と翡翠の首輪



 俺のレベルは上がらんと言うのに。
 ローヴォ、貴様が経験値を吸っているんだぞ!
 ローヴォのモンスタークラスはなんだったかな?

 リトルウルフが10。
 グレイウルフが15。
 そしてラッキーウルフのレベルが16になったから。
 既に総計レベルで言えば俺と同じレベルじゃん?

 ……そうかわかった。
 もっとモンスターを狩れと、そう言う事だな?



[プレイヤーのレベルが上がりました]



プレイヤーネーム:ローレント
レベル:42
信用度:83
職業欄▽
[中級魔術師(無)]
[漁師]
[契約魔法師]

残存SP:3
ボーナスパラメーター▽
効果値:30
消費値:10
速度値:0
詠唱値:20
熟練値:28
見識値:20



 やってしまった、牛乱取り。
 自分でも良くやれたと思う。
 とりあえずローヴォは崖の上に逃がしておいた。
 色んな牛にちょっかい出して、走り回って逃げ回りながら一匹ずつ仕留めて行く。

 いやはや、スペル・インパクト。
 そんでもって六尺棒の攻撃力が遺憾なく発揮されたな。

 アクロバティック闘牛士の様に飛んで避けて。
 時には棒高跳びの様に飛んで避けて。
 六尺棒で殴りつけながら、片っ端からスペル・インパクトを喰らわせて行った。
 さて、まずはSPを3ポイント。
 切りよく熟練値に振りましょう。



残存SP:1
ボーナスパラメーター▽
効果値:30
消費値:10
速度値:0
詠唱値:20
熟練値:30
見識値:20



 そんでもって、スキルレベルもかなり上昇していると言う。



【魔闘】Lv5→6
【エナジーボール】Lv6→7
【スペル・インパクト(P)】Lv2→3
【マジックアンプ・ナート】Lv8→9→10
【マジックウェポン・ナート】Lv8→9→10
【アスポート】Lv10→11



 良い調子だ。
 ローヴォ、休ませてても経験値入ってるんだよな?
 ……一緒に戦っておけば良かったか。
 いやでも、ローヴォはひき殺される可能性が高い。

 とりあえず依頼されていた分の肉は大量に溜まった訳だし。
 さっそく戻って精算と行こうか。
 そして焼いてもらうのだ、肉を料理長に。




誤字の事がありますので、気を使う様にしますね。
さて、クリスマスがやって来ました。
メリークリスマス。

今回は二時間に一回更新です。
全十二話?
書き溜めは?

……ふふふ。
まあなんとかなるでしょう。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ