挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
第三王子のお守り騎士団 作者:しろっくま
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/11

1話

  ん〜、まっぶしい〜。少し寝過ぎたかなぁ。
 昨夜はニコラスが無謀なこと頼んでくるんだもの……

『姉上、あと二日の休暇が終わったら、私の代わりに第六騎士団に行ってもらえませんか? 私の人生がかかってるんですっ!』

 あのバカ、ホント考えなしなんだら。
 いくら顔や背格好が似てるからってねぇ、しょせん男と女、入れ替わりなんてできるワケがない。

 ベッドで大きく伸びをして呼び鈴でサーラをよぶ。
「ニコラス様、お呼びでしょうか?」
「サーラ、何言ってるの? 私はニコラスじゃないわ、ニコルよ?」
「いいえ、あなた様は本日よりニコラス様になるはず……いえ、既にニコラス様です」
「へ? サーラ、あんた何言っちゃってんの?私が男になる訳が……」

 言いかけてハッと思い出した。
 昨夜のニコラスの話しにお母様が悪ノリして……

 お母様が言った悪魔の言葉を自分の中で反芻する。

『ニコル、隠していたけど、私は魔法使いなの。目覚めたらあなたはニコラスに変わっているから。さあ、このお薬をゆっくりと飲み干しなさい。おやすみ、ニコル』

 いやいや、まさかシンデレラの魔法使いじゃあるまいし、いきなり別人になる、何てこと、ある訳ない……と思い、た、いが……

 慌てて自分の夜着の中を覗き込む。
 胸は……

「ないーーーーっ!」

 ペタンコだ。ヒクヒクしながらサーラを見る。彼女も神妙な顔をして無言のままコクリと頷く。
 も、もしかして、下にはあの、男性特有のブツがついてるのか?
 私についてるのか?

 大事なとこなんで、二回繰り返します。

 私は恐る恐る夜着を更に大きく開けて奥を覗き込んだ。

「ないーーーーっ!」

 ん? あれ? 男って、確か付いてるよね? 下にぷらぷらしてるヤツ。
 理解できなくて、サーラに聞いた。

「サーラ、下にあるべきモノがない。何で?」
「あったり前でしょ、ニコル様に、あ、今はニコラス様でしたっけ、そんなモンが付いてたら、このサーラが卒倒しますよ、お嫁に行けないじゃないですか」

 ん? んんん? 訳わからん。
 夜着を摘んだまま、首だけサーラに向けて不思議顔をすれば、呆れたように返してくれた。

「ニコル様、いえ、ニコラス様……あー面倒臭い、この屋敷に居る時は普通にニコル様に戻しときますね。ニコルお嬢様の胸がペタンコなのはいつものことですから、今更びっくりされても困ります。ついでに、下にないのも、あの薬はただの美容の飲み薬ですから、そんなんで性転換するわけないでしょ?」

 あ、そうだったんだ。なら安心だね。よかったよかった……

「って、良くないーーーーっ」

 騙されたんだ。
 全くお母様ってば何考えてアホなこと言ったかなぁ。私を身がわりに騎士団に送り込んで、得することなんて一つもないでしょうが。
 とにかく、お母様には文句の一つも言っておかなければ気が済まないわ。
 手早く身支度を整え、足早に家族がいる食堂へと向かった。

 バンッ!
 勢いよく食堂に続く扉を開いた。

「なぁに? ニコラス、家の扉が壊れちゃうじゃない。まあ、男の子だったらそのくらい元気な方が……」
「お母様! 私はニコラスじゃありませんっ。ちなみに性転換もしてませんから。サーラから聞きました、あれは美容の飲み薬だって」
「えーっ、バレちゃったのー? ざーんねん。ニコルは何でも信じちゃうから本気にしたかと思ってたのにぃ」

 飲みかけの紅茶をテーブルに置き、クスクスと笑いながら私のところまでやってきた。
 じっくりと顔を眺められ、少しタジタジとしてしまう頃、ため息をつきながら呟かれた。

「あんたも男の子だったらよかったのに。剣術だって算術だってニコルの方が断然できたもの。ちょうど移動でニコラスの知り合いもほとんど会わないし、しかも配属先があの『第三王子のお守り騎士団』でしょ? 外の世界を見て来る程度の感覚で紛れこんでみれば?」
「お母様、何言ってるの? ニコラスの職場ですよ? 他人が、しかも女性が紛れて働くなんて、上司や周りを騙すことになるんですからね。バレたら処罰されるのは必至、このテイラード家がお取り潰しも当たり前になるんです!」

 再びため息をついたお母様は、私の肩に手をかけて悪魔のごとく言葉を重ねる。

「バレれば大変ってことは、ニコラスが戻るまでバレなきゃいいわけでしょ? ほんの少しの期間の入れ替わり、しかも、普段のニコラスを知らない人たちの職場なんだから、ほぼバレずに終わるわよ」

 甘い誘惑が気持ちを刺激する。

 ニコラスが初めて騎士団の制服に袖を通した時のことを思い出した。誇らしげに私にその制服をみせ、皆に祝福されながら初出勤して行ったあの姿。
 燦然と輝く徽章を羨ましく思わない訳がなかった。私も男の子だったらその制服に身を包み、馬に乗って颯爽と駆け回るのに、と。

 あの時諦めていた夢が今、目の前にぶら下がっているのだ。
 ゴクリと喉を鳴らし、揺れる気持ちに軽く胸を抑える。
 自分の中で囁く悪魔の言葉と天使の言葉、それらはどちらに軍配をあげるのか。

 ああ、ダメだ。私の心は既に決まってしまったようだ。この甘い蜜のような誘惑に誰が勝てようか?

「……わかりました。一週間だけですからね。それ以上は私の良心が許しませんから」

 その瞬間、お母様の顔がしてやったり、という顔に変わっていたようだ。私はお母様から視線を外していたので判らなかったのだが、サーラからはバッチリ見えていたらしい。後から聞いた時は自分の頭を掻き毟りたくなった。その顔を見ていたならば、こんなバカな誘惑には負けなかったのに……

 それからというもの、お互いに目配せし合い、いそいそと何かの準備に取り掛かり始める。
 何をしてるのかと覗きこんだら、第六騎士団とその他の騎士団の情報がざっくりと書き込まれた書類だった。

「ニコル、あなたもしっかりとこの内容を頭に叩き込みなさい。これから一週間、この人たちと一緒に過ごすのです。勤務内容は街の見回りと執務室での書類整理なのね。拘束時間もそんなに長い訳ではなさそうだし……夜勤もない。これで一週間ならチョロいモンですって」

 ……どう考えても私よりも楽しんでるよね?
 とりあえず手渡された書類に目を通した。

 ふぅん、巡回は二人一組なのね。話しが合う人なら意外に平気かも。
 問題は執務室だよね。何てったって、王子を騙すワケだからさ。あ、でも考えようでは、大人しく与えられた仕事を淡々とこなせば大丈夫かな。

 第六騎士団ってのは基本、大事なことは何も任されないって噂のお飾り団だったはず。
 第三王子の仕事場所を確保するための便宜上の騎士団だ。
 最低限の仕事をしておけば、怠けてるだの、真剣にだのは言われないと思う気がする。

「サーラ、お母様、私何とか誤魔化してやっていけそうですわ。たった一週間ですもの、見事にニコラスに成り切って見せますっ!」
「きゃーっ、ニコルちゃんってば男前よー。後は言葉遣いと髪の毛をどうにかしないとね。それから、制服もちょっとは手直ししないと。さすがにニコラスと同じ体型ってワケにいかないしね」

 え……髪の毛は切りたくないなぁ、結構気に入ってるんだけど、このサラサラストレート。
 私は髪を一房摘んでチラッとサーラをみた。
 サーラはすかさず後ろ手に回した手を前でかざして見せ、自慢気に語り出した。

「ニコル様、サーラ渾身のオーダーウイッグです。今の髪をキッチリ縛って中に入れ込めば、ハイこの通り。見事にニコラス様ヘアーに早変わりです」

 心なしか鼻の穴が膨らみ気味に話すのも自信の表れなんだろな。勢いに気圧されつつ、顔を引きつらせながらコクコクと頷いた。

 二人とも、頑張るところはそこじゃないから……
 私はその場で今日何度目かのため息を吐き出した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ