挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
三兄弟の事件簿~この恋はミステリー~ 作者:愛田美月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

43/44

第四十二章 探偵の指名を受けたのは

 三兄弟以外の三名が一様に驚きの表情を浮かべた。
 無理もないだろう。
 皆が必死に探していた男が現れたのだから。
「どういうことなの悟!」
 強い口調で、私市に問うたのは秀香だった。
「ゆ、夢路を殺しただけじゃ飽き足らず俺らまで殺しに来たんじゃ」
 伊吹が怯えた声を上げる。
 部屋に入ってからずっと俯いていた藤沢が、顔を上げた。驚いたような顔で、伊吹を見る。
 怯んだ伊吹など気にせず、声をかける。
「夢路を殺したって……。倉橋さん亡くなったんですか? 一体どうして」
「何をしらじらしい! あなたが殺したんでしょう」
 秀香が藤沢に詰め寄ろうとした。
 私市が藤沢の前に立って、秀香をなだめるように、両手を胸の高さに上げる。
「まあまあ。落ち着いてくださいよ」
「これが、落ち着いていられるっていうの?」
 私市は、噛みつくように言った秀香に、困ったような笑顔を向けた。
「あなたが落ち着いてくれないので、あの人達が部屋に入れない」
 そう言って、ドアの方へ視線を向ける。つられて、ドアの方へ視線を向けた秀香が声を上げた。
「お父様!」
 あけ放たれたままだったドアの向こうに、車いすに乗った一条老人がいた。その後ろには、瀬戸と千鶴の姿も見える。
 一条老人がちらりと振り返ると、軽く頷いて瀬戸が車いすを押して室内に入ってくる。
 千鶴は祖父の傍らについていた。
「よかった。お父様無事だったのですね」
 秀香が喜びの声を上げた。
「ああ。お前にとって、喜ばしいことかどうかは、別としてな」
 空が初めて見た時の元気な様子は鳴りを顰め、どこか疲れたように老人は言った。
 秀香が、老人のもとへ駆け寄ろうとしていた足を止め、眉を顰めた。
「どういう意味です」
「お前たち兄弟が、集まれば遺産の話をしてもめているのを知らんとでも思ったか」
「もめているのは兄さんたちだけよ。私は……」
「お前だって、この別荘を手に入れようと、随分画策しとっただろうが」
 秀香の言葉を遮って、一条老人が一喝した。
 秀香が黙り込むと、一時静寂が辺りを支配する。
 時計が時を刻む音が急に大きく聞こえたように、空には思えた。
「母親が晩年を過ごしたこの場所を、誰の手にも渡したくないというお前の気持ちが嬉しかった。だが、本当の理由があんなことだとは……」
 一条老人はここまで行って口を閉ざした。
「お父様……やっぱり知って……」
 秀香がそこまで口走ったあと、唇を片手で覆った。
 重苦しい雰囲気の中、口を開いたのは光だった。
「本当の理由というのは何だったんです?」
 この問いに、誰も答えようとはしない。
 老人も、その娘も下を向き、口を固く引き結んでいる。老人の隣にいる孫は、祖父と叔母を不安そうに見ていた。
「伊吹さん。あなたは、知っていますよね」
突然声をかけられ、伊吹はえっと声を上げた。
その声につられたのか、皆の視線が伊吹に集中する。
「な、何だって、俺が」
「あなたが二十年前の事故の関係者だからですよ」
 淡々と告げると、伊吹の顔が引きつった。
「に、二十年前、二十年前って。お、俺には何のことだか」
 光から視線を逸らしつつ、伊吹が呟く。
「光君。君には検討がついているんじゃないのかね」
 唐突に、声をかけられて、伊吹に向けていた視線を一条老人に向けた。
「わしが、何故この別荘を賞品にミステリー会をしたのか。なぜ、娘がこの別荘に固執するのか。なぜ、ここで殺人が行われたのかも」
 老人の問いに、光は頭を振った。
「確証が何一つありません」
「言ってみたまえ。その推理が合っているなら、わしも、わしが知っていることは全て話そう」
 老人の本気を感じ取ったのか。秀香が声を上げる。
「お父様っ」
「秀香、これ以上の被害を、お前はだしたいのか」
 父に問われて、秀香は唇をかんだ。逡巡したように瞳が揺れる。
「光君。君のこれまでの活躍は調べさせてもらった。色々な事件をその頭脳で解決しているそうじゃな」
 光は肯定も否定もしなかった。
 だが、その傍らに立つ空がこくこくと頷いている。
 そうだよ。光はすげぇんだぜ!
 と言いたいところだが、今はそんな場合ではない。ないので、首を縦に振るだけに留めたのである。
 光は一瞬目を細めた後、私市に視線を向けた。
 彼は、どうぞというように、手を動かして、光を促した。
 光は俯いて目をつむり、大きく息を吐きだした。目を開いた光は顔をあげ、室内にいる全員を見回しながら告げた。
「僕は、ここに、遺体が埋まっていると思っています」
 え? と誰かが声を上げた。他の誰かが息を飲む音も。
「それが、秀香さんが……。いや、秀香さんたちがこの別荘を手に入れようと必死だった理由、なのだと思っています」
 光が口を閉ざすと、沈黙が訪れた。
 誰も口を開こうとしない。
 光が言った遺体が埋まっているというのは、どういうことなのか。
 混乱した空の口から、この問いがこぼれるのはあとほんの数秒先の話だ。
cont_access.php?citi_cont_id=556025590&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ