挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
ブックマークする場合はログインしてください。

千の手段 ~アルバイト体験談~

作者:erudo
自分は今まで、二度アルバイトしたことがある。
一度目は大学1年生の時にある焼肉店でキッチンのアルバイトをやっていた。
二度目は大学3年生の時にあるコンビニエンスストアで働いていた。

ここでは、自分のアルバイト経験を書きました。
何の為に働く、何を基準にしてバイト先を選ぶか、どう働き、どういう手段で覚え、慣れて行ったのかを
描きます。バイトを選ぶ際に参考になればと思います。
 ※話の順序、バラバラになってしまうのですいません。
第一章:焼き肉店のアルバイト
焼き肉店(一度目のアルバイト)、そして初バイト面接の不採用体験談
2017/06/09 17:47
第二章:アルバイト採用になるまで
3年生になる前のアルバイトの面接
2017/06/12 22:12
履歴書の書き方
2017/06/12 22:14
相手が求めている人材
2017/06/12 22:14
採用
2017/06/23 00:00
第三章:コンビニエンスストアのアルバイト
体験、研修 ~知識を積む~
2017/06/23 00:27
失敗談:収納代行
2017/06/19 16:00
失敗談:予約商品引き換え
2017/06/23 01:06
微妙な失敗談?:釣り銭
2017/06/19 16:04
失敗談:くじ商品の場所
2017/06/19 16:06
ケーキ・チキンなどの予約商品の引渡し
2017/06/19 18:57
年賀状騒動・辞めるきっかけ
2017/06/19 15:56
アルバイトの辞め方・辞める理由
2017/06/20 00:58
バイト先に限らず職場に必要なこと
2017/06/19 16:11
アルバイト、そして会社の責任。
2017/06/20 00:57
最後の夕方勤務
2017/06/23 01:13
第四章:新たなバイト
今後のこと
2017/07/23 02:02
二度目のコンビニエンスストアのアルバイトで採用
2017/08/13 14:53
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ