挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

27 月の謎と宇宙船竣工篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

978/1736

27-38 月へ

 こうして、生身の問題点を排除した分身人形(ドッペル)を使い、いよいよ仁は月の探索に乗り出すことにした。

 6月2日午前8時、蓬莱島の宙港では仁の旗艦『アドリアナ』が出発準備を整えていた。
「よし、老君、いつでもいいぞ」
『はい、御主人様(マイロード)。それではカウントダウンを行います』
 あくまでも気分である。
『10……9……8……7……』
 仁とエルザ本人たちは、研究所内の司令室で、操縦装置を被ってシートに横たわっている。
『……4……3……2……1……』
 そしてカウントが0になる。
『発進!』
 直径300メートルという巨大な球形をした宇宙船、『アドリアナ』がふわりと浮き上がった。
 そのまま、強風を巻き起こさないよう、ゆっくりと上昇。
 1000メートル程上昇したあたりから少しずつ加速していく。
「いずれは衛星軌道に中継基地を作って、そこから発進させたいな」
 司令室に横たわる仁はそんなことを考えていた。

*   *   *

『……すごい』
 仁とエルザの分身人形(ドッペル)は、『アドリアナ』の上極にある展望室にいた。
 遮光結界など装備済みである。分身人形(ドッペル)なので宇宙線などは心配ないが。
 自分の身体に匹敵する『分身人形(ドッペル)』で宇宙に出たエルザは感動していた。
 漆黒の背景を背に輝く星々、燃えさかる太陽、そして青く光る水の星……アルス。
 無言で外を見つめるエルザ(の分身人形(ドッペル)=エルザD)を、仁(の分身人形(ドッペル)=仁D)は温かい眼差しで黙って見つめていた。
『ジン兄、ありがとう』
 しばしの沈黙のあと、エルザがぽつりと呟くように礼を言った。
『この景色を見る事ができて、とっても、幸せ』
 そう呟いたエルザDの肩を、仁Dは優しく抱いて、
『これから、もっと幸せにしてやるから』
 と囁いた。
『……ありがとう』
 エルザDは、そんな仁Dに、そっと身を任せるのであった。

御主人様(マイロード)、間もなく周回軌道を離れ、月を目指します』
 沈黙を破るように『大聖』の声が響いた。
 仁DとエルザDは、意識を現実に戻す。
『中央艦橋に戻ろう』
『ん』

 仁DとエルザDが中央艦橋に戻るとスクリーンには遠ざかるアルスが映っていた。
『巡航速度、秒速200キロで飛行中です』
『いい調子だな』
分身人形(ドッペル)』の感覚で捉える限り、『アドリアナ』での飛行は快適である。
 艦内重力は1Gに保たれ、居住区画には呼吸可能な空気が満たされている。
 分身人形(ドッペル)は食事の必要がないが、十分な食糧と水が積まれていた。
『うん、順調だな。『大聖』、頼むぞ』
『はい、お任せ下さい』
『ごしゅじんさま、少しお休み下さい』
 仁DとエルザDをサポートすべく乗組員として来ているアンが2人に声を掛けた。
『ああ、そうしよう』

*   *   *

 月到着まで基本的にすることがないということで、仁とエルザは操縦装置を外し、シートから起き上がった。
「ふう」
 やはり、宇宙を飛ぶということは、それが分身人形(ドッペル)であっても、少々緊張した。
「……」
 隣ではエルザも起き上がって、仁を見つめて顔を赤らめている。
 今更ながら、展望室で言われたことを意識しているようだ。
「お父さま、エルザさま。お茶をどうぞ」
 礼子が玄米茶を持って来てくれた。
 生身の仁を守るべく、礼子は地上に残っているのだ。
 代わりにアン、ロル、レファが『アドリアナ』に乗り込んでいる。
「ああ、ありがとう」
 アルスと月の距離はおおよそ38万キロメートル。秒速200キロで飛べば、32分くらいで着くだろう。
 その間、仁とエルザはお茶を飲んで寛ぐことにした。
 特に、エルザの緊張が目に見えるほどだったので、一旦分身人形(ドッペル)の制御を離れたほうがいいと判断したのである。

 そして25分が過ぎた。
 司令室の魔導投影窓(マジックスクリーン)には、『アドリアナ』から送られてくる月の映像が映し出されており、それが時々刻々と大きくなってきていた。
「そろそろ分身人形(ドッペル)の制御に戻ろう」
「ん」
「礼子、お茶ありがとうな」
 仁とエルザは再びシートに背中を預け、操縦装置を被った。

*   *   *

御主人様(マイロード)、あと3分で月軌道です。全て順調』
『アドリアナ』の中央艦橋に戻った仁Dに、『大聖』が報告した。
『わかった』
 月を巡る飛行は一度行っているので、ここまではまったく問題はなかった。
『まずは何周かしてみる。高度は少しずつ落としてみてくれ』
『了解です』
 月を周回する『アドリアナ』。
『表面は荒野、といった感じだな』
『はい、御主人様(マイロード)。空気もないようです』
 高度を落としていくにつれ、詳細が判明してくる。
 その表面は岩、礫、砂で、生物の痕跡はない。
 空気もないようだが、ところどころにドライアイスらしき白い部分が見えるので、太古の昔には大気があった可能性もある。
『現在の高度、月面からおよそ1万キロメートル』
 周回と同時に、幾つかの値も測定する。
『直径はおおよそ1700キロメートル』
 前回訪れたときの測定値と変わりはない。
『やはり、アルスに対して同じ面を向けているのは間違いないようです』
 これもまた、月の大いなる謎である。
『現在の高度、およそ5000キロメートル』
 最終的に、1000キロまで落とす予定だが、着陸する気はない。
『よし、偵察機の準備を行え』
 こういう時のために、『イカロス2』と同型の、10メートル級の宇宙船が10隻、搭載してあるのだ。
 操縦を担当するのは40センチ級の宇宙用小型ゴーレム、アストロたちである。
『アキレウス』『ペルセウス』『ヘルクレス』の3隻が、『アドリアナ』の格納庫から射出された。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20151031 修正
(誤)お父さま、エルザさん。お茶をどうぞ
(正)お父さま、エルザさま。お茶をどうぞ

(旧)司令室
(新)中央艦橋
『アドリアナ』の司令室と蓬莱島の司令室の区別が付かないので表現を変えました。
 司令室と呼ぶのは蓬莱島だけにします。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ