挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
三兄弟の事件簿~この恋はミステリー~ 作者:愛田美月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/43

第十六章 そうです私が探偵です

 私市が空の右腕を離すと、上がっていた空の腕はすんなり落ちた。
「お待ちください、私市様。私市様が『探偵』ということでしょうか。それとも、高橋様が『探偵』でしょうか」
 茂山が、私市と空を見比べながら困惑の表情を浮かべている。
「探偵は、彼ですよ」
 私市は飄々と、空の肩を叩く。
 茂山は、頷いて空にハンチング帽を差し出した。
 うっかり受け取り、我に返った。
 余りに予想外の展開についていけず、呆けていたのだ。
「いや、俺、違っ」
 慌てて、ハンチング帽を突き返そうとすると、やんわり押し戻された。
「高橋様。『探偵』を棄権されましたら、チームの皆さまも次の探偵が決まるまで、『探偵』にはなれませんよ」
 えー! と、空は内心絶叫した。
 どうすんだよ。どうすんだよ。
 私市さんの馬鹿、なんてことしてくれたんだ。
 ひらめいた事はあるけれど、まだほんの少しなのに。
 内心焦っていると、無情にも茂山が告げる。
「それでは、高橋様。犯人をご指名下さい」
 空は焦って、海に目を向ける。
 海は頑張れと拳を胸の前で握って見せた。
 いや、応援はいらねぇんだよ。欲しいのは答えだよ。と、思ったが、口には出せなかった。
 海の隣にいる千鶴を見ると、千鶴の期待に満ちた瞳と目があった。
 千鶴先輩があんな目を俺に向けてくれている。そうだよ。ここで、千鶴先輩に良い所をみせられなきゃ、男がすたる!
 空は、気合いだけは十分に、千鶴から視線を外すと、参加者を見回す。
 一回、二回、三回見回して、俯いた。
 まだ、パニックだ。
 誰も彼もが怪しく見える。
 落ちつけ、俺。
 あのマネキンがあそこに隠されていたとしたら、あの時、一番マネキンを取り出しやすい位置にいたのは……。
 そこまで考えて、空は賭けにでた。
 顔を上げ、ゆっくりと、犯人と思しき人物を指さす。

「瀬戸さん。犯人はあなたです」

 指名された瀬戸は、何度か瞬くと、不機嫌そうに顔を歪めた。
「はあ? 何で俺が犯人なんだよ」
「瀬戸様、どうぞ反論は探偵の推理が終わった後に」
 私市に言ったのと同じような台詞は、藤沢祐一だ。
 茂山と藤沢は、参加者を席に座らせた。
 その間、空は手にしていたハンチング帽をかぶり、大きく深呼吸した。
 頭の中で、もう一度マネキンが落ちてきた時の状況をおさらいする。

 あの時。
 突然、暗くなった。
 悲鳴があがる。
 悲鳴に紛れて聞こえた奇妙な音。
 テーブルの上に何かがぶつかる音。
 また悲鳴。
 ついた明かり。
 テーブルの上に横たわるマネキン。

「それでは、推理を始めてください。高橋様」
 茂山に促され、空は焦った。
「え、えっとあのー」
 何をどう言えばいいのか。
 何度か、光が探偵の如く、推理している所を見たことがある。なのに、いざ自分が推理したことを口にしようとしても、上手い言葉が浮かばない。
 ああ、ここに光が居れば、代わってもらえるのに。と、情けない考えが浮かんで、空は慌てて頭を振った。
 何を人に頼ろうとしているのだ。
 参加者の視線が痛い程突きささる。
 まずい、早く何かを言わないと。
 汗ばんだ掌を握り締める。
「高橋君。君がさっき言った事が答えだよ。たぶんね」
 私市が、余裕の笑みを浮かべている。俺を焦らせた元凶のくせに。何がたぶんねだ。
 空は、軽く私市を睨んでから、大きく息を吐き出した。
 ここまできたら、もうやるしかない。
「じゃあ、あの、実践します」
 うまく言えないのであれば、実際に見せるまで。
 空は人々の注目の的となりながら、床に横たわっていたマネキンの傍らまで歩き、持ち上げた。
 マネキンは拍子抜けするほど軽い。
 本当に片手で軽々といった感じだ。もしかしたら、この日のために特注したのかもしれない。
 よし、これならいける。
 空は、マネキンを片手で横抱きにし、テーブルへ歩み寄る。
「まず、犯人はこのマネキンをここに隠していました」
 瀬戸の席のすぐ横に立ち、テーブルの下を指さした。人々が見守る中、マネキンを床に下ろすと、白いテーブルクロスを持ち上げる。
「海、コレ持ってて」
「よっしゃ、まかしとき」
 海は立ちあがると、テーブルを回りこんで、空の隣に来る。海に持ち上げたテーブルクロスを託して、その場で膝をつき、テーブルの下へ頭を突っ込むと、手探りでマネキンを引き寄せる。

 引き寄せられたマネキンがテーブルの下に完全に隠れると、バリっという音が参加者達の耳に届いた。
 参加者が、顔を見合わせていると、空がテーブルの下から抜け出してきた。海がテーブルクロスを元に戻す。
 空は、立ちあがってズボンを払うと、告げる。
「はい、出来ました」
「いや、それじゃ、分からないから」
 太い眉を寄せ、倉橋夢路がツッコミを入れる。
 参加者達は、全員着席したままだった。茂山達に、推理が終わるまで、座っているように言われたためだろう。空が作業しているところを、覗いてくれれば分かったのだろうが、立ちあがってよいものか、判断が付かなかったに違いない。海は何も言われなかったが、空と海は同じチームだ。今、海も『探偵』といえるのかもしれない。もしくは、探偵が指名したから立ちあがってもよかったのかもしれなかった。
 空がテーブルの下で何をしているのか、参加者達は、さっぱり分からなかった事だろう。
「空、ちゃんと説明せな」
 海に小声で諭される。
「あ、そうか。えっと」
 そう、瀬戸や、一条健介がやったようにやればいいんだ。空は、賢明に頭を働かせながら、口を開く。
「さっき見つけたんですけど。このテーブルの天板の裏には、マジックテープが張りつけてあります。ホームセンターとかで売っている、結束バンドの代わりになるようなリボン状のマジックテープです」
 空は、一度口を閉ざした。多くの視線に緊張を強いられる。
「犯人はそのマジックテープを使って、事前にテーブルの天板の裏にマネキンを固定して、隠していました。そして、電気が消えた隙に……」
 言葉を切って、空が動く。その動きに合わせて、海が少し後ろへ下がる。
 空はもう一度テーブルの下に上半身を突っ込んだ。
 またもや、ベリっという音が聞こえ、空がマネキンを手に立ちあがる。
 そして、そのマネキンをテーブルの上に半ば叩きつけるよう放り投げた。
 大きな音を立てて、マネキンは先ほどと同じようにテーブルの上に横たわった。
「こうして、テーブルの上に投げつけたんです。マネキンが万歳しているのはテーブルの下にくっつけやすくするためだと思います」
 空が口を閉ざすと、部屋に静寂が満ちた。
 皆それぞれ、思案顔だ。
 空の言った推理が合っているのかどうか、考えているのだろう。
 上手く言えた気がしなかったが、とりあえず流れは説明できたと思う。

「ふーん。なるほどね」
 静寂を破ったのは、瀬戸だった。
 空より、藤沢の反応が早かった。
「瀬戸様。反論がおありですか?」
「もちろん」
 瀬戸が頷いた。
 藤沢も頷き返し、部屋によく通る声で告げた。
「それでは『容疑者』の反論に移ります」
cont_access.php?citi_cont_id=556025590&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ