挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
終焉世界 作者:ミノ

すべての終わり

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

50/50

50 ありがとう さようなら

 何がどうなったのかわからないが俺は地下にいた。

 天井を突き破って、聖アレクシーヌの遺体が眠っているという墓所に落ちたらしい。防毒マスクのバイザーが割れて、額から流れた血が髪の毛に絡んで固まっている。どのくらい時間が経ったのかわからないが気絶していたらしい。

 空気は澄んでいた。

 本当に聖女アレクシーヌの聖なる力が残っているらしい。毒の影響が完全にシャットアウトされている。

 ――どうやって助かったんだ俺は?

 グレイ=グー『彼岸花』に取り囲まれ、俺はもう死ぬ以外なかったはずだ。

 最後に百の手へ救いを求めたのは覚えている。

 でもそれは根本的には意味のない行為だ。グレイ=グーは殺せない。たとえ古代の殺人人形であっても同じことだ。

 それに、百の手はすでに半壊状態で、まともに俺の指示に従ったかどうかわからなかった。

 強打した背中をかばうように立ち上がると、灰合羽の襟から精巧な手のパーツが落ちてカシャリと乾いた音を立てた。

 理解できた。

 百の手が、彼岸花にまとわりつかれた俺の襟首を無理やり掴んで、この地下墓地に放り込んだんだ。

 それだけの役目を果たした後、おそらく彼岸花と最後の最後まで殺し合い、もうバラバラにされたのだろう。

 百の手は――百の手も死んだ。

 俺にできることは何もない。

 これでもう、本当に何もない。

     *

 地下墳墓は人間5、6人が入っても狭くない程度の空間で、金色というか飴色というか、とにかく淡く輝く明るい黄色に満ちていた。暖かく、この時代の人間には隠されてしまった太陽の光と同じものだと俺は直感した。

 間違いなく、本当にそこには聖アレクシーヌの遺体が安置されていた。完璧な保存処理が行われているらしくそのまま起き上がってもおかしくない状態の、美しい女がクリスタルのケースで眠っている。

 床や壁は魔力付与された真鍮でできた直線曲線が幾何学模様を描いている。それ自体が魔法陣のような働きを示すのだろう。

 このいかにも秘密めいた墓なら、きっとニムボロゥ将軍の期待どおり『聖アレクシーヌの光典』も眠っていてもおかしくない。いや、そうであるべきだ。もし、ここまで来て何も意味がなかったら、俺は……。

 詳しくはリリウムに聞くしかない。

「イリエ、目が覚めたのね」

 ちょうどいいタイミングで、後ろからリリウムの声がして、振り向いた俺は思わず足を滑らせた。

 リリウムは血まみれで、特に左腕がどす黒く血に染まっていた。何かが刺さっている。

「ごめんなさい、私、灰を吸い過ぎたみたい」

 リリウムの持ち上げた左手は、肘から先が30センチ近く伸び、鉤爪が生えていた。

 フィーンド化だ。

 毒で変形しかけた左手にナイフを突き立て、浄化魔法をありったけねじ込んで腕自体を封印したらしい。フィーンド化の進行は止められても治癒は不可能だ。つまり、切り落とすしか……。

「あ~あ。こんなことならルーシィ姉さんの義手を持ってきておいたらよかった」

 リリウムは強がって、場違いな普通の女の子のような口調で言った。その奥の苦痛を俺が聞き取れないと思っているのだとしたら、ちょっと自信過剰じゃないのか。

「リリウム、光典って一体どんな形してるんだ? せめてそれだけは見ておきたい。あるのか、ないのか、それだけでいい」

「球体か、立方体か……たぶんそういう立体物の形になっているはず。本やウィジャ・メモリとは」

「別物か」

「うん。未来まで保存することを考えたら紙の本ではないと思う」

「これかな? この……ベッドにはまってる水晶玉」

 それは青く美しい球体で、糸が絡むように金色の縞模様が走っている。実際には水晶ではなく金碧ラピスラズリの塔の一部を削って作ったものではないだろうか。

 リリウムは球体を魔法的に覗いた。強力な情報量と、左腕の痛みから立ちくらみを起こす。

「この中に聖女の秘法が収まっていると思う。それは間違いないと思うんだけど、記録の容量がありすぎて解析に時間がかかりそう」

「そっか。それもそうだな。じゃあ、帰り道の間にじっくり中身を見ればいいだろう」

「そうね、そうしましょう。それがいいと思う」

 俺は引きつった笑いを浮かべていた。

 リリウムもそれにつられ、熱に浮かされたみたいな目で笑った。

 俺たちはお互いに何かから目をそらそうと必死だった。

 まだ今は、もう少しだけ、旅の成功をよろこびたかった。

 今だけは、もう少しだけ、後もう少しだけはこのままで。

     *

 墳墓の外には灰の腕、彼岸花が見事なくらい咲き誇っていた。

 聖アレクシーヌの力が残っている範囲だけは嘘みたいに清らかで、それ以外は見渡すかぎりの彼岸花だけしかなかかった。

 純粋馬車までの距離はほんの10数メートル。でもそこにたどり着くのはまったく不可能に思えた。彼岸花の園を無傷で突っ切ることなどできやしない。

 無理だ。

 俺は、俺達はついに膝から崩れ落ちた。ここまで命がけでやった。何度も死にかけ、リリウムは片腕がもう使えない。切断するしかないだろう。

 それでも馬車に乗りさえすれば、俺はまた護法軍大本営に戻る自信があった。強がりだ。同時に強がりなんかじゃない。死ぬほど苦労するだろうけど、やり遂げてみせるという気持ちはあった。

 でも、純粋馬車までの距離わずか10メートルが果てしなく遠い。

 彼岸花の一輪に掴まれただけでも死の危険がある。聖地以外は全てが灰の領土だ。

 これは今の世界の縮図だ。

 人間の居場所はもうない。

 グレイ=グーは何も語らずそのことを示しているようだった。

「……私が追儺バニッシュ魔法で時間を稼ぐ。イリエ、あなたは馬車まで走って。これを」

 リリウムは決意の表情で光典を渡してきた。

 反論をしようと思えばいくらでもできる。そう思った。でも俺にはもう根拠が残っていない。そんなことはだめだ、ふたりで一緒に馬車まで辿り着く方法を考えよう……。

 そんな方法、どこにあるんだ?

 ありはしない。

 リリウムの言うことが正しい――もしどうしても光典を持ち帰ることを優先させるのなら。

 俺はうなずいてしまった。

 防毒マスクの内側で俺はどんな顔になっていたんだろう? わからない。どんな感情からリリウムの提案を飲んだのか。

 リリウムは最後の手段を使った。残された秘石の力を束にして、純粋馬車までの直線を浄化の光でなぎ払う。そうすることでグレイ=グーを追い払い、道を作り、そこを俺が駆け抜ける……。

 光は、放たれなかった。

 魔法の力が出せない。

 左腕がフィーンド化した影響か? それともグレイ=グーの妨害か? なにか灰の力が邪魔しているのか?

 それらは事実で、でも本当の、一番の理由じゃない。

 魔法の力の源が断たれたんだ。

 わかるだろう?

 最後の魔法の塔だ。

 最後の魔法の塔、火蛋白石ファイアオパールの塔がグレイ=グーによって崩壊したんだ。

 トゥルーメイジの全滅。

 大坑道占領。

 最後の魔法の塔の沈黙。

 そこまで行けば、もうひとつの事実は簡単に想像できる。

 護法軍の壊滅だ。

     *

 イリエ、あなたの世界。

 ああ、地球か?

 うん。チキュウってどんな世界?

 どんな世界、か。説明するのって案外難しいな。

 何でもいいよ、教えて?

 そうだな……普通の世界だよ。

 普通? 普通って?

 地獄の噴火なんてなかったし、毒の灰が降ったりしないし。人間もいっぱいいて……機械と電気と……あと……。

 あと?

 魔法がない。

 え? それじゃどうやって……?

 魔法がなくても生きていける世界なんだ。神様も魔法の力なんてくれなかったみたいだし。かわりに原罪なんてものを背負わされた。

 魔法がないなら、私いらないね。高位の魔法使いなんて言っても、魔法が必要ない世界なら。

 そんなことは、その……ないと思うよ。

 どうして?

 いや、なんていうか……。

 なあに? 話してよ。

 ……俺には、必要だ。

 ……。

 俺には、リリウム。俺にはお前が必要だ――なんて言ったら、どうする。

 嬉しい。

 そうか。

 うん。嬉しい。イリエ、私……。

 何だ?

 私、あなたの赤ちゃん、ほしいな。

     *

 フィーンド化が抑えられなくなったリリウムは、俺に銃を渡してきた。

 リリウムは死んだ。

 俺が引き金を引いた。

     *

 この世界はもうすぐ終わる。

 ずっとそう言ってきた。

 ずっとそう思っていた。

 でももうすぐっていつだ?

 どうなったら世界は終わるんだ?

 どの時点で? 何が起こったら? 何が無くなったら?

 狩り尽くされて絶滅した生き物のように、人間という種がひとり残らず死んだら確かに世界は終わるだろう。いくらこの世界に魔法があって、魔法の力で霊を呼び寄せる事が可能だとしても、魔法を使える人間がひとりもいなくなったら二度と復活できない。

 ではグレイ=グーとはなんだ?

 地獄の浮上と毒の灰はまだこの世界の自然現象として説明できる。

 でもグレイ=グーという怪物は、人類を積極的に滅ぼそうとしていた。やつらは根本的にひとごろし(・・・・・)なんだ。

 何のために?

 グレイ=グーは捕食をしない。食べ物を取る必要がないからだ。誰も確かめたことはないが繁殖もしないらしい。灰の中から勝手に生まれるからだろう。

 人類を殺して殺して根絶やしにするまで殺そうとしているとしか思えない。その一点だけは確かなようだ。

 放っておいても人間は絶滅していただろう。たぶんあと一世紀もあれば勝手に全滅したはずだ。

 それを縮めた。何か理由がなければそうはしないだろう。

 それがずっと疑問だった。

 だけどいま、生存可能な聖なる土地にいて、その周りを誰も生きられない灰の荒野に囲まれていると、わかるような気がした。

 リリウムと俺だけの世界。

 リリウムは死に、俺だけが最後の生き残りになった世界。

 俺が死んで、その後に残るのは誰もいない生存可能領域で、やがてはそこも穢されるだろう。

 そこには灰しかない。

 人間は誰もいない。

 その後に地上を闊歩するのは、グレイ=グーを始めとする人間ではない者達だ。

 あの怪物どもは人間を滅ぼすこと自体を目的としているんじゃないんだ。

 人間を滅ぼして、この世界を乗っ取る気だ。

 世界を乗っ取るには人間が邪魔で、なぜ邪魔なのかが今になって分かった。

 魔法だ。

 魔法は神の愛で、神の実在の証明で、人が神に愛されている証拠だ。

 魔法を使える人間こそが魔法の神の証なんだ。

 だからグレイ=グーが人間を殺すのは、人間を殺すんじゃなくて、魔法の神を地上から消すために――神殺しのためにやっている行為なんだ。

 何の確証もなく、俺はそう悟った。

 世界が滅びる。この世界から神の証拠が消える。人間はそのために絶滅する。

 では、俺は?

 あのチャールズ・アシュフォードと同じように、原罪を背負って生まれたイレギュラーの俺が死んだらどうなるんだ?

 あるいは反対に、俺が生き残っていたとしたら?

 魔法の力が消えて、神の実在が消滅したとして、本来部外者だった俺が生き残って……それからどうなるんだ? 

 異世界から俺を、俺たちを転移させた神様は一体何を考えていたんだ?

 俺たち――俺を残して全滅したクラスのみんなは、何のため生き、何のために逝った?

 運が悪かった。そんなふうに片付けてしまってもいい。この世界の仕組みは、やっぱり部外者の俺には完全には理解できないんだ。

 俺や俺たちクラスのみんなには、神に託された何らかの目的があったのかもしれない。滅びかけた世界をどうにかして救う、そんな使命を背負わされていたのかもしれない。

 だって、何の意味もなく転移させられたのだとしたら、あまりにも悲しいじゃないか。

 俺はもう振り回されるのは御免だ。

 誰であろうと、神になんて従うものか。

 聖書の神であれ、魔法の神であれ、あるいは存在するかどうか知らない地獄の神にだって。

 俺は懐から護身用の拳銃を抜いた。

 肝心な時にいつも存在を忘れてしまうこの拳銃の存在が、今は頼もしい。

 自分で撃ち殺したリリウムの血の気の失せた横顔を眺めてから、こめかみに銃口をあて、ほとんど間を置かずに引き金を引いた。

 幸い何の痛みもなく事は済んだ。

 このあと世界がどうやって終わったかなんてどうでもいいことだ。

 俺の世界はこれで終わり。

 まあ、俺のことなんて初めからどうでもいい。

 今度はクラスメイトだった連中ともうちょっと仲良くしようと思う。

 リリウムを紹介しないといけないからな。

 最後まで聞いてくれてありがとう。

 お別れだ。





(終焉)



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全132部分)
  • 322 user
  • 最終掲載日:2017/07/29 18:22
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら自宅ごと異世界に転移してた

【本編完結済み】※書籍化しました!オーバーラップ文庫様より、五巻目となる④巻が発売されています!詳細は活動報告にて!  北条雄二、30才、無職、引きこもり歴10//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全519部分)
  • 277 user
  • 最終掲載日:2016/10/25 18:00
盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。サブタ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全842部分)
  • 282 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 10:00
食い詰め傭兵の幻想奇譚

世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。 だが知り合いもなく、懐具合も寂しい//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全320部分)
  • 279 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 12:00
二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全123部分)
  • 267 user
  • 最終掲載日:2017/09/11 08:32
ゴブリンの王国

醜悪なる姿はゴブリンと呼ばれ、人に狩られるだけの存在だった種族がいた。しかし、ただ一人の王の存在によって彼らは生まれ変わる。 魔物を率いて神々への反旗を翻した王//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全371部分)
  • 303 user
  • 最終掲載日:2016/01/22 12:00
絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで

「働きたくない」  異世界召喚される中、神様が一つだけ条件を聞いてくれるということで、増田桂馬はそう答えた。  ……だが、さすがにそううまい話はないらしい。呆れ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全290部分)
  • 272 user
  • 最終掲載日:2017/09/17 00:00
異世界迷宮の最深部を目指そう 《一章~七章》

「異世界に迷い込んだ少年は見覚えのない暗い回廊で目を覚まし、魔物にも人間にも殺されかけてしまう。その後、彼は元の世界へ帰還するために、迷宮の最深部を目指すことに//

  • ヒューマンドラマ〔文芸〕
  • 連載(全373部分)
  • 348 user
  • 最終掲載日:2017/06/02 17:46
ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~

「これは永遠に恋をする物語」  伯爵家次男トゥリウス・シュルーナン・オーブニルは、現代日本から異世界に生まれ変わった転生者である。即ち、一度は死を経験した身であ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全91部分)
  • 339 user
  • 最終掲載日:2016/04/08 23:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 311 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
セブンス

ライエル・ウォルトは伯爵家であるウォルト家の嫡子であった。 だが、完璧である妹のセレス・ウォルトとの勝負に負けて廃嫡。完膚なきまでに打ちのめされ、心を折られた状//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全345部分)
  • 299 user
  • 最終掲載日:2015/12/06 00:00
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 328 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
蜘蛛ですが、なにか?

勇者と魔王が争い続ける世界。勇者と魔王の壮絶な魔法は、世界を超えてとある高校の教室で爆発してしまう。その爆発で死んでしまった生徒たちは、異世界で転生することにな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全523部分)
  • 386 user
  • 最終掲載日:2017/09/21 23:20
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全97部分)
  • 282 user
  • 最終掲載日:2017/05/07 23:14
本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

 本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いく//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全677部分)
  • 288 user
  • 最終掲載日:2017/03/12 12:18
堕落の王

気がついたら異世界に転生していた。 寝ていたらいつの間にか望んでもないのに魔王になった。 働かなくていいなんてこの世界、最高じゃないか。きっと日頃の行いがよかっ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全63部分)
  • 309 user
  • 最終掲載日:2015/11/02 00:00
Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全443部分)
  • 419 user
  • 最終掲載日:2017/06/13 01:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全297部分)
  • 313 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 13:00
人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。 元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全415部分)
  • 343 user
  • 最終掲載日:2017/06/30 09:00
無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうや//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全286部分)
  • 437 user
  • 最終掲載日:2015/04/03 23:00
ライブダンジョン!

ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。そして異世界でのダンジョン攻略をライ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全229部分)
  • 266 user
  • 最終掲載日:2017/09/20 17:00
異世界食堂

しばらく不定期連載にします。活動自体は続ける予定です。 洋食のねこや。 オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。 午前11時から15//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全119部分)
  • 291 user
  • 最終掲載日:2017/06/10 00:00
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

いじめられっ子だった無力な少年が、落とし穴を掘っていた。 いじめの主犯を穴に落とすために。 殺すための武器も用意していた。 だが、落とし穴に落ちたのは、醜悪な豚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全250部分)
  • 260 user
  • 最終掲載日:2016/07/11 19:00
灰色の勇者は人外道を歩み続ける

灰色の勇者として異世界に勇者召喚された日本人、灰羽秋。 だが彼は召喚された12人の勇者たちのなかで唯一1人だけ、スキルの選択に時間をかけすぎてしまい別の大陸へ誤//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全67部分)
  • 276 user
  • 最終掲載日:2017/04/23 00:47
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全281部分)
  • 273 user
  • 最終掲載日:2017/09/02 18:02
黒の魔王

黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全628部分)
  • 336 user
  • 最終掲載日:2017/09/22 17:00
その無限の先へ

いつ、どんな形で死んだのかは分からない。 前世の記憶を抱えたまま転生した先で待っていたのは、ゲーム的なシステムを持ちながらも現実的で過酷な日常だった。 現代知識//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全111部分)
  • 371 user
  • 最終掲載日:2017/07/30 08:28
ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物でひしめき合う、灰色の森で覆われた世界。孤児として独りぼっちで生きる主人公のシュオウは、生まれながらの優れた動体視力を見込まれて、偶然//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全60部分)
  • 276 user
  • 最終掲載日:2017/09/19 07:00
最果てのパラディン

  かつて滅びた死者の街。 そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。 かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。 技を継ぎ知識を継ぎ、愛//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全156部分)
  • 407 user
  • 最終掲載日:2017/09/13 21:59
用務員さんは勇者じゃありませんので

部分的学園異世界召喚ですが、主役は用務員さんです。 魔法学園のとある天才少女に、偶然、数十名の生徒・教師ごと召喚されてしまいます。 その際、得られるはずの力をと//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全142部分)
  • 385 user
  • 最終掲載日:2017/08/25 18:00
辺境の老騎士

大陸東部辺境のテルシア家に長年仕えた一人の騎士。老いて衰え、この世を去る日も遠くないと悟った彼は、主家に引退を願い出、財産を返上して旅に出た。珍しい風景と食べ物//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全184部分)
  • 275 user
  • 最終掲載日:2017/01/01 00:00
↑ページトップへ