挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
三兄弟の事件簿~この恋はミステリー~ 作者:愛田美月
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/44

プロローグ

 暗闇が辺りを支配していた。
 木々が強い風に煽られ、大きく揺れる。風と葉擦れの音に混じり、土を掘り起こす音が辺りに響いていた。
 数人の手で掘り進められる穴の中に向かって、二本の光りの筋がはしっている。懐中電灯の明かりだ。
 彼らは焦っていた。
 早く。
 早く。
 早く。
 早く穴を掘らねば。
 もっと、深く。
 深く。
 深く。
 彼らは犯した罪を隠すため。
 一刻も早く、穴を掘らねばならなかった。



 深夜。季節は秋に移り変わった。
 まだ暑さを残す昼間と違い、夜の風は大分冷たい。ここがビルの屋上だから、余計に冷たく感じるのかもしれない。
 男は一つ息を吐いた。ゆっくりと振り返り、手すりに背を預けた。夜空と、街の灯りを背景に、にやりと笑う。
「俺にはもう、失うモノなんかないんだよ」
 男の手には、新聞紙の切り抜きが二枚ある。どちらも古い記事だ。
 この記事がでた二十年前。男は大金を手にしていた。
 忘れられない。到底忘れることなど出来ない記憶と共に。
 時に、その記憶は男を苦しめた。彼を縛り、手かせ足かせとなるそれを、人は罪と呼ぶのだろう。
 二枚の記事はどちらも小さい。一つは地方紙から切り取ったものだ。二枚ある内の一枚は、窃盗事件を扱っている。もう一枚は事故について書かれたものだ。
 同じ日に、別の場所で起こった二つの出来事。
 どちらの記事も、内容を暗記できるほどに、何度も目を通していた。通さずには、いられなかったのだ。
 男は、切り抜きを見つめながら、自嘲気味に口元を歪めた。
「世の中、金、金、金か……」
 二十年前に手にしたはずの大金は、もうどこにもない。あるのは、借金だけ。金の切れ目が縁の切れ目とはよくいったものだ。
「これに失敗すりゃ、どっちみち終わりなんだよ」
 呟く声とほぼ同時に、屋上へ通じる扉が軋んだ音をたてた。

 待ち人が来たようだ。

 男は手すりから背を離し、新聞記事をポケットに突っ込んだ。
cont_access.php?citi_cont_id=556025590&s
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ