挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

26 異民族の国旅行篇

886/1595

26-06 セキの町へ

 朝食を済ませた仁一行を、マヤが尋ねてきた。
「おはようさん。今日、ダローさんと一緒にセキの町へ行けるんか?」
 セキの町は、ミツホ国の最終審査場といってもいい町だ。ここは文字通り関となっている。
「ええ、大丈夫ですけど、どのくらい離れているんです?」
 仁としてはジョン・ディニーからの情報及び監視衛星『ウォッチャー』からの観測により、60キロ弱であることを知ってはいる。
「60キロくらいやな」
「じゃあ、昼過ぎに出ても十分ですね」
「ん? あの自動車ってそんなに速いんか?」
「ええ、時速20キロを出せますから」
 その数値を聞いたマヤは納得したように頷いた。
「自転車ならもう少し速いけど、長時間は無理やからな。そういう点では魔導機(マギマシン)ってすごいわあ」

 時間的に余裕があることははっきりしたので、昨日の約束通り、『常夜灯』について教えてくれることになった。
「『ツキヨグサ』という、草というより苔やな、それがミツホの荒れ地に生えとってな。採取してきて乾燥させ、すり潰して塗料に混ぜるんや。そうすると光る塗料ができあがるわけやね」
「なるほど、夜光塗料か」 
 別名蓄光塗料。光のエネルギーを吸収し、発光するものだ。現代地球では時計の文字盤などに使われている。サキが宿で聞いてきた通り、このツキヨグサが常夜灯に使われていたのである。
「どういう仕組みで光を蓄えるんだろうね?」
 サキが首を傾げている。
「すまんね、あたいはそう言うことに疎いんや。セキの町に行けば詳しい人もおるさかい、聞いてみてや」
 原理や仕組みを知らずとも、人は昔からいろいろな現象を利用してきた。もちろん、原理を解明することで応用が効くようになることも事実。
「くふ、セキの町、楽しみだね」
「ジンはんたちなら大歓迎される思うわ」
「だといいけどな」
 そんな会話をしていると、カリ集落の長、ダローがやって来た。
「おや、マヤも来ていたのか」
 実はセキの町の副町長である彼は、ミツホにやって来る者たちを見極める役も担っているのだ。
「ジン殿、本日中にセキの町へ向けて出発、でよろしいですか?」
「ええ、今、マヤさんからも話を聞きました。お昼過ぎに出れば、今日中に着けると思います」
 それが『自動車』に乗ることを前提とした話であると察したダローは素直に感心した。
「ほうほう、やはりジン殿は非凡な方なのですね」
 背後で薄い胸を反らしている礼子は置いておき、仁は詳しく説明した。
「自動車は時速20キロで1日中走ることができます。短時間ならその倍でも。運転手のエドガー以外に7人乗れますので、ダローさんも一緒に行けますが」
 もしもの時のため、補助席が1人分用意してあるのだ。普段は荷物置き場だが。
「ほう、それは嬉しいですね。乗せていただけるので?」
「もちろん」
 と、いうことで、少し早めの昼食とし、正午にここを発つ事が決まった。
 今はおおよそ10時。
 ダローは昼食をご一緒に、と言い置いて一旦立ち去った。
「あれ? ダローはん、帰ったんか。お茶淹れたのにな」
「じゃあみんなでいただこう」
 せっかくマヤがお茶を淹れてくれたので、全員でのんびりとお茶を飲むことにした。
「もう行ってまうんか。もっといろいろ話をしたかったなあ」
 名残惜しそうな顔をするマヤ。
「ショウロ皇国とミツホとが正式な国交を結んだら、もっと頻繁に行き来できるようになるよ」
「せやな。また会える日を楽しみにしておくことにするわ」
「国交が結ばれれば、オリヴァーさんとだって正式に一緒になれるだろうし」
「ぶほっ!」
 仁の言葉に、マヤは盛大にお茶を吹き出した。
「げほげほっ、げほっ」
 気管にまで入ったらしく、苦しそうに咽せている。見かねたエルザは治癒魔法を掛けてやる。
「『治せ(ビハントラン)』」
 内科・外科両用の治癒魔法だ。これでようやくマヤの呼吸が落ち着いた。
「お、おおきに、ありがとさん。……ジンはん、変なこと言わんといてや!」
 真っ赤な顔で仁に詰め寄るマヤ。目からは涙を、鼻からは鼻水を垂らしている。
「え、俺?」
 オリヴァーとマヤは公認の仲だと思っていたので、仁としては意外であった。
「マヤおねーちゃん、鼻水」
 子供の特権で空気を読まずにハンナが指摘した。おかげでマヤの勢いが削がれる。
「あ、う」
 ハンカチを出し、顔をぐしぐしと拭き取ったあと、マヤは仁に向き直ったが、先程の勢いはもうない。
「あー……はあ、もうええわ。オリヴァーのことは確かに好きやねんけどな、向こうの家の人があたいなんぞを受け入れてくれるはずないねん。あたいはこんな女やし」
 両親がいない、異民族とのクォーターであること、をぽつりぽつりと打ち明け、自嘲気味に笑うマヤに物申したのはサキであった。
「マヤさん、ボクの父はただの平民だったんだ。そして、母は侯爵家の長女だった」
「え?」
「身分が違いすぎて、当然結婚なんて許してもらえるはずがない。でも、ボクは今、ここにいる」
「それって……」
「父が母を連れ出して駆け落ちしたんだ。もう母はいないけど、今では祖父……母の父親も、2人を許している」
「サキはん……」
「だから、諦めちゃいけないよ。そのオリヴァーさんに嫌われたというならともかく」
「……」
 珍しくサキが、研究以外のことでムキになっていた。
「サキはん、おおきに。あたいも諦めんと頑張ってみるわ」
「くふふ、柄にもないこと言っちゃったね」
 仁たちに向き直ったサキは少し照れていた。
「いや、少し意外だったことは確かだけど、サキにしか言えない言葉だったと思うよ」
「サキ姉、格好良かった」
「サキお姉ちゃん、すてきだった!」
 ハンナはどこまで分かって言っているかはわからないが、仁とエルザは本心からの言葉だった。
「……照れるね」
 頭を掻き、頬を染めたサキは、こそこそとアアルの後ろに隠れたのであった。

 そして出立の時間となった。
「ジンはん、サキはん、エルザはん、ハンナちゃん、また来てや」
 マヤが見送ってくれた。礼子、アアル、エドガーは自動人形(オートマタ)だと教えたので、声を掛けないつもりなのかと思いきや、
「れいこちゃん、アアルはん、エドガーはん、しっかりご主人様たちを守ってや」
 ちゃんと声を掛けていた。それを聞いて、
(礼子の呼び方、かなりネイティブな発音に近いな……)
 などと仁は考えていたりする。
「さあ、行きますか」
 自動車にダローを乗せ、仁はエドガーに出発するよう指示を出した。
「発車します」
 一声掛けてエドガーはアクセルを踏み込んだ。ゆっくりと自動車が動き出す。
 ダローは、初めて乗る自動車に興味津々のようで、無言のままあちらこちらを観察していた。
「……タイヤは見たところ木でできている。なのにこの乗り心地の良さは……」
 とか、
「室内にこれだけの人数がいるのに、暑くもなければ寒くもない。蒸れることもない。これはいったい……」
 などと呟く。
 そんなダローに苦笑しながら、仁は少し放っておこうと思うのだった。

 そしてダローが心の平静を取り戻したのは、セキの町までの道程、その半ばを過ぎた頃であった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ