挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生者は魔法学者!? 作者:藤原 高彬

エピローグ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

368/368

最終話2 船出

エピローグ〔2/2〕
 新暦5年5月。

 6隻からなる船団が、ボルド北港から出航する。
 その旗艦は、竜骨は飛竜(ワイバーン)の骨を使い、船体は樹妖(ドライアド)製の筐体(きょうたい)防錆(ぼうせい)処理を(ほどこ)した神聖鉄(ヒヒイロカネ)合金の鉄板で(よろ)い。船底の倉庫のひとつはそれ自体が〔アイテムボックス〕となっている、最新鋭の戦艦(いくさぶね)でもある。
 大量の物資を積み込み、また野菜や果物のプランターなども用意され、ある程度までの自給自足が可能となっているこの船は、世界一周を目論(もくろ)んで建造された船であった。

 そう、ラザーランド船長との約束を果たす為の、船。

 船長はこの二年間、乗組員の育成と、船長自身が留守する間のドレイク王国の海運を任せる後継者の育成に力を注いだ。
 と同時に、この世界周回航海に於いて予想される様々な困難に対処する方法を勉強していた。
 勿論(もちろん)、「予想される困難」は大したことではないだろう。
 本当の困難は、「予想出来ない困難」だろうから。

 けれどだからこそ、思いつく限りの困難に対しては十全に準備をしておく必要があるのである。

 そして、この航海に乗組員の一人として参加する、紅一点。

 サリアであった。

◇◆◇ ◆◇◆

 それは、俺の結婚式の直後の話であった。

「え? ラザーランド船長の世界周回航海に同行したい?」
「うん」
「どうして?」
「あたしの中の、甘えを断ち切る為、かな?
 前世チートも、魔法も、全く通用しないような、そんな世界を旅してみたい。
 旅の仲間(ふなのり)以外に頼る人がいない環境で、何処までのことが出来るか試してみたい。

 西大陸を出てから今まで、あたしはアディに頼りっぱなしだった。何だかんだ言っても、アディがいなければ一歩も前に進めなかった。

 だけど、それじゃぁ駄目だよね。
 あたしがこの世界に()まれ(なお)した意味がない。

 だから、アディの(もと)を離れて、自分と仲間の力だけで(しばら)く旅をしてみたい」

 なまじ前世を持っていたが為に、覚悟無く流されていた、サリア。
 だけど、(つい)に。彼女は『こたえ』を見出(みいだ)した。

「そうか。なら、もう止められないな。
 けど、今のサリアじゃぁラザーランド船長他船乗りたちの足手(あしで)(まと)いだ。
 船乗りとしての修行を積んで、船長に充分な技術があると認められなければ、乗船は許可出来ないぞ」
「わかってる。これから必死で勉強する」
「それだけじゃぁ足りない。
 天測のやり方や、風の読み方。気象の知識と地形や緯度から予測出来る特殊な天候の知識。応急(ファースト)処置(・エイド)の方法。
 船乗りたちの経験則で学び得た知識だけじゃなく、俺が前世知識として持っている遠洋航海に使える知識も、サリアに叩き込む。

 あと、サリアも調教中の魔獣たちの引継ぎもあるだろう?」
「そっちはもう有翼騎士(メイド)さんたちにお願いしてあるわ。
 飛竜(ワイバーン)たちは連れて行くけど」
「……餌代が高くつきそうだな」
「自力で魚を取れるように、これから教育するわ」

◆◇◆ ◇◆◇

 その後すぐ、サリアはラザーランド船長の船に飛び乗り、西大陸に向かった。
 夏から秋は、東西大陸間外洋航路で外洋航海術を学び、ボルドに帰還後はすぐに『リリスの不思議な迷宮(ダンジョン)』を(くぐ)りビリィ塩湖経由で西大陸に渡り、冬から春は西大陸の沿岸航路で西大陸南部(赤道越え)の航海技術を学んだ。

 一方で俺の方も、天測航法や天文学、気象学、数学(代数・幾何をはじめとした、天測や測量に必要な知識)の教科書を作り、また緯度によって異なる偏西風・貿易風と、予想される地形に基づく海流の動きなどをの資料を(まと)めてサリアに渡した。
 その他光学(レンジ)視差式測距計(ファインダー)・六分儀などの道具を作り、更にはクロノメーターの代わりとして、入間氏の遺産であるスマホ(ワイヤレス給電対応機種だったので、船の上でも充電出来る設備をこの二年間で作った)と関数電卓もサリアに渡し、それらの使用に習熟することを要求した。

 そんな、並の船乗りでは実行不可能なハードな修練と並行しながら知識と技術を身に付け、ラザーランド船長から乗船許可を得るに至ったのである。

◇◆◇ ◆◇◆

「でもね、アディ。あたしが世界周回航海に出たい理由は、もう一つあるの」
「それは?」
「アディは、『世界を知りたい』って思っていたんでしょう? それが、アディの『はじまり』だったんでしょう?
 だけど、守る相手を見つけて、その人たちの為に国を興して、その結果。
 アディはもう、旅に出れなくなっちゃった。

 だから。あたしが世界を見て来るわ。
 アディの代わりに。
 この世界がどれだけ広いのか。
 この世界にどれだけの神秘があるのか。

 あたしがこの世界に()まれ(なお)した意味が何処にあるのか、それはまだわからないけど。
 旅路の果てにそれが見つかるかどうかもわからないけど。

 でも、探し続けるわ。
 アディの代わりに。あたし自身の為に」

「……サリアは、もう見つけているよ」
「え?」
「サリアが、この世界で生きている意味。それはもうサリア自身が見つけている。
 だから、サリアは躊躇(ためら)わずに前に進めるんだ」
「どういうこと?」
「『(うた)うも舞うも、(のり)の声』ってね」
「……なに? それ」
「仏教の、お経の一節だよ。
 『白隠(はくいん)禅師(ぜんじ)坐禅(ざぜん)和讃(わさん)』っていう、お経の一節。

 サリアは、自分の進む道を見つけたんだろう?
 なら、その道を歩めば良い。
 ただ自分に素直に。
 建前(たてまえ)虚栄(きょえい)(しがらみ)(まど)わされることなく。
 ただ、自分の『法の(うちなる)声』に従えば、謠うも舞うも、自由自在だ。

 『私が変われば、世界が変わる』と言うよ。
 なら逆に、自分が変わらなければ、転生しようが異世界に転移しようが、何も変わらないということだ。

 そして、()まれ()わる為に()(なお)したんなら。

 ちゃんと新しい『自分』を生き切れば良いんだ」
「そっか。
 有り難う。何よりの(はなむけ)だわ」

◇◆◇ ◆◇◆

 そして、サリアは笑顔一つ残して、船上の人となったのであった。

「行ってきます!」

☆★☆ ★☆★

 衆生本来仏なり 水と氷の如くにて
 水を離れて氷なく 衆生の他に仏なし
 衆生近きを知らずして 遠く求むるはかなさよ
 譬えば水の中に居て 渇を叫ぶが如くなり
 長者の家の子となりて 貧里に迷うに異ならず
 六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり
 闇路に闇路を踏みそえて いつか生死を離るべき
 夫れ魔訶衍の禅定は 称嘆するに余りあり
 布施や持戒の諸波羅蜜 念仏懺悔修行等
 その品多き諸善行 皆この中に帰するなり
 一座の功をなす人も 積みし無量の罪ほろぶ
 悪趣いずこに有りぬべき 浄土即ち遠からず
 辱なくもこの法を 一たび耳にふるる時
 讃嘆随喜する人は 福を得ること限りなし
 況んや自ら回向して 直に自性を証すれば
 自性即ち無性にて 既に戯論を離れたり
 因果一如の門ひらけ 無二無三の道直し
 無相の相を相として 行くも帰るも余所ならず
 無念の念を念として うたうも舞うも法の声
 三昧無礙の空ひろく 四智円明の月さえん
 此の時何をか求むべき 寂滅現前する故に
 当処即ち蓮華国 この身即ち仏なり

             ――白隠禅師坐禅和讃

★☆★ ☆★☆
(2,985文字:完結:2016/11/23初稿 2017/11/02投稿予約 2017/12/13 03:00掲載予定)
【注:「私が変われば、世界が変わる」は、河野太通老大師(臨済宗妙心寺派管長—2016年11月現在)のお言葉です】

《あとがき》
 この『転生者は魔法学者!?』は、筆者が初めて執筆した小説です。
 その始まりは、他の転生物・異世界物の小説に対するアンチでした。「そりゃぁちょっと変だろう?」という想いを、だったら自分が納得する形で小説にしてみたい。そう思って書き始めたものでした。
 そして、そういうきっかけで生まれた物語だった為、「テンプレ転生者」であるサリアの存在が、この物語の一つの鍵でした。

 当初は、ルシル王女と騎士シルヴィア、そして転生者サリアの三人がメインヒロインのハーレム物でした。
 しかしシルヴィアが、まず色恋より王女に対する忠誠心を優先しました。
 次いでサリアが、ヒロインからの脱落。第五章を書いているうちに、彼女をヒロインとすることに違和感を覚えたのです。エロゲのヒロインならそれでも良い。けど、『転生』というモチーフを描き切りたいのなら、安易に色恋に逃げるべきじゃない、と。

 だからこそ。彼女の旅立ちで、物語を終わらせることになりました。
 何故なら。実はサリアは、この物語のもう一人の主人公だったのですから。
 彼女の旅立ちを見送ることこそが、この物語の真の目的だったのですから。
 この後、ドレイク王国がどのような国として発展して行くか。
 サリアの旅が、どのような経過を辿るのか。
 それは全て、最早別の物語。
 この物語は、あらすじで示したとおり、アディが国を興し、その国が国際的に認知されたことで終わりになるのです。

 この小説は、ただ「自分が書きたいもの」を書いて、「小説家になろう」のサイトで公開する。それだけのモノでした。
 だから、仮に誰も読まなくても構わない。最後まで書き切り、そして最終話まで投稿し続けよう。そう思っておりました。
 「未完の名作は、完結した駄作に劣る」と言います。だから、完結まで書き続け、そして最終話まで投稿することを、一つの目標としていたのです。
 ところが、平成28年9月30日。本作品のレビューを書いてくださった方がいらっしゃり、その結果望外の大勢の読者様に恵まれることになりました。
 読んでくださった方全員が、「面白かった」と仰ってくれるのなら、それは一つの理想でしょう。けど、どんな名作でも100人いたら51人は「つまらない」と言うといいます。なら、読んで、そして「面白い」と思ってくださった方が一人でもいてくれる。それだけで、もう充分です。

 末筆になりましたが、最後まで読んでくださった方には、心より御礼申し上げます。
    平成28年11月23日  藤原 高彬 拝

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部分)
  • 6395 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 7328 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 6041 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。 彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。  そうして導き出された//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全176部分)
  • 6240 user
  • 最終掲載日:2018/02/07 00:59
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1391部分)
  • 6060 user
  • 最終掲載日:2018/02/22 00:00
再召喚された勇者は一般人として生きていく?

異世界へと召喚され世界を平和に導いた勇者「ソータ=コノエ」当時中学三年生。 だが魔王を討伐した瞬間彼は送還魔法をかけられ、何もわからず地球へと戻されてしまった//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全408部分)
  • 5601 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 11:00
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1649部分)
  • 6509 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 18:00
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 6625 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
Knight's & Magic

メカヲタ社会人が異世界に転生。 その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。 *お知らせ* ヒーロー文庫よ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全137部分)
  • 5812 user
  • 最終掲載日:2018/02/12 04:07
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻+EX巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全567部分)
  • 7654 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:00
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 6437 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
異世界のんびり農家

●KADOKAWA/エンターブレイン様より書籍化されました。  【一巻 2017/10/30 発売中】  【二巻 2018/03/05 発売予定】 ●コミッ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全380部分)
  • 6132 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 18:37
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全537部分)
  • 5706 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 23:34
ワールド・ティーチャー -異世界式教育エージェント-

世界最強のエージェントと呼ばれた男は、引退を機に後進を育てる教育者となった。 弟子を育て、六十を過ぎた頃、上の陰謀により受けた作戦によって命を落とすが、記憶を持//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全179部分)
  • 6028 user
  • 最終掲載日:2018/02/01 04:25
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全306部分)
  • 6915 user
  • 最終掲載日:2018/02/17 18:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 5866 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全217部分)
  • 6158 user
  • 最終掲載日:2018/02/16 18:34
異世界はスマートフォンとともに。

 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第二の人生をスタートさせる。彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマー//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全462部分)
  • 5691 user
  • 最終掲載日:2018/02/14 22:33
異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

35歳メタボのサラリーマンがある朝唐突に異世界に飛ばされた。 知識も無く、コミュニケーション能力も無く、特に体力的に自信が有るわけでも無い身でどうして良いのか全//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全791部分)
  • 5537 user
  • 最終掲載日:2017/12/03 23:03
二度目の人生を異世界で

唐突に現れた神様を名乗る幼女に告げられた一言。 「功刀 蓮弥さん、貴方はお亡くなりになりました!。」 これは、どうも前の人生はきっちり大往生したらしい主人公が、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全393部分)
  • 6316 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 12:00
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全405部分)
  • 7659 user
  • 最終掲載日:2018/02/19 23:00
転生貴族の異世界冒険録~自重を知らない神々の使徒~

通り魔から幼馴染の妹をかばうために刺され死んでしまった主人公、椎名和也はカイン・フォン・シルフォードという貴族の三男として剣と魔法の世界に転生した。自重の知らな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全143部分)
  • 5758 user
  • 最終掲載日:2018/02/18 08:00
私、能力は平均値でって言ったよね!

アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。  自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全266部分)
  • 5598 user
  • 最終掲載日:2018/02/20 00:00
黒の召喚士 ~戦闘狂の成り上がり~

 記憶を無くした主人公が召喚術を駆使し、成り上がっていく異世界転生物語。主人公は名前をケルヴィンと変えて転生し、コツコツとレベルを上げ、スキルを会得し配下を増や//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全508部分)
  • 5752 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 18:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全220部分)
  • 5555 user
  • 最終掲載日:2018/02/13 23:45
賢者の孫

 あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。  世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全127部分)
  • 6280 user
  • 最終掲載日:2018/02/03 03:49
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全215部分)
  • 5647 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 17:00
マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1800部分)
  • 5665 user
  • 最終掲載日:2018/02/21 12:00
↑ページトップへ