挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
第三王子のお守り騎士団 作者:しろっくま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/11

11話

「ごめんなさーーーーいっ!」

 はて? 条件反射で謝っちゃったけど、私何か悪いことしたか?
 むむむ、と首を捻っていると、ガシッと腕を掴まれてギュッと抱きしめられた。
 ぎゅむぎゅむしてくるので、終いには息が苦しくなってくる。バタバタと抵抗してるうちにやっと拘束が外れ、大きく深呼吸した。
 私を殺す気かいなっ!

「どれだけ探したと思ってるんだ、しかもあの手紙は何だ。意味わからんぞ」

 手紙……ああ、ニコラスに渡してっていったやつかぁ。何か悲劇のヒロインっぽくしちゃったんだよねぇ。

 私が引き起こした騒動の責任を取って一人で身を隠すつもりです、探さないで下さい。私は団長に出会うべきではなかったのです。さようなら……とか何とか書いちゃてたなぁ。

 若干遠い目をしながら、そのまま視線を団長に移すと、何とも切ない顔をしている。

 ホントごめんなさい、迷惑かけるつもりもなかったから、スリに遭って帰れなくなったのも不可効力だし。

「お前が消えてから、泣き顔が俺の頭から離れないんだ。全く仕事が手に付かないし、どうしてくれるんだ。サーラ殿に尋ねても行方不明でテイラード家はそれどころではない、と追い返されるし、責任とれだのと食ってかかられるしで」

 テイラード家のことやら、私を取り巻く環境やらをひと通り説明をした後に、団長は後ろに控えている二人に指示だしを始める。この制服は第六のじゃなく近衛の制服だよね、今は王子としてここに来てるのか。一人は王宮関係者とテイラード家に、一人は各地方騎士団長とスレイ君宛に、それぞれ私が見つかったとの連絡を入れるように、と。
 私ひとり捜し出すのにそこまで手を回したの? ほぼ国のトップ連中じゃないか。小娘ひとりにあり得ないし。もしかして私ってちょっとした全国指名手配犯みたい……

「ああ、それからもう一つ」と言って、私の唇に無茶苦茶濃ーーいキスを落としといて、次には爆弾発言を皆さんの前で披露した。

「俺、ニコル・テイラード嬢と結婚することにしようと思うから、父上と母上に併せて報告入れてくれ」

 ほお、団長が結婚ねぇ……って? ニコル? 私か?

「ぎょえーーーーーーっ!」
「何だ、その悲鳴は。俺が相手だと不満か? たかが貴族や諸外国相手のパーティーが増える程度でさほど今と変わらないと思うぞ?」

 話しの展開ゴーイン過ぎだろがっ!
 私の結婚相手は、というよりまず初めにお付き合いする人は、お母様のゴーサインがないと無理だったはずだからっ!
 慌てて伝えたら、ニヤリと黒い笑いを浮かべて「ミレーユ様にはお前を見つけるのが条件で既に許可いただいている」だと。

 ヒュルルル〜。心の中を風が通り抜けていく。 
 ……お母様、私を団長に売ったわね。

 このオレ様男と私が結婚? 無理無理ムリムリ。
 あの一週間でそんなにイジメられっ子体質になってないし……でも、ちょっとはカッコいいとか素敵だとか思ってドキドキしたけど。
 正直言うとかなりラブポイント上がってたけど……

 嬉しいやら困ったやら恥ずかしいやらで、自分の感情がせめぎ合い、顔のパーツがいろんな形に変化していたようだ。

「おい、お前のその顔、少し落ち着かせろ、吹き出しそうになる。で、返事は?」

 厳しい口調で問われたので、思わず直立不動体勢のまま「よろしくお願いします」と言ってしまった。途端に向こうは笑顔になって、もう一度私を抱きしめ、優しいキスをひとつくれた。団長の笑顔は反則です、拒否できるワケないでしょうが。

「あのー……お取り込みの最中、申し訳ないんだけど……」

 ハッと気がついた。ここって診療所の真ん前だった……
 周りを見ると、老若男女、いろんな人たちが生暖かい目で見守ってくれている。
 ヤバい、二人だけの世界に居過ぎたみたい。

 顔を隠しながら公開キスシーンになったことをブツブツと団長に愚痴ったら「そのまま妊娠するワケでもないだろが」と呆れられてしまった。

 それを聞いたロレーヌさんとミラーさん、果ては、診療所前の皆さんまで腹を抱えて悶えまくる。実は、ロレーヌさんが面白がって、私の例の失敗談を来る人来る人にバラしまくってたらしいのだ。

「そうですよね、たかがキスくらいで妊娠なんかしませんよねっ!」

 と捨て台詞を吐いて、診療所に引っ込んだわよ。もうっ、私の気も知らないでーーっ!

 午前の診療を終えて王都へ戻る準備をした。

 ここにお世話になった時はほぼ身包み剥がされた状態だったので、持ち物なんてほとんどない。代わりに、ロレーヌさんや診療所に来る人たちからのお土産で、荷物が溢れるくらいになった。

「また少し落ち着いたら、こちらに伺います。いろいろお世話になりました」
「道中気をつけてね。身包み剥がされないように」
「ふふふ、最強の護衛が付いてるので安心ですよ」

 簡単な挨拶を済ませ、馬首を王都に向け、帰路についた。


 ******


 サーラが屋敷から駆けてくる。私も馬を降りてサーラに抱きついた。迷惑かけたことを謝り、出迎えてくれた家族にも謝罪した。
 団長もウチの家族に簡単な挨拶をして、正式な結婚申し込みにくる旨を話し合っていたようだ。

「さて、ニコル・テイラード嬢」

 と改めて言われ、何事かと小首を傾げて団長に向かう。伝えられた内容は何とも苦笑いするようなことだった。

「君がニコラスとして勤務している時に、団長命令をひとつ無視していることを知っているか? 最終日にニコル・テイラードとして第六騎士団に出向くよう、伝えていたはずだ。明日で構わないので、命令を遂行するように」

 と言い残して去って行ってしまった。
 呆然と団長を見送るのが精一杯、旅の疲れもあったのだが、明日の団長の無茶振りが何になるのか、想像しただけで背筋に寒気が走って、今晩はうまく眠れそうにない。

 広間に降りていくと、お母様がソファで寛いでいるのを見かける。たくさん話したかったが、それは別日にしなさい、と諭されてしまった。少し躊躇って、実はうまく眠れない、と相談してみた。

 お母様はくすりと笑って、ゆっくりと私にこう言った。

「ニコル、隠していたけど、私は本当に魔法使いなのよ。明日はあなたにぴったりの新しい仕事が待ってるはずよ。さあ、これを飲んでぐっすり眠りなさい」

 不思議な香りのするお茶を差し出され、その後すぐに眠くなった。やっぱりお母様は魔法使いなのかしら、と考えながら……

 次の日の朝、スッキリした目覚めだった。
 お母様の魔法が効いているみたい。食堂にいくと、ニコラスは、第六騎士団の制服ではなく、近衛の制服を身につけていた。
 不思議に思って問うと、私が行方不明になって少ししたら近衛に戻されたらしい。実質一週間も仕事してない、とのことだった。
 イザドラ王女に関しては、団長が裏から手を回したようで、特に問題になることは起きていないらしい。
 よかったね、ニコラス。あなたにはやっぱり近衛のお仕事が向いてるみたいだもんね。

 さて、私は第六騎士団へ向かうとしますか。
 執務室に着いてびっくりした。汚い……せっかく私があれだけ綺麗にしてたのに。
 もうっ、と膨れながら書類を片付け始めると、団長が顔を出して挨拶してくれた。
 不満を漏らすと、スレイが汚したからあいつにやらせて構わない、と言われた。後で言っとこ。

「ところで、今日の要件なんだが……」

 と椅子に座ると机に肘をつき、両手を顔の前で組みながら話し始める。もしかしてこれって団長が照れてる時の仕草かな? 顔がはっきり見えないのに、声だけ通るからね。
 何だか可愛いとこもあるじゃん。
 にこにこ笑って話しを聞いていると妙な提案をされてしまった。

「今日から第六騎士団とは別の私設団を作ろうかと思ってね。団長は相変わらず俺なんだが、団員はお前だけだ。どうだ? これだとお前も働けるだろ、永久就職になるがな?」

 ああ、団長ってば、私が働けずに悔しがってたことを理解してくれてたんだ。嬉しくって、両手をギュッと握って何度も首を縦に振った。
 自然とお互い笑みがこぼれる。
 何てことだろう、やっぱりお母様ってば、魔法使いだわ。昨夜のうちに私の仕事当てちゃってたし。

「ああ、ひとつだけ団の規約があってな、守れるか?」
「何ですか? ひとつだけだったら絶対に平気です」
「そうか」

 団長はニヤリと相変わらず腹黒そうな顔で私に微笑み、こう言い渡した。

「俺の私設団は名前呼びが鉄則だ。俺の名前は『ジェイク』言ってみろ、ニコル」

 ひぃーーーーっ。
 そんな最初っから名前呼びなんて無理じゃんかーっ。
 ぐぬぬ……と言い渋って、何度か息継ぎを繰り返して絞り出すように言葉にした。

「ジェ……イ……クぅ……」
「んー、よく聞こえないんだが?」
「ジェイクっ!」

 カタン、と椅子から立ち上がり、ジェイクが私に向かって両手を広げた。

「ようこそ、本当の『第三王子のお守り騎士団』へ。これから専属で俺のお守りをよろしくな、ニコル?」




『第三王子のお守り騎士団』 完
このお話しはこれでおしまいです。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。
もし暇つぶしに、とお考えの方居ましたら、今朝アげたお話しにもお付き合いいただければ嬉しいです。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 66 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

婚約破棄を言い渡され、国外追放されるはずだったティアラローズ。 「ここって、私がプレイしていた乙女ゲームだ!」そう思い出したのは、物語エンディングの前日だった―//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全71部分)
  • 64 user
  • 最終掲載日:2017/11/14 19:00
マリエル・クララックの婚約

地味でもてない目立たない、冴えない社交界の壁の花。そんなマリエルにも縁談がやってきた。婚約者はなんと、今をときめく近衛騎士のシメオン様! なぜあの方が、あんな娘//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全5部分)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2017/08/26 03:47
狼侯爵と愛の霊薬

学院を7年も留年した伯爵令嬢ロザリンドは『ものぐさ姫』と呼ばれていた。独身を貫き薬学研究に人生を捧げたい!と思っていた彼女の元へ、10年帰っていない実家から、極//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全57部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:53
臆病な伯爵令嬢は揉め事を望まない

私、アメリアは侯爵令嬢・ソフィー様を尊敬し、憧れているだけの地味な取り巻きに過ぎなかった。 だけど、ソフィー様と一緒に彼女の婚約者である王太子殿下と男爵令嬢の密//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全33部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 00:00
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

**コミカライズ、スタートしました** 生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全77部分)
  • 59 user
  • 最終掲載日:2017/11/15 23:53
ドラゴンと王子の結婚生活

浮気されて婚約破棄、さらには体がドラゴンになり捕まってしまった子爵令嬢のニナ。 そんな、どん底のニナを妻にして助けてくれたのは第二王子だった。 外見はいかついが//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全33部分)
  • 60 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 23:05
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 61 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
31番目のお妃様

ダナン国マクロン王のお妃選びが開始された。 31人のお妃候補が王城に集う。 1日は1番目のお妃様、 2日は2番目のお妃様、 3日は3番目のお妃様、 …… 31//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全42部分)
  • 58 user
  • 最終掲載日:2017/07/24 09:55
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 63 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
悪役令嬢の取り巻きやめようと思います

気付いたら、悪役令嬢の、取り巻きBでした! あれ?これって娘が前にやってたゲームの中の世界じゃない?! 突然、前世の記憶を取り戻した伯爵令嬢コゼットは自分の太ま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全175部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2017/11/08 07:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全111部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2017/11/06 00:00
悪役令嬢って何をすれば良いんだっけ?

私、カーディナル ブラウローズは転生者だ。 って言うか、たぶん悪役令嬢転生者だ‼ ひょんな事から、転生前の記憶が戻ってしまた。 転生前の私、ライトノベルにドはま//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全48部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2016/06/10 18:56
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2017/11/16 22:19
モブ令嬢は攻略対象の婚約者

わたくしはどうやら乙女ゲームの世界に転生してしまったようなのです。それも乙女ゲームのモブ。名前も容姿も何も出てこないクリストファー様の婚約者というだけのモブ。モ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2016/05/08 21:00
第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視でき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全54部分)
  • 60 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 12:00
彼女が恋に落ちるまで

三年待ち続けた婚約者に裏切られたミアは、その直後に赤ん坊を庇って命を落とす。そしてその三年後、救った赤ん坊の妹として、生まれ変わるのだった。元婚約者も身近にいる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全7部分)
  • 58 user
  • 最終掲載日:2017/02/17 01:00
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 68 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 66 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全65部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2017/10/30 04:00
幼馴染みで悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

「俺はあんな女、好きじゃない。むしろ嫌いだ。大嫌いだ」――――大好きな幼馴染・レイスのそんな発言を偶々聞いてしまったスーリアの初恋は、木端微塵に砕け散った。泣き//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 64 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 21:13
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 58 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全52部分)
  • 74 user
  • 最終掲載日:2017/11/17 21:00
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 67 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
借り暮らしのご令嬢

アニエス・レーヴェルジュは美しく、気位の高い伯爵令嬢である。 社交界の麗しの薔薇と呼ばれた彼女は、高嶺の花であった。 一方で、騎士である貧乏貴族のベルナールは//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全79部分)
  • 60 user
  • 最終掲載日:2016/09/30 17:00
伯爵令嬢の婚約状況

わたしには親の決めた婚約者がいる。公爵家の嫡男であるその婚約者は、非常に女性に人気があるらしい。そしてわたしは社交界デビュー早々、彼に愛人候補がいるということを//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 62 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 23:00
悪役は恋しちゃダメですか?(連載版)

乙女ゲームの世界の悪役令嬢ミレーヌの前世は、日本の女子高生だった。幼い時には悪ガキで、今はイケメンキラキラ王子のレンドール17歳と、記憶を取り戻して改めて王子に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 07:53
大公妃候補だけど、堅実に行こうと思います

テレーゼ・リトハルトは、名前ばかり立派な貧乏侯爵家の長女。実家を立て直し、領地を整備し、弟妹達のためにお金を稼ぐ毎日を送る彼女のもとに、アクラウド公国大公の使い//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全38部分)
  • 70 user
  • 最終掲載日:2016/12/05 19:00
↑ページトップへ