挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

月が隠れるとき

月、隠れる

作者:いちい千冬
わりと勢いで書いてしまったものです。
拙いのは承知しております。あと、設定が平べったいのも。
それでよければ暇つぶしにでもどうぞ。




 星のきれいな夜だった。

 このヒュイス王国特産のダイヤモンドをいっぱいに散りばめたような天空は、とっくに日は沈んだというのに白亜の王城をほの青く浮かび上がらせるほど明るい。
 月は空の主を星々に譲ったかのように、空の端に細く慎ましやかに控えている。
 三日月にかからんとする灰色の雲が少々気がかりではあるが、この様子なら後に用意されている花火は問題なく打ち上げられるだろう。
 外国の賓客も招待されている大規模な夜会である。
 最後を飾る花火まで、問題なく、滞りもなく終わればいいのだが。

 心の底からそう思い、フロスティは薄青のドレスの裾を翻した。
 が、下り階段に足をかける前に低い声が彼女を追いかけてくる。

「帰るのか」

 低い声。
 そこに混じる優しげな色にほっと息を吐き、気遣わしげな色に申し訳ない気持ちになる。

「帰りますわ」

 振り返らずに、フロスティは返した。

「両陛下に退出の許可はいただいております」
「宴は、まだこれからだろう」
「わたくしに、黙ってさらし者になれとおっしゃるのですか?」

 かすかに、息を飲む気配がした。
 その後ちっ、と聞こえたのはもしかして舌打ちだろうか。
 いや、大国クロムの王子ともあろうお方が、隣国でそんな無作法なことをしでかすわけがない。ない、と思いたい。
 もっともこの場には、他に誰もいないのだが。

「あれは、まだそんなバカげたことを企んでいたのか」
「はい」
 確かな筋からの情報だ。間違いない。

 今晩、フロスティはこの国の王太子であるジェンティアンから婚約を破棄される。
 それも夜会の最中、多くの招待客の前で。
 まるで、見せしめのように。

「国外からのお客様もいらっしゃる夜会です。そこで発表してしまえば、押し通せると思っておられるのでしょうね」

 フロスティ・レイズンとの婚約破棄。
 彼女に代わってローズ・マルベリー嬢との婚約宣言。

 正当化する理由として、フロスティの日ごろの素行の悪さと傍若無人ぶり、ローズ嬢とその家に行ったとされる嫌がらせの数々などを証拠付きで公表し、さらには父である宰相オーキッド・レイズンの目に余る専横ぶりを断罪する予定であるらしい。

 まるで身に覚えのないことばかりだ。
 ご苦労なことに王太子とローズ嬢、そしてその一派は、気に入らない親子を追い落とすために証拠のねつ造をそれは熱心に行っていたそうだ。
 そんなことをしなくても、未来の王太子妃などという息苦しい肩書きなど、お花とお菓子付きで彼女に譲って差し上げたというのに。
 もう、笑うしかない。

「それはまずいだろう」
「まずいですね」

 国外からの賓客も顔を揃える場での発表は確かに衝撃的で、なかったことにはできない。
 言い方を変えれば、取り返しがつかない。それが、彼らには分かっていない。
 レイズン家がヒュイス王国を陰に日向に支えてきたのは周知の事実だ。それをヒュイス王国の次期国王が見せしめのように一方的に断罪し切り捨てようとしているのだ。
 それをみて諸外国がどう出るか。国に忠誠を誓う臣下が何を思うか。何も考えなかったのだろうか。
 そんな危険な三文芝居の、しかも無理やり悪役に仕立て上げられると分かっていて、舞台に上がれるほど彼女はお人よしではない。
 だから彼女は「気分がすぐれない」と早々に広間を抜け出してきたのだ。

 華やかな夜会での余興にしては、あまりにまずい。
 せめて、フロスティがいないことで余興がなくなるか、穏便なものになればいいのだが。

「あなたは、それでいいのか」

 いつの間にか、背後にいたはずの王子が隣に並んでいた。
 転びそうに高いヒールを履いてなお、見上げる程に背が高い。
 この長身と、本人の持つ暗い髪色や黒い装い、切れ長の鋭い双眸が近寄りがたい印象を周囲に与えているのだが、本人は意外にも気さくでお人よしであることを彼女は知っている。
 悪役にされかけている自分を、気にかけずにはいられない程に。
 そんな彼の前だから、フロスティは自然に微笑むことができた。

「婚約者の地位については、未練などまったくありません」

 もともとレイズン家は、貴族ではなかった。
 商人で王宮に出入りしていたオーキッド・レイズンを、現国王フォーリッジが宰相補佐に抜擢したのだ。
さまざまな要因からがたがたにぐらついていた国を見事に根幹から立て直したオーキッドは、ほどなく宰相へと昇進し、国王の代理人と呼ばれ、娘を王太子の婚約者に据えるほどの権勢をふるっている。

 ただし、平民出の商人の大出世を快く思わない者たちもいる。
残念ながらその筆頭がジェンティアン王子であり、事あるごとに反発し彼ら親子を「成り上がり」と蔑んだ。

 フロスティも、いちおう頑張ったのだ。
 これだから平民は、と言われないよう行儀作法を必死に叩き込み、貴族としての社交術を学び、王家の歴史やしきたりも覚えた。
勉強は決して嫌いではない彼女だが、それがあの王子の嫁になるためかと思うとなかなかやる気が起きず、それがいちばん苦労した。どうにか講師の先生方には太鼓判を頂くことができたが。
 今回の茶番劇を仕立てるにあたり、王子側が罪をねつ造でもしなければ見つからない程度には、完璧な淑女を演じていたと思う。

 だが、あの王子のために悪役まで演じる義理はない。
 そのあたりは、父である宰相にも了承を得ていた。
 先程も「あとは任せろ」と実に頼もしいような、そら恐ろしいような笑みを返されたところだ。


清々しいとも形容できそうなフロスティの笑みを見て、隣国の王子はくつり、と楽しげに喉をならした。楽しげに、それは嬉しそうに。

「フロスティ嬢、いやフロル。我が国に来ないか? 何かあれば、クロムがあなた方を守ろう。あなたも、何なら王宮にいつまで滞在していただいて構わない」
「殿下のお心遣い、感謝いたしますが」

 近々このヒュイス王国から出て行かねばならないことは、ほとんど確実だ。
 この申し出は、渡りに船。だが、この王子に迷惑をかけることはしたくない。

「迷惑ではないよ」

 彼女の心を見透かしたかのように、彼は言う。

「むしろ、うちの父のほうが乗り気なくらいだ。ヒュイス一国を立て直してしまったほどの手腕を持つ大商人オーキッド・レイズンと繋がりを持ちたくて仕方ないんだから。しかもその愛娘は聡明で、貴族令嬢よりも貴族令嬢らしいと評判だ」
「あの、それはいくらなんでも大げさ……」
「少なくとも、あのローズ嬢よりはあなたのほうが何倍も淑女らしい」
「………」

 それは、否定できないのが少し残念だ。
 ローズ・マルベリーは、フロスティにはない華やかさがある。美しさと愛らしさをバランスよく混ぜ合わせたような容姿と、そこにいるだけで場がぱっと明るくなるような雰囲気は、周囲を惹きつけてやまない。
が、なんというか、非常に子供っぽいお方でもある。
 無作法を無邪気と勘違いしているようなところがあり、不用意な発言も、行動も目立つ。
 たしか同じ年齢だったと思うのだが、フロスティがやれば眉をひそめきつく叱られそうな振る舞いも周囲から苦笑のみで許されているのを見ると、なんだか釈然としないものを感じてしまう。

「それでも、ジェンティアン王子はあのご令嬢がよろしいようですから」

 この国の行く末が心配ではあるが、少しほっとしてもいるのだ。
 あのまま自分が王子と結婚していたとしても、絶対にうまくいかなかっただろうから。



 背にした王城の奥から、何やら異様なざわめきが聞こえてきた。
 どうやら、始まってしまったらしい。

 小さなため息をひとつ落とし、フロスティは傍らの隣国王子を見上げる。

「殿下、どうかもうお戻り下さい」

 今夜は、彼も隣国からの賓客として招待されている。
 一時の休憩ならばともかく、あまり長く会場を離れるのはよろしくない。
 王子でありながら、彼が華やかな社交場を苦手としていることは知っている。広間の喧騒とは離れた場所にいたからこそ、出ていく彼女に気が付いたのだろう。
 しかし今となっては、彼女と話していること自体が彼の名誉を傷つけることにもなりかねない。

「フロル」

 のばされた手を避けるように、フロスティは階段へと靴先を進める。
 階段下には、すでに家の馬車が待機しているはずだ。

「殿下、わたくしのような者にも気を留めて下さり、ありがとうございました」
「フロル」

 思わず振り返れば、クロムの王子は肩をすくめるように腕を組み、苦笑を浮かべている。
 引き留めることは諦めたようだ。

「あなたにはなんの落ち度もない。あなたはあなたのまま、胸をはっていればいいんだ」


 そんなこと、初めて言われたかもしれない。
 驚いて目を見開いたフロスティは、しかしやがてはにかみ、ドレスの裾をつまむことで略式の礼をとった。

「……ありがとうございます」

 そんな簡単な仕草でさえ洗練されて見えるのが彼女だ。
 たとえ貴族でも王族でも、生まれて最初からそれらしい振る舞いができるわけではない。
 それは、彼女の努力の証。
 そして彼女の武器となるものだ。



「あなただから、気になってしょうがないんだ」

 そんな呟きは、かつんかつんと靴を鳴らしながら階段を下りていく令嬢に、彼の切なげな呟きは聞こえない。
 靴音がより軽快に感じられるのは、そうであって欲しいと願うからだろうか。

 王子は、普段は決して見せることのない穏やかな笑みをすっと消した。
 そして、三文芝居が繰り広げられているだろう広間へと踵を返す。
 隣国の王子として事の顛末を見届け、本国へ伝えるために。



☆  ☆   ☆   ☆   ☆



「お集まりの皆様に、わたくしジェンティアンからお話ししたき事がございます!」

 台本を読み上げる役者のごとく声を張り上げた自国の王太子。
 そしてその傍らに寄り添う令嬢を見て、ある者はため息をつき、ある者は期待に胸を膨らませた。

「皆様を証人とし、いまこの時をもって、わたくしはフロスティ・レイズンとの婚約を破棄し、このローズ・マルベリー嬢との婚約を新たに宣言いたします」

 会場がざわりと揺れた。
 その驚き具合が悦に入ったのか、笑みすら浮かべて彼は朗々と続ける。

「かねてより宰相オーキッド・レイズンの専横ぶりは目に余るものがあった! わが父である国王陛下の威光をかさに着て、政を私物化するその強欲ぶり。その上歴史ある貴族家や陛下すら軽んじる態度。許されるものではない!」

 ごく一部から、おお、と同意を示す声があがった。
 ほとんどの人々は静観し、あるいはただ呆れて、次になにを言い出すのかと見守っている。

 その後ジェンティアン王子が声高に叫んだのは、やはりというべきか勘違いも甚だしい、反宰相派によるあまりに偏った主張の数々だった。
 そもそも、オーキッドがあれこれと手と口を挟んだのは、国王がそれを良しとしたからだ。
 必要と判断し少々強引に改革を進めたこともあったが、王子の周囲に侍る貴族たちのように自分の為に好き勝手に権力を行使したり、不当に私服を肥やしたり、国庫に私的な理由で手をつけたりはしていない。

 宰相だけならばまだいい。
 予想していたとはいえ、そこに宰相の娘であるフロスティ嬢への非難が混じった時点で、彼の頭の血管が何本かまとめてぶちっと切れた。

 婚約者の交代劇を正当化したいのだろう。本人がいないのを都合よく解釈し、いかに彼女が王太子妃に相応しくない悪女であったかを披露する。
 もちろん、根も葉もない嘘だ。
反宰相派の貴族たちがねつ造した証拠とやらに、ろくな確認もせずジェンティアンが飛びついたのだ。

 オーキッドは、それらの罪状全てをきっちり確固たる証拠つきで否定し、とくに娘のそれに関しては完膚なきまでに叩き潰した。
 夢見がちなローズ嬢が何か言ったのだろうか。フロスティはなぜか王太子と王太子妃地位の両方に執着していたことになっていた。ちなみに婚約の打診は、国王側からあったものである。
百歩、いや万歩譲ってフロスティ嬢が彼を好いていたとしても、あれだけひどい態度をとられ続ければ百年の恋も冷めるというのに。
 父親としても、理由はどうであれ娘と婚約しておきながら他の女を侍らせるような男など、こちらから願い下げである。

 自分と娘の潔白を十二分に証明したオーキッド・レイズンは、しかしその直後に自分から引退を願い出た。
「この混乱はわたしの責だ」と神妙な顔つきをしてみせるが、実は彼、さっさと宰相位など返上して一介の商人に戻る気満々だったのだ。

オーキッドは、財産を築くことよりも商売そのものが好きだ。
もとの家業に関しては信頼の置ける部下に任せていたのだが、ほんとうは自分が海を越え各国を飛び回りたくて仕方がない。
 それを、ヒュイス国王フォーリッジがどうにか引き留めているような状況だったのだ。
 今回の騒動、腹立たしいには違いないが、渡りに船でもあった。
 国王は苦い顔をして、それでも諦めたようにこの申し出を受け入れた。


 オーキッド・レイズンはいっそ清々しい顔つきで広間から出ていった。
 大国クロムの王子が、唖然とするジェンティアン王子らに冷ややかな一瞥を投げつけて退出したのを皮切りに、国外の賓客を中心に広間からひとり、またひとりと減っていく。

 そしてそれは夜会に限ったことではなかった。
 遊学に訪れていた国外の有力貴族や王族たちがヒュイス王国から出ていく。そもそも彼らはオーキッドの政策を学びにきていたのだ。
まるで泥船から逃げだそうとするかのような速やかさだったという。



 この日、最後に予定されていた花火は上がらなかった。
 夜空に雲が広がり天候を危ぶんだため、というのが表向きの理由だったが、雲は星々を隠すまでは至らず、空の端で密やかに輝いていた月を覆い隠したのみ。
 実際は、妙に白けた空気の漂う閑散とした広間の様子を見て、国王フォーリッジが止めさせたのだった。

 もはや、遅い。
 そう呟いて。




ありがとうございました^^

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ