挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

05 旅路その1 エリアス王国篇

93/1538

05-02 フラットヘッド村

 馬車はその日の午後、まだ日が高いうちにその日の宿泊地である村に到着した。名をフラットヘッド村という。
「今日はここで泊まりか、もう少し行くのかと思った」
 ポトロックの周辺には隣接して村や集落が幾つもあったし、ここまでの道中だって村や集落を幾つも見かけた。ならこの先にもまだ村はあるだろう。
 カイナ村周辺とは段違いだ。麦を運んでトカ村へ行った時は2日掛かったことを思い出す。ここだって村というより町と言ってもいいくらいの規模に見える。
「エリアス王国は、魔導大戦であまり被害を受けなかった。だからこのくらいが普通」
「なるほど、急激な人口の減少はなかったのか」
「ちがう。人口はこの国も半減した。大陸中央での戦いに出兵したこと、それに魔素暴走エーテル・スタンピードのせいで」
「なら、なんで……ああ、建物や施設への被害が少なかったのか」
「そう」
 広場で馬車が止まった。
 執事が客室のドアを開けてくれる。仁も礼子も飛び降りた。エルザもまた、前と同様、スカートを巧みに押さえながら飛び降りる。
 全員降り立つと仁はエルザに、
「なあ、何でフラットヘッド(平らな頭)っていうんだ?」
 その問いにエルザは、村の西にそびえる山を指差した。
「あれを見て」
「なるほど、フラットヘッド(平らな頭)だ」
 その山は頂上部が削れたように平らになっていた。
「そうか、あの山がフラットヘッド山、で、この村がフラットヘッド村になった、というわけか」
「そうらしい」
 従者の4人と御者2人が近づいて来た。馬車を預けてきたようだ。
 聞くと、男3人のうち1人が護衛、もう1人が執事、最後の1人が下男ということらしい。従者の中で唯一の女性はエルザの乳母だということだ。
 使用人達の名前は紹介されなかった。

「これはこれは、ランドル子爵のお嬢様、お早いお着きで」
 その声に振り向くと、初老の男が立っていた、両脇には若い男が付いている。
「この村の村長。行きにも世話になった」
 エルザが仁にそう耳打ちする。往復移動なのだから当然と言えば当然である。
「お世話になる」
 そうエルザが言うと村長は一礼して、両脇の男に指示を出した。自分は片方の男と共にエルザの方へ行く。
「エルザ様はこちらへどうぞ」
 エルザと乳母がそちらへと向かう。
「お伴の方はこちらへ」
 それぞれの男が案内に立った。仁はお伴達の方へ付いて行こうとすると、
「ジン君とレーコちゃんは私と一緒」
 エルザに手招きされた。
「エルザ様、こちらは?」
 村長がエルザに尋ねる。エルザはそれに答えて、
「ジン君とレーコちゃんはランドル伯爵家のお客さま」
 それを聞いた村長は目を丸くして、
「ほほう! それはそれは! ジン殿、レーコ嬢、どうぞこちらへ」
 ということで仁、礼子、エルザ、乳母、そして村長の5人は村中央にある大きな家へと向かった。ここが村長宅らしい。
「ようこそいらっしゃいました」
 数人の使用人が出迎える。エルザは行きにも泊まったので慣れているようで、笑顔を向けて頷く。
 仁は慣れない歓迎に戸惑っていた。
「さあさあ、どうぞ、この部屋でおくつろぎ下さい」
 仁と礼子が案内されたのは、二間続きになった部屋で、一つ一つの部屋は8畳くらいだ。奥まった部屋にはベッドが2つ。手前の部屋には割合豪華なテーブルセットが置いてあった。
「わりと裕福な村なのかな」
 カイナ村の村長宅に比べてみる仁。人口だけでもこちらの方が多いだろうから、まあ裕福なのだろう。
「港町にも近いしな」
 と、仁は、礼子の様子がおかしいことに気が付いた。
「礼子、どうした? さっきからしゃべらないがどこか具合でも悪いのか?」
「……お父さま」
 すがるような目で礼子が仁の名を呼んだ。
「ん? どした?」
「……私のこと、捨てないで下さい」
「はあ?」
「私、もっともっとがんばりますから!」
「何で、何が、どうした?」
「私、お父さまのお役に立てませんでした!」
「ちょっと待て、いったい何のことだ?」
 珍しく支離滅裂な礼子の台詞に面食らう仁。
「お父さまが苦しんでらっしゃるのに気付けず、あの人に後れを取ってしまいました!」
「車酔いのことか? あれは初めてだったし、無理ないだろ。エルザは他にも車酔いの人を見ているからわかったんだろうよ」
「でも、でも……!」
 まだぐずぐず言っている礼子を仁はそっと抱きしめる。
「礼子、お前は俺の娘だろう? 俺は娘を捨てるような事はしないよ。それに娘なんだから、役に立とう立とうとあせらなくていいから」
「でも……」
「俺はお前がそばにいてくれるだけで安心できてるんだから」
 そう言いながら礼子の頭を撫でる仁。
「私は……お父さまのお役に立つために生まれたのです……お役に立てなければ……存在する意味がないのです……」
「だから、そばにいてくれるということで、もう助かってるんだよ」
 そのまま礼子を抱きしめ、背中を撫でてやっていると礼子も落ち着いてきた。
「本当に……わたし……お役に立ててますか……?」
「ああ、もちろんだ。お前は俺の自慢の娘じゃないか」
「ありがとうございます……」
 そう言って礼子からも仁の体をそっと抱きしめてきた。
(礼子もずいぶんと感情が豊かになって来たな)
 そう思いながら仁は礼子の背中を撫でていた。

「ジン君、いる?」
 そんな折、エルザがドアを開けた。そして抱き合っている2人の姿を見、
「……ごめんなさい」
 そう言ってすぐにドアを閉めた。足早に立ち去る足音が遠ざかっていく。
「あれ、今のはエルザか? 何か用があったんじゃないのか?」
 わかっていない仁であった。

*   *   *

 それからしばらくして、仁は村長宅の庭に出てみた。
「あー、いい眺めだな」
 南国の夕暮れは暖かく、庭には花木が植えられていて、名前はわからないが白い花を付けている。
 空は夕暮れ、フラットヘッド山の向こうに太陽が沈むところであった。その時、背後から何か音が聞こえた。
「?」
 その物音に仁は振り返る。そこにいたのはエルザ。部屋着なのか、ゆったりしたガウンのような服を着ている。
「……さっきはごめんなさい」
 その彼女が頭を下げる。
「ん、さっき?」
 謝られる憶えはない仁である。だが。
「その、人形と、そういうことをする人がいる、というのは聞いてはいた」
 なんとなく嫌な予感を憶える仁。
「……そういうこと?」
「異性でなく人形を相手にする趣味」
「……ちょっと待て」
「レーコちゃんは可愛いし、そういう気になるのもわかる……ような気がする」
 さすがに朴念仁でもエルザが何を言っているのかは理解できた。
 やっぱり誤解している。それも最悪な方向性で。
「だいじょうぶ。ジン君がそういう趣味でも私は気にしないから」
 思いっきり気にしてるじゃないか、と仁は心の中で叫んだ。
 うああああああ、内容が次回更新分と同じになってました。申し訳ありません!
 すぐ差し替えました。

 お詫びに、明日分も今日公開いたします。

 実は明日18日、不在で更新出来ないため予約投稿したのですがその時何の間違いをしたのやら。
 ご迷惑おかけしました。


 礼子危うくヤンデレ化? というより、感情が育ってきて情緒不安定になっているんでしょうね。
 仁がなだめて礼子も落ち着き、そして最後に落ちもつきました。

 お読みいただきありがとうございます。

 2013/05/20 16時45分、冒頭の仁の台詞と道中描写を修正しました。

 参考資料に載せた地図を書いていたら、街道に村や集落が無いのは不自然なため、その描写を入れた次第です。
 ストーリー展開には影響ありませんのでご了承下さい。

 20130821 10時22分  表記の統一
 魔素暴発は魔素暴走で統一します。

 20140508 誤記修正
(誤)スカートを巧みに抑えながら
(正)スカートを巧みに押さえながら
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ