挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

遊園地の種



 7月25日(火)

 今日、おじいちゃんの家で、おじちゃんからタネをもらいました。

「何のタネなの?」

 と聞いたら、おじちゃんはゆう園地のタネだよ! って答えました。
 ボクは、おじちゃんはまちがってると思いました。
 ゆう園地にはお父さんとお母さんと、いっしょに行ったことがあります。

 ゆう園地はピカピカした乗りものがいっぱいあって、メリーゴーラウンドやかんらんしゃがぐるぐる回ったり、ジェットコースターがレールの上をものすごいはやさで走ったり、面白いたてものがある、楽しいところです。

 でもボクは、ゆう園地のものは、係の人が、キカイでうごかしているんだと知っています。
 ボクは、おじちゃんはボクをからかってるんだと思います。

「すいそうの中に土を入れて、タネがかくれるくらいうめてあげるんだよ」

 おじちゃんが言いました。
 おじちゃんはウソつきでした。すいそうでそだてるタネなんて、ボクは聞いたことないからです。

「ウソつきはドロボウのはじまりだって先生言ってたよ」

 と教えてあげたら、

「そのとおりかもね」

 って笑いました。
 たいへんなことでした。

「でもヨウ君がそのタネをだいじにそだててくれるなら、おじちゃんドロボウになるのやめるよ」

 って言いました。
 おじちゃんはわるい大人でした。キョーハクするとてもわるい大人です。
 ボクは、しかたないから、おじちゃんにつき合ってあげます。

 タネのかんさつ記ろくを書いて、おじちゃんをギャフンと言わせます。


 7月26日(水)

 今日は、お父さんにたのんで、すいそうを一つもらいました。

 お父さんは、ガラスのおもいすいそうをボクのへやにおいて、虫でもかうのか、と聞きました。
 ボクはナイショって言いました。
 だって、タネをうえるって言ったらおかしいからです。お父さんも、おかしいって思うはずです。
 だからナイショにしました。

 土も入れてもらったから、ボクはさっそくタネをうめました。
 ボクのひとさし指くらい土があったからタネをうめるのはよゆうです。
 タネはむらさき色で、つぶれた丸みたいな形でした。
 べん強づくえがちょっとせまくなったけど、かんさつするならイスにすわれる方がべんりと思います。

 タネにコップいっぱいの水をあげました。
 夜、ねる前にもう一回見たけど、まだめが出てませんでした。


 7月27日(木)

 まだめは出ません。


 7月28日(金)

 今日、朝おきたら、タネからめが出てました。
 めは、みどり色ではっぱが二まい、丸いのがあります。
 アサガオのはっぱみたいに、毛がありました。
 まだ何のタネかわからないけど、ボクはゆう園地ではないと思います。
 朝は一センチ。夜は三センチのびました。


 7月31日(月)

 このタネはヘンです。
 ボクがうえたタネは一つです。だけど、めがいっぱい出てきます。
 すいそうの中がみどりでいっぱいです。
 コップで水をあげました。


 8月3日(木)

 昨日、のびためがくっつき合って、おかしくなりました。さわるとベタベタで、気もちわるかったです。
 でも、今日見たら、形がかわっていました。
 ボクは(きん)じょでお家をたててるところを見てるので、めの形が、ほねだとわかりました。
 お父さんは、家にもほねがひつようなんだって言ってました。
 アサガオのときは、上にのびていったのに、おじちゃんのタネはヘンテコです。


 8月4日(金)

 おじちゃんは、ウソつきじゃありませんでした。


 8月5日(土)

 ゆう園地はだいぶゆう園地になりました。

 一番そだってるのはおしろです。絵本に出てくるやつみたいです。

 つぎに大きいのはジェットコースターです。レールが少しずつのびて、面白いです。
 ボクがもってる電車のおもちゃのレールより小さいけれど、ちゃんとレールになってます。


 8月6日(日)

 お昼に、ボクの家におじちゃんが来ました。
 ボクはおじちゃんに、ウソつきって言ってごめんなさいしました。
 おじちゃんは、ゆるしてくれました。

「ちゃんとタネをそだててくれたからいいんだよ。ちゃんとごめんなさいできて、ヨウ君はえらいね」

 正直にあやまってくれたからごほうびだよって、おじちゃんはノートをくれました。
 わるいことしたのに、ごほうびをくれるおじちゃんはヘンな人です。
 ノートは『遊園地の種の育て方』と書いてました。

「ちゃんとしたゆう園地にしたいなら、それに書いてることを守るんだよ」

 ボクは、ゆう園地をそだてたいです。


 8月7日(月)

 今日は、朝から公園に行きました。
 お母さんに言って、じしゃくとビニールぶくろをもらいました。

 砂鉄という黒い土を集めてたら、なっちゃんが公園に来ました。
 なっちゃんがボクに、何をしてるのって聞いてきました。
 ボクは、なっちゃんにゆう園地のことを教えました。
 なっちゃんはとくべつです。
 こんどボクの家にあそびに来るって言ってました。

 集めた砂鉄をゆう園地にあげました。


 8月8日(火)

 砂鉄はすごいです。
 レールがにょきにょきのびました。
 かんらん車も、小さい実がついてました。これがゴンドラ? になるらしいです

 今日は、からのビンをあげました。


 8月9日(水)

 メリーゴーラウンドの元気がないです。やねが、だらんとしてます。
 おじちゃんのノートを見て、やさいジュースに水をまぜてからあげました。
 一ばんいいのはお肉らしいです。
 早く元気になりますように。


 8月10日(木)

 中に水たまりができました。
 ボクがおせわをサボったときのために、そなえてるのかもしれません。
 お母さんも、ひじょうようのカバンをもってます。ボクがはいれるくらい大きなカバンです。
 ゆう園地はかしこいんだなと思いました。

 メリーゴーラウンドのやねが元気になってよかったです。


 8月11日(金)

 ゆう園地作りは楽しいです。


 8月12日(土)

 すいそうの中にゆう園地をかっているのは、きっとボクだけだと思います。
 ピカピカ光るゆう園地を見てると、すぐばんごはんの時間になります。

 今日、家になっちゃんがあそびに来ました。
 なっちゃんはクラスで一ばんかわいいとボクは思います。これもナイショです。
 なっちゃんは、ボクのゆう園地を見て、すごいと言ってくれました。
 うれしかったです。


 8月13日(日)

 ゆうや君がボクの家に来ました。
 ボクはゆうや君がすきじゃないです。らんぼうだからです。ゆうや君はいつも人をたたいたり、けったりします。

 ゆうや君はボクのゆう園地のことを知ってました。
 なっちゃんが話したんだと思います。ナイショにしてっておねがいするのをわすれたからです。
 でも、ゆうや君に教えるなんてヒドイと思います。

「オレにも見せろよ」

 ゆうや君が大きな声で言います。ボクは、ほんとは、イヤでした。
 へんじをしなかったら、ゆうや君がおなかにパンチしてきました。あとで見たら、ちょっとあざになってました。

 早くしろよ、とくつをはいた足でけられて、イヤだったけどボクのへやにゆうや君を入れました。

 ゆう園地を見たゆうや君がすいそうをかりて帰ると言いはじめました。
 ボクのおなかはぐるぐるしました。頭もぐるぐるします。
 ぜったいにイヤだったからです。
 やめてよってボクが言うと、ゆうや君はボクをつきとばしました。

 今日は、すごくサイアクな日でした。


 8月14日(月)

 友だちのだいちゃんがきました。
 ボクはだれにも会いたくありませんでした。
 でもだいちゃんが面白いのが見れると言うので、いっしょに出かけました。

 ゆう園地がありました。
 小学校のうらにある山で、ボクのゆう園地は見せものにされてました。

 クラスのみんなが、ゆうや君にすごいすごいと言ってます。
 ほんとはボクのなのに、ゆうや君は自分のものみたいにしてました。

 ボクはとてもイヤな気もちになりました。あのぐるぐるが、もどってきました。

「それ、ヨウ君からぬすんだんでしょ!」

 ゆうや君にそう言ったのは、なっちゃんでした。
 なっちゃんの友だちも、ゆうや君にひどーいと言います。

「うるせーブス! オレがぬすんだってショーコはあんのかよ!」

 ゆうや君は口もわるいです。しばらくなっちゃんのグループと、ゆうや君のグループで口ケンカになりました。
 女の子の口ケンカはこわいです。ゆうや君もニガテみたいでした。

「わかったよ、かえせばいいんだろ!」

 ゆうや君が言って、ボクはホッとしました。なっちゃんにありがとうって言おうと思ったら、ガシャンって音がしました。

 すいそうは、われていました。

 手がすべったとゆうや君は言います。笑うゆうや君の足もとで、ゆう園地がくずれてました。

 ボクは。

 ボクは……。





 ボクはひきょうものです。
 すいそうから出されたゆう園地を見て、ボクはすぐににげました。
 まってよ。だいちゃんがおいかけてきます。でも、ボクは止まりませんでした。
 あれは、すいそうから出しちゃいけなかったんです。出したらダメだったんです。おじちゃんのノートにも書いてたのに、ゆう園地は外に出てしまいました。
 ごめんなさい。
 ゆうや君の足に、レールがからむのが見えました。
 ほかの人は、ゆうや君の足がくしゃりとつぶされて、にげたらしいです。

 もし、知らないゆう園地を見つけても、近づかないでください。
 あれは、なんでも食べてしまいます。もしもボロボロに見えても、あれはちゃんと生きています。

 中に入ったら、エサになります。たぶん、生きて帰れません。

 外に出たゆう園地をどうしたらいいか、ボクにもわかりません。枯れて、砂になってきえるまで、近づいちゃダメです。

 さいきん、うわさを聞きました。

 大きくそだったあのゆう園地に、きもだめしに行く人がいっぱいいるみたいです。

 ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいゆるしてくださいたぶんたくさんしにましたこれからもたくさんしにますボクのせいですごめんなさいごめんなさい。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ