挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

26 異民族の国旅行篇(続)

933/1509

26-43 退廃

「……」
 北へ向かって走る自動車の中は静かであった。誰も口を開こうとしない。
「……結局、『賢者(マグス)』のしたことは無駄だったということか……」
 最初に口を開いたのは仁だったが、その口調は重く沈んでいた。
 仁が『賢者(マグス)』シュウキ・ツェツィと同じ世界から来たことを知っているエルザとサキは、仁の気持ちを察することができた。
 良かれと思い、この世界のために尽くしたことが、あだになってしまった、その実例を目の当たりにしてしまったのだから。
「でも仁、ここ……『ニューエル』は退廃してしまったが、フソーやミツホでは『賢者(マグス)』は感謝されているんだろう?」
 落ち込んだ仁に声を掛けたのはグースであった。
「たまたま、バッタルフが退廃したのかもしれないじゃないか」
 その言葉に、仁も少し気持ちが上向いたようだ。
「うん、そう……かもしれないな」
「お父さま、実はこんな物を持って来ています」
「うん?」
 礼子が差し出したのは魔結晶(マギクリスタル)。と言うか……。
制御核(コントロールコア)か?」
「はい。殴ったらバラバラになったゴーレムの物です。何かわかるかもしれないと思いまして」
「おお、よくやった。早速見てみよう。……『読み取り(デコンパイル)』」
 情報を言語的に読み取る工学魔法である。仁たちの目の前に、情報が魔法語(マギランゲージ)で展開された。
「……これは……そういう理由もあったのか……」
 その内容に、仁とエルザは絶句する。
「ハンナちゃん、見ちゃ駄目」
 エルザは顔を赤くしながら、ハンナの目を塞いだが、さすがのハンナも、まだ魔法語(マギランゲージ)は読めないのである。
「仁、何がわかったんだ?」
 同じく魔法語(マギランゲージ)がわからないグースが尋ねた。サキも聞きたそうな顔をしている。
「ああ、それがな……」
 仁は小声で話し始めた。エルザはハンナの気を逸らそうと、いろいろ話しかけている。
「一言で言うと、人間相手でなく、自動人形(オートマタ)を相手に『行為』をするようになったために出生率が低下したらしい」
 ただし、シュウキの名誉のために言っておくと、そういう機能を付け加えたのは後世の技術者だったようだが、と仁は付け加えた。
「……なんともまあ、呆れた話だね」
「……まったくだな」
 サキもグースも、開いた口が塞がらないようだ。
 それを『賢者(マグス)』の所為にしてしまうとは……、と、ハンナを除く全員が思ったのは言うまでもない。
 暇を持て余すと、人間は時としてとんでもない方向に向かってしまう、その悪例であろうか。
「……あとは、異常なほどの『魔力による繋がり(マギリンク)』が見られるな……」
 礼子やルーナ、ソレイユの十数倍。
「おそらく、クローデンの望むことをさせるための処置だろうが、これは異常過ぎる値だな……」
「お父さま、これでは自律したゴーレムであっても、正常な判断ができるはずがありませんね」
「このためにクローデンの狂気を反映した行動をとったわけだな」

 一同、その事実をそれなりに受け止めたので、エルザはこの先のことを尋ねた。
「ジン兄、これからどうするの?」
 今はとりあえず北へ向かって時速10キロくらいでゆっくり走っているのだが。
「そうだなあ……時間も無いしな……」
「ジン、あと1箇所だけ訪問してみる、というのはどうだろうね?」
 サキからの提案に仁は頷いた。
「そうだな、そうするか」
 となると、訪れる町はどこにするか、となる。近いから隣町にする、という考え方もあるが、仁が行ってみたいと思った町は、
「やっぱり『ナミンテ』だろうな」
 シュウキ・ツェツィの妻となったアドリアナ・ティエラの生まれた町であり、『まれびと』と自らを呼んだティエラ一族が住んでいた町である。
「うん、そうだろうね。ボクも興味あるよ」
「ん。それでいいと思う」
「あたしはおにーちゃんが行きたいところでいいよ!」
「それが妥当なんだろうな。俺も異議はない」
 全員、ナミンテの町でいいと言うことだった。
「よし、決まりだ」
 ということになったので、自動車は時速15キロに速度を上げた。

「仁、君は、そして礼子ちゃんはすごいな! 確かに世界一だ。世界で最高の技術を持つ魔法工学師マギクラフト・マイスターというのも頷ける!」
 グースは車内で仁と礼子への賛辞を口にした。そして、
「きっとショウロ皇国というのは魔法技術が進んでいるのだろうな……」
 父親の出身国であるショウロ皇国に思いを馳せているのだろう、グースは少し遠い目をした。
「それが、一概にそうとも言えないんだ」
「ん? どういうことだ?」
 そこで仁は、『魔導大戦』と『魔素暴走エーテル・スタンピード』についてかいつまんで説明した。

「……魔導大戦は父から聞いたことがある。フソーではあまり魔素暴走エーテル・スタンピードの影響は出ていないようだけどね」
 元々自由魔力素(エーテル)濃度の濃い地域であったことが幸いしてか、魔導機(マギマシン)や魔導具がまったく使えなくなったということはなかったようだ。
 だが、幾つかの機器は動作しなくなったり、動きが鈍くなったりしたようである。
「やはり影響はあったんだな」
 仁が呟けば、グースもまた回想を口にする。
「父が言っていたな。あまり一つのものに依存しすぎると反動が怖い、と」
 その言葉は一行皆の気持ちを代弁していた。
(そういえば……)
 仁も、かつて現代日本で勤めていた時、大手取引先が不渡りを出してしまい、一時的に経営が傾いたことがある。
 その時、一部の管理職が、『柱が1本ではいざという時に倒れる。同じ太さでなくてもいいが、3本は用意しておかなければ危うい』などと持論をぶち上げていたことを思い出す。
(言うは易く、だけどな……)
 中堅企業の場合、そうそう取引先を幾つも持てるわけではない。
 だが……。
(魔法だけに頼るのも危険だということだな)
 その時、ハンナの声がした。
「あ、おにーちゃん、雪だよ!」
 北上してきたので、残雪が残っているところもあるようだ。
 ハンナの声に仁は、カイナ村を思い出した。
(あそこは、魔法が無くても暮らしていける村だよな……)
 仁が幾つか魔導機(マギマシン)や魔導具を設置してはいるが、それが使えなくなっても、大きな混乱は起こらないだろうと思われた。
(やはり、科学技術をもう1つの根幹に据える必要がありそうだ)
 窓の外を眺め、無邪気にはしゃぐハンナの横顔を見つめながら、仁はそんなことを考えていたのである。

*   *   *

 北上する一行はナイゴ、トセモ、マヤンという名の町を通り掛かったが、いずれも廃墟となっていた。
 その夜辿り着いたグラシーホも同じであった。
「次がダラゴマ、そしてナミンテか」
 グースが手元の地図を見ながら呟く。シュウキ・ツェツィの記録にあった地図を写し取ったものだ。
「フソーやミツホとは全然違うネーミングだな」
 その2国は日本の地名から取ったとしか思えない地名が多々見られたが、ここニューエルでは皆無である。
 そもそも『ニューエル』という国名もそうだ。
始祖(オリジン)の一派が住み着いて作った国、なのかもなあ)
 それも、ナミンテにあるというドーム状の建物とやらを見れば分かるだろう、と仁は思っている。
「明日の昼くらいには着けるだろうな」
 薄い雲がかかり、明るい星が疎らに見える空を見上げながら仁は独り呟いた。

*   *   *

 そして4月26日。
 無人のダラゴマの町を横目で見、一行は北上を続ける。
 昼前、ナミンテの町らしきものが見えてきた。
「あれがそうかな?」
 目の上に手をかざし、仁が言えば、グースもまた同じような仕草で彼方を見やり、呟いた。
「周囲は壁が巡らされているようだね。シュウキ・ツェツィの頃と同じかな?」
「ティエラ一族が住んでいた場所は町の外側を回り込むんだっけね」
 そんな会話を交わしているうちにも、町は近付いてくる。
「うーん、あまり古めかしくなってはいないみたいだね」
「人がいるのかな?」
 そんな時、自動車が停止する。
「お父さま、ここにも障壁(バリア)が張り巡らされています」
 礼子が説明する。
「バッタルフのものより強力で、範囲も大きいようです。どうしますか?」
「まずは町よりもティエラの家だ。回り込もう」
「わかりました」
 障壁(バリア)の外側を左回りに回り込んでいく自動車。
「塀の高さは増しているんじゃないか?」
 シュウキの手記によると、3メートルほどということだったが、そばで見てみると5メートルくらいあるように見える。
「1000年以上経っているんだ、増築されたりしていてもおかしくないさ」
「それもそうだな」
 そして数分、行く手に、灰色のドームが見えてきた。
「あれらしいな」
「さて、いったい何が待つのか、楽しみだ」
 仁はいつになくわくわくしてくるのを感じていた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150917 修正
 本文中にタイトルが入ってしまっていました(コピペ時のミス)ので消しました。

 20150918 修正
(誤)ツェツイ
(正)ツェツィ
 4箇所修正しました。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ