挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

04 拠点篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

91/1680

04-07 旅の仕度

 翌日、仁は朝食を済ませると、旅の仕度を始めた。
「えーと、下着の替えとシャツとズボンと上着」
 汚れは『浄化(クリーンアップ)』で落とせるので、2着だけにしておく。
「……あと何がいるんだ?」
 この世界での旅は初めてなので面食らう仁である。これに関しては礼子も当てに出来ない。
「とりあえず、地球での旅行を前提にすると」
 お金、医薬品、ハンカチ、ティッシュ、ガイドブック、カメラ。
「ガイドブックやカメラは無いしな」
 そう言いながら、そのうちカメラを作ってみようと思う仁である。
「そして、ラインハルトの家の紋章入りのハンカチ」
 確認用に貰った物だ。これを忘れるわけにはいかない。
「あとはこれを入れるバッグ」
 足りないものは作り、準備を終えた。
「お父さま、転移門(ワープゲート)はどうしましょうか」
 転移門(ワープゲート)があれば、何かあった場合、いつでも蓬莱島に戻ってこられる。
「うーん、そうだなあ、どうするか」
 だが、かさばる部品もあるため、迷う仁である。
「そうだ、魔導装置(マギデバイス)だけ持って行って、筐体とかはその場でなんとかしようか」
 転移用の魔導装置(マギデバイス)があれば、あとは基台とか筐体とか、あり合わせの材料でも何とかなる。
「そうですね、それがいいと思います。2基分持って行けばいいでしょうか?」
「ああ、2基あれば片方に何かあった場合でも戻って来られるだろ」
 それで、転移門(ワープゲート)の心臓とも言える魔導装置(マギデバイス)を準備。
 闇属性の黒い魔結晶(マギクリスタル)と、制御魔導式(コントロールシステム)を書き込んだ魔導基板(プレート)
 この時、蓬莱にあるマスター側の魔力波形に正確に同調させないといけないため、ここ蓬莱でしか作れない部品である。
「よし、これでいいか」
 筐体用の部品がなければ、2基分でも2キロくらいの重さ、問題はない。
「忘れ物はないかな」
 まあ、あっても買うか、最悪作り出せばいいのである。
「お父さま、念のため水筒をお持ちになったらどうでしょうか」
「水筒か。そうだな。保温・保冷性があって、内部に水を浄化する魔導式を刻んだ物があるといいな」
 思い立ったらすぐ実行。軽銀(ライトシルバー)を使い、2重構造にして、中の空気を抜く。ようするに魔法瓶である。
 さらに底の部分に浄化の魔導式を刻み、生水でお腹を壊すことのないようにする。
「これでよし。一応礼子、お前の分も作っておいた」
「私は飲む必要ありませんが、お父さま用の予備を持っているつもりでいましょう」
 そう言って受けとった。
「あとは……」
「お父さま、招待されたわけですから、そのお礼のような物はどうでしょう?」
「お礼、かあ……」
 ちょっと考えた仁は、乳白色の魔結晶(マギクリスタル)を手にして、
変形(フォーミング)。……魔導式(マギフォーミュラ)書き込み(ライトイン)
 指輪を作り上げた。守護指輪(ガードリング)の劣化版である。
保護指輪(プロテクトリング)と呼ぼうか」
 ガードとプロテクト、どっちが強そうか仁にはわからなかったが、最初に作ったのがガードだったのでこの呼び名となった。
「数個作っておいて、機会があったら贈ることにしようか」
「そうですね。守護指輪(ガードリング)で気が付いたのですが、剣のような物を私が持つというのはどうでしょうか?」
 ラインハルト達は礼子が自動人形(オートマタ)であることを知っているので、仁を守るための装備をしていても何とも思わないだろう。
「それに、剣でしたら手加減しやすいですし」
「なるほどな」
 そう言われた仁は、さっそくアダマンタイトを取り出し、
変形(フォーミング)硬化(ハードニング)表面処理(サフ・トリートメント)
 ……刀を作り上げた。反りのある、細身の日本刀である。長さは50センチくらい、礼子にちょうど良さそうだ。魔法を使って、あるはずのない刃紋を入れたのはお遊び。
「お父さま、これは確か……」
「ああ、お前にも知識が転写されていたか。そうとも、これは剣じゃなく刀。これならごつい剣よりは軽いしな」
 そう言いながら、軽銀(ライトシルバー)で鞘を作る。酸化膜の色はピンク色にして、礼子が持っても違和感のない色にした。鍔などの刀装具は銀色。
「日本刀の正式な造りってよく知らないけどこれでいいだろう」
 柄は疑似竜(シャムドラゴン)の牙。地底蜘蛛(グランドスパイダー)の糸で作った紐を巻いて滑り止めとする。
「よし、完成だ。銘は……そうだな、ピンク色だから桃花とうかだ」
 そして完成した『桃花とうか』を礼子に渡す。
「ありがとうございます、これでお父さまをお守りいたします」
 これで大体の準備は整ったと思い、最後に留守を守るソレイユとルーナに再度指示を出すことにする。
「それじゃあ、何かあったら……」
 そこまで言いかけた仁は、
「ちょっと待った!」
 そう言って、急いで工房へとって返した。何事かと礼子も後を追う。ソレイユとルーナはそのまま待機した。
「お父さま、どうなさったんですか?」
 工房で何か始めた仁に向かって、怪訝そうに礼子が尋ねた。
「ああ、魔素通信機(マナカム)を作ってる」
 自分で開発しておきながら、さっきまで忘れていた仁。
「よーし、とりあえず2組作った。俺と礼子、それに礼子とソレイユかルーナの間で話が出来る。何かあったらこれで連絡が付けられるぞ」
 今のところ、相手を選択できるようにはなっていないので、携帯電話とまではいかない。まあトランシーバーといったところだ。大きさは最新の携帯電話くらいなのでかさばらない。
「これで本当に忘れ物は無さそうだな」
 安心した仁は、あらためてソレイユとルーナに指示を出し直していった。

「……わかったな?」
「はい、了解しました」
「何かあったらその魔素通信機(マナカム)で連絡を寄越せ」
「はい」
 ということで仁と礼子は転移門(ワープゲート)を使い、ポトロックへと飛んだのである。

 現地時間ではお昼前といったところか。
 馴染みになった『海鳴亭』へ行ってみる。
「おや、お久しぶり、どっか行ってたのかい」
 おかみさんが出迎えてくれた。
「見てたよ、この前の競技。あのゴーレム作ったのあんたなんだってね。マルシアから聞いたよ」
 聞くところによると、あれからマルシアは造船工(シップライト)として、店を出すために走り回っているそうだ。
「そっか、今この町にいないのか」
 借金を返したり、工具を買い集めたりで、昨日からは資材の買い付けに別の町へ行っている、とおかみさんが言った。
「で、今日は? 泊まりかい?」
「はい、1泊だけになりますが」
 仁がそう言うと、
「それじゃあ、前と同じ300でいいよ。部屋は……ちょうど『ボニート』が空いていたね」
 以前と同じ部屋が取れた。まあ、競技大会が終わって、若干観光客が減っていたという事もあるようだ。
「さて、これで明日、迎えが来るのを待っていればいいな」
 そう呟いて、仁は馴染んだベッドに腰を下ろしたのである。
 ガードとプロテクト、ガードはやや能動的、プロテクトは固定的な印象があります。仁もよくわかってないのであの命名になりました。
 日本刀大好きなので出してしまいました。が、仁はそれほど詳しくないので『もどき』です。目貫とか鯉口とか小柄櫃とか付いてませんしね。
 仁が出した指示は、蓬莱島の整備、崑崙島の開発等です。いない間にも基地としてどんどん整備されていきます。
 この章は繋ぎなのでこれで終わり、次回から新章突入です。

 お読みいただきありがとうございます。

 20140530 07時52分 表記修正
(旧)書き込み(ライト)
(新)書き込み(ライトイン)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ