挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
三兄弟の事件簿~この恋はミステリー~ 作者:愛田美月
42/42

第四十一章 背景

 妙な具合になったもんだ。
 虻は、首の後ろの汗を右手で拭って目の前の建物を見上げた。
 虻の目に映る建物は、馴染み深い様相を呈している。
 それもそのはず。ここは、警察署。と、いっても、虻の働く美晴署ではないが。警察署の建物などどこも似通っている。
「虻さん。あの人ですか?」
 隣を歩いていた寺坂が声をかけてきた。
 声の主が指し示す方を見れば、禿頭の男がこちらに気付き片手を上げるところだった。
 虻も口元に軽く笑みを浮かべて片手を上げて見せた。



 署員が行きかうフロアの端に設けられた応接用のソファーに、虻と寺坂は並んで腰かけた。
 二人の前のソファーには、禿頭の男が座っている。
 この男は虻と同期だ。虻と同様に強面だが、体格は虻と違ってひょろりと細い。すっかり年を取って、若いころには見事な黒髪があった頭はすっかり禿げ上がり、顔にも皺が随分増えた。
「六年ぶりぐらいか。すっかり年くっちまったな」
 と、虻が言えば。お前もなと返された。二人してにやりと笑いあっていると、隣の寺坂に虻さんと名を呼ばれた。
 早く本題を切り出せということかと察しを付けたのは、目の前の男も同じだったようで、早速口火を切ってくれた。
「二十年前の事故なんて、今更調べてどうすんだい」
 二十年前、別荘の近くで起こった水難事故の捜査に携わっていた刑事の一人が目の前のこの男だった。
「現在起こっている事件に、関係するかもしれないんです」
 寺坂が律儀に答える。
「ふーん。あの奥さんが復讐でもおっぱじめたか?」
 独り言のような呟きを聞きつけて、虻が声を上げる。
「奥さん?」
 虻たちが調べ上げてきた、ミステリー会関係者の中に奥さんと呼ばれるような人物が思い当たらない。
「亡くなった大学生の母親だよ。事故がおこってから毎日のように、署に押しかけて来て、息子の死は事故じゃない。誰かに殺されたんだって喚いて、そりゃもう大変だった。いっつも旦那が迎えに来て連れ帰ってたんだが……」
 そこまで言って、男ははっとしたように目を見開いた後、禿頭を撫でて、苦笑いを浮かべた。
「いや、あの母親が復讐なんてむりか……」
「どういうことです?」
 寺坂の問いに、男は禿頭を下げて、大きく溜息をついた。
「いや、なぁ。あの奥さん。自殺したんだわ」
「自殺、ですか」
 寺坂の問いに、男は俯けていた顔を上げ頷いた。
「ああ。だいぶん鬱な状態になっていたみたいでなぁ。可哀そうだったわな」
「やりきれんなぁ」
 虻がそう感想を漏らす。
「まったくだ」
 しみじみと男が同意した。
「その被害者の母親はなぜ、息子は自殺じゃないと言っていたのですか」
 寺坂の問いに、男は上を向き、目を細めて考え込むようにしていたが、思いだしたのか寺坂に勢いよく向き直った。
「あれだ。息子は、一度溺れかけたことがあって、水恐怖症気味だったんだと。そんな息子がいくら酔っていたからって、自ら泳ぎに行くはずがないと。そんなことを言っていたな」
「自殺した大学生はカナヅチだったんか。確かに疑問もつわな」
「だがなぁ、虻。一緒に酒飲んでた大学生たちが、皆証言したんだ。マル害が飲み過ぎたから夜風に当たってくるっつって外に出たってな。マル害は泳ぎに行ったわけじゃない。散歩に出て、恐らく足を滑らせて湖に嵌ったんだろうと。そういう結論だったんだ」
「なるほど」
 寺坂が呟いたあと、しばらく虻と二人で口をつぐんだ。それぞれ、頭の中を整理しているのだろう。
 そんな二人を、男も黙って見守った。
 先に、口を開いたのは寺坂だった。
「そうだ。これ、確認してもらえますか。この男誰だか分かりますか」
 そう言って、寺坂は背広のポケットから写真を一枚取り出して、目の前の男に差し出した。
 男は写真を受け取って、シャツの胸ポケットに入れていた眼鏡をかけた。
「ああ。マル害の父親だ。随分年くっちまったが、間違いねぇ」
 寺坂は男から返された写真に目を落とす。
 そこには、ミステリー会関係者の一人が映っていた。 



 地下の食糧庫から、遊戯室へと戻った空達は、瀬戸の用意したビュッフェ形式の夕食をとった。
 遊戯室にもともとあった、本来はカードゲームに興じるために置かれたであろう机の上に、色とりどりの料理が並べられた。洋食だけではなく、カボチャの煮つけや、ひじき煮などの和食もある。
 いつもであれば、周りが引くほどの食欲を見せる空と海は、先ほどうけた驚きが抜けず、いつもの半分ほどしか食べられなかった。半分と言っても、光よりは食べているが。

 各々食事が終わり、瀬戸と茂山によって食後のお茶が用意される。
 空もカップを受け取って、兄弟並んでソファーに腰かけた。千鶴と私市はいつの間にか席をはずしている。
 遊戯室にいるのは、空達三人と秀香、伊吹、茂山の六人だ。そういえば瀬戸も姿を消している。食事の後片付けでもしているのだろう。彼には悪いが、用意された料理の半分以上が残ってしまった。後片付けも大変だろう。
「にしても、ほんまお前の言う通りやって、めっちゃびびったわ」
 小声で、海がソファーの真ん中に座る光に話しかけた。
 ずっと話す機会をうかがっていたに違いない。
「俺も。何で分かったんだよ」
 空が海に同意すると、光はカップを手にしたまま、軽く肩をすくめてみせた。
「もしかしたら、と思っただけさ」
 光にしては珍しい答えだ。
「ふーん。俺なんて、思い付きもしないけどな」
 空が感心の声を上げたときだった。不意に影がかかった。
 目の前に誰かが立ったのだ。
「あなたたち、一体なんの話をしているの」
 空が顔を上げるより早く、声が降ってきた。
 そっと顔を上げた先には、秀香の怒ったような顔があった。
 怖い。
 腰に手を当てて、仁王立ちしている秀香は妙な迫力があった。
「何か隠しているでしょう! 悟も、千鶴も、こそこそこそこそと部屋を抜け出して。あなたたち、理由知っているわね。吐きなさい!」
 一喝されて、空と海は縮み上がった。
 その真ん中で、平然と秀香を見上げていた光の視線が、秀香の後ろに向いた。
 その直後、ドアが開く。
「秀香さん。廊下まで、声が聞こえてきましたよ。何を怒鳴っているんです」
 部屋に入ってきたのは、私市だった。彼に文句でも言おうとしたのか、秀香がすかさず口を開いたが、彼女は声を出さずに息を飲んだ。
 私市の後ろから入ってきた男を見たからだろう。
 私市の後ろから部屋へ入ってきたのは、行くへ不明だった男。
 藤沢祐一だった。
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

さて、新年一発目は、三兄弟の事件簿でございました。
更新できてよかった。

つい先ほど書き上げたばかりの、出来立てほやほやでございます。
大変、大変お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

出来立てほやほやなので、誤字脱字チェックがあまりできておりません。
一応何度か目はとうしたのですが、いつも、どこかしら抜けてるんですよね~。困ったもんだ。

昨年末に、更新したいとは思っていたのですが、わたくし。がっつり風邪をひきました(´;ω;`)ウゥゥ

泣くと入れたら可愛い顔文字が出てきて、使ってしまいました(笑)

えと、そう。年末年始はお仕事で、応援にでたりするのですが。普段のデスクワークと違い、声をかなり使うお仕事なのです。なので、風邪はひきたくなかったのですが、母が甥っ子から風邪をもらってきて、うつさないでよ~とか言いながら笑っていたら、がっつりうつりました( ノД`)ァー

応援に行った翌日には、全く声が出ない状態で。物凄くあせった~。何せ三日後からまた応援が入っているのですから。

三日間で、何とかかんとか、声が出せる状態まではもっていけたので、ガラガラ声で接客してきましたとも。私頑張った。

そんなこんなで、熱でてても仕事してたので、お家に帰ったらぐったり(*_*;
小説書く気力がでませんでした。

今日やっと、よし、書くぞ!!! という気分になれたので、書いてみました。
すこしでも、お楽しみいただければ幸いです。

相変わらず、長いあとがきにまで、お付き合いいただきありがとうございました。

次回更新もいつになることやら。という感じですが。あと少し。
お付き合いいただければ幸いです。

それではまた。
お会いできることを願って。

愛田美月でした。
cont_access.php?citi_cont_id=556025590&s

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

傭兵団の料理番

 僕は料理が好きだ。でも、買い物の帰りにどこかの国に迷いこんで傭兵部隊の料理番をすることになりました。何故こうなったのか分かりませんが、生き残るために美味しい料//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全49部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 18:00
王族に転生したから暴力を使ってでも専制政治を守り抜く!

「王家に生まれても次男じゃダメじゃん! ……よし、王位を簒奪しよう!」  傭兵として死んだ後、うまい具合に支配者階級へ転生したまでは良いものの、このままだと王に//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全177部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 15:16
大陸英雄戦記

現代日本に住む「俺」は気づいたら中近世欧州風世界に転生し……いや、これまんま欧州ですよねお父さん。 ともかく俺はファンタジーな欧州に転生した。これは、そんな俺、//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全449部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 03:18
ログ・ホライズン

MMORPG〈エルダー・テイル〉をプレイしていたプレイヤーは、ある日世界規模で、ゲームの舞台と酷似した異世界に転移してしまった。その数は日本では約三万人。各々が//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全126部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/04/16 21:09
冒険者パーティーの経営を支援します!!

「もう、冒険者やめた方がいいんじゃないですか。」 解雇からはじまる、駆け出し冒険者支援の物語。 チートなし。地味な展開がつづきます。 最初は個人でコンサル。//

  • その他〔その他〕
  • 連載(全695部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/14 12:37
だらだら行こう(仮)

食っちゃ寝大好きでものぐさな佐藤千夏。事故にあって異世界で生きていくことになってしまった。 ものぐさ主人公が暴走御曹司のアルフォンスに引きずられ、冒険へと駆り出//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全247部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/08/21 17:43
誰かこの状況を説明してください

貧乏貴族のヴィオラに突然名門貴族のフィサリス公爵家から縁談が舞い込んだ。平凡令嬢と美形公爵。何もかもが釣り合わないと首をかしげていたのだが、そこには公爵様自身の//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全176部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/02 00:24
Only Sense Online

 センスと呼ばれる技能を成長させ、派生させ、ただ唯一のプレイをしろ。  夏休みに半強制的に始める初めてのVRMMOを体験する峻は、自分だけの冒険を始める。 【富//

  • VRゲーム〔SF〕
  • 連載(全342部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/04 00:00
魔王の器

剣と魔法の世界。 大国の名門貴族家に生まれながら、ろくに魔法が使えない少年は不遇の日々を送っていた。そんな少年の運命は、ある魔族との出会いによって大きく動き出す//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全208部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/17 00:00
賢者の剣

事故により、彼は異世界へと転生した――が、そこは転生前にプレイしていたゲームの世界で、さらにシナリオ序盤で死んでしまうネタキャラに生まれ変わってしまった。よって//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全529部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 21:20
捨てられ貴族の成り上がり~やがていつかは国王陛下!?~

婚約破棄され、そのうえ家を追放された伯爵家の次男アロルド・アークス。貴族ではなくなったもののアロルドは絶望することはなく、無双の強さと、ちょっと足りない頭に比類//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全161部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/11/18 18:47
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/20 13:00
一兵士では終わらない異世界ライフ

親の脛を齧って生きる無職の男、後藤弘は変わろうと思いトラウマ多き外に出る。そこで交通事故に遭い敢え無く死亡。そして気がついたら変なところに。目の前に現れたのは神//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全168部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/18 16:14
理想のヒモ生活

月平均残業時間150時間オーバーの半ブラック企業に勤める山井善治郎は、気がつくと異世界に召喚されていた。善治郎を召喚したのは、善治郎の好みストライクど真ん中な、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全93部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/15 06:00
蒼黒の竜騎士

転生したら、人と竜が共存するファンタジーな異世界でした。 目指せ!前世では出来なかったおしとやかで可愛い乙女ライフ!……って、何か全然違う方向に向かってない? //

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全52部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全289部)
  • 6 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 23:00
宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

試しに買ってみた宝くじで40億円の高額当選を引き当てた一良。 どこからか金の臭いを嗅ぎつけたハイエナ共から逃げるため、一良は先祖代々から伝わる古い屋敷に避難する//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全153部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 06:00
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全136部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 18:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
エリィ・ゴールデン ~ブスでデブでもイケメンエリート~

 自称スーパーイケメンエリートの小橋川は、花の金曜日に六本木へ繰り出し、へべれけになるまで飲みまくっていた。女の子をナンパでゲットし意気揚々とタクシーへ乗り込も//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全114部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/20 00:57
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 23:14
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全63部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/21 05:00
ドラゴンは寂しいと死んじゃいます ~レベッカたんのにいたんは人類最強の傭兵~

身長2メートル殺人鬼顔の不死身の傭兵アッシュは突然傭兵を辞め、戦災で焼けた田舎の村に土地と建物を買う。 ある日アッシュは羽が折れたドラゴンの子どもレベッカを保護//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全188部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 00:07
窓の記憶~おっさん英雄記

冒険者ギルドの万年中級レンジャー、ジオ・ウルマは40歳を過ぎ、そろそろ年齢から冒険者引退を考えていた。老後の資金も貯まったし、世話をしてくれる奴隷も手に入れた。//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全27部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2015/02/10 20:53
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全173部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 15:39
王族に生まれたので王様めざします

 貧乏すぎて電気は止められているし、ガス代も払えないから水風呂だし、世界有数の富裕国なはずの日本でハードモードな日常を送る高校生だった田中次郎は事故に巻き込まれ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全65部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/26 22:00
クロの戦記

ケフェウス帝国の貴族であるクロノ・クロフォードには秘密があった。それは異世界……現代日本……から、この世界にやって来たことだった。ほぼチートなし、現代日本の価値//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全108部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 22:53
金色のシェフ 異世界での食の魔術師

とある料理コンテストの祝勝パーティのさなかに倒れ、そのまま死んでしまった主人公の霧島は、なぜか意識が戻ると、そこはまったく知らない景色の異世界だった。助けられた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全76部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/07/23 01:38
悪役令嬢後宮物語

エルグランド王国には、とある有名な伯爵令嬢がいた。 その麗しい美貌で老若男女を虜にし、意のままに動かす。逆らう者には容赦せず、完膚なきまでに叩き潰し、己が楽しみ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全128部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/02/14 09:00
異世界チート魔術師(マジシャン)

異世界にワープした普通の高校生西村 太一。 現代ではどこにでもいる、ちょっと運動が得意なだけの彼は、異世界ではとんでもない規格外な存在だった。 地球に戻りたい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/04/26 21:41
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全100部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/22 00:00
心の中の“こころ”

夢、希望、野望、さまざまな思いを抱いた若者が集うソルミナティ学園。ここに恋人の夢を支えたくて入学した一人の少年がいた。 しかし、思いしかなかった少年の実力は伸び//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全172部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2016/04/24 12:35
転生不幸~異世界孤児は成り上がる~

 現代日本でエリート研究員の道を爆走していた私が、なんの因果か異世界転生! しかも転生先の生活水準が低過ぎるんですが!? ―――勝ち組の人生を送っていた主人公(//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全107部)
  • 4 user
  • 最終掲載日:2017/02/25 08:00
おかしな転生

 貧しい領地の貧乏貴族の下に、一人の少年が生まれる。次期領主となるべきその少年の名はペイストリー。類まれな才能を持つペイストリーの前世は、将来を約束された菓子職//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/05/25 12:06
俺、動物や魔物と話せるんです

旅行先で言葉が不自由ながらも声をかけた和藤明は外国人の怒りを買い殴られて、運悪く頭をうちつけ死んでしまう。 「なんで!?」 善意から励ましの声をかけた明だったの//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全78部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2016/11/29 07:29
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部)
  • 5 user
  • 最終掲載日:2017/02/11 00:00
↑ページトップへ