挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

25 飛躍への準備篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

879/1685

25-27 試乗会

「ジ、ジン・ニドー卿! こ、これは何でありますかっ!?」
 案の定、宮城(きゅうじょう)入口で門衛に止められ、驚いた顔をされた仁たち。
「馬無し馬車、『自動車』というんだ。後ろの車は陛下に献上する物だよ」
「そ、そうなのですか? と、とにかく、少しお待ち下さい!」
 初めて見る自動車を、仁の作だからといってあっさり通過させていいものか、門衛には判断が付かなかったので、1人が大急ぎで上司へと確認に行ったようである。
 待っている間、仁はもう1人の門衛にいろいろ質問されていた。
「馬がいないのになぜ動くんですか?」
「速度はどのくらいまで出るのでしょうか?」
「操作は簡単なのですか?」
 等々、いろいろと聞かれたのだが、一番嬉しかったのは、
「これって、私でも所有できるでしょうか?」
 という質問だったりする。
 興味を持ち、所有してみたいと思う人もいる、ということがわかったからだ。

 10分くらい待っていただろうか。
「ジン殿、失礼した! 門衛! 問題はない! お通ししろ!」
 近衛女性騎士、フローラが走ってきて、仁たちの通行許可を出した。
「申し訳ないことを致しました、ジン・ニドー卿!」
 門衛は仁と仁の自動車に敬礼をした。仁も簡単に答礼し、自動車を発進させた。
「エドガー、ゆっくり走らせるように」
「はい、かしこまりました」
 宮城(きゅうじょう)内なので、歩く速度より少し早い程度に抑える。フローラはそんな自動車の横に付き、早足で伴走した。
「ジン殿、この『馬無し馬車』は、馬車用の駐車場に駐めて欲しい」
「わかりました」
 その指示通り、馬車専用の駐車場に2台共駐めた。管理はエドガーに任せ、仁、エルザ、礼子はフローラの先導で女皇帝に会いに向かう。

「ジン君、窓から見ていたわ。面白いものを作ったじゃない」
 開口一番、自動車について話し出す女皇帝である。
「はい、1台は陛下に献上するものです」
「本当? 嬉しいわ。後でゆっくり見せて貰うわね? まずは、あれを渡しておかないと」
 女皇帝が横に座る宰相に目で合図する。宰相は2枚の皮紙を差し出した。
 因みに、ショウロ皇国がミツホから輸入し、最近出回り始めた『木紙』は、まだ公文書に使われるには至っていなかった。
「これがミツホへの訪問許可証、こっちが身分証明書だ」
「ありがとうございます」
 仁は礼を言ってそれを受け取った。
「さあジン君、くれるという『馬無し馬車』、見せてちょうだい!」
 横で宰相とフローラが嘆息しているのを知ってか知らずか、女皇帝は勢いよく席を蹴って立ち上がったのである。

*   *   *

「……これが『馬無し馬車』?」
 仁、エルザ、礼子、女皇帝、宰相、フローラの6人は宮城(きゅうじょう)前広場端にある駐車場にやってきていた。
「自動車といいます。こちらが献上する自動車です。ここが客室で……」
 仁が一通りの解説をすると、宰相が感心した声を上げた。
「おお……、これは素晴らしい」
 品よく纏められたデザイン。
「お許しを頂ければ、この紋章を取り付けさせていただきたく」
 と、皇帝家紋章の交差した3本の剣(ドライシュヴェルト)を見せる仁。
 もちろん、女皇帝に否やはなく、仁は手早く紋章を取り付けた。

「これは危険がないのよね?」
「はい、陛下。現に、拙宅からこちらまで走らせてきたわけですが、何の問題も生じませんでした。そうだ、こちらの自動車を走らせてご覧に入れましょう」
 仁は、自分用に作った自動車を、エドガーに命じて走らせて見せることにした。
「それじゃあエドガー、広場を一周して戻って来てくれ」
「はい、かしこまりました」
 そして自動車は発進する。
「まあ、本当に馬なしで走っているわ!」
「ふむ、それほど速度は出ないのですな」
 女皇帝と宰相は物珍しそうな顔。フローラは先程伴走しながら見ていたのでもう驚かない。
 数分で、エドガーが運転する自動車は宮城(きゅうじょう)前広場を1周して戻って来た。
「と、いうわけです。危険なことは無いので、どうぞご試乗下さい」
 仁が言うと、女皇帝は待ちきれないといった表情で宰相とフローラをせっついた。
「そうよね。……宰相、フローラ、どうかしら?」
「は、陛下。どうぞ、お乗り下さい」
 まず近衛女性騎士フローラが乗り込み、女皇帝に手を差し出し、乗車のサポートを行う。ついで宰相が乗り込んだ。
「ジン殿、一緒に乗って説明を頼む」
 と宰相から要請があったので、仁と礼子が最後に乗り込んだ。
 3人掛けの席が前後2列なので、前方右がフローラ、中央に女皇帝、左が宰相。2列目右に仁、左に礼子、という席順である。
「運転は、運転専門のゴーレムが行います。行き先指示は口頭で告げて下さい。例えば『広場をゆっくり1周しろ』」
〈はい、かしこまりました〉
 簡潔な言葉が返ってきて、自動車は走り出した。
「動いたわ。乗り心地はいいわね」
「うむ、振動がほとんど感じられないな」
 時速5キロくらいで宮城(きゅうじょう)前広場を走る自動車。少し早足に歩いているくらいの速度だ。
「馬車で、御者に指示を出す要領です」
「なるほどね。もう少し速くできるのかしら?」
「はい。指示してみて下さい」
「わかったわ。『もう少し速く走って』」
〈はい、かしこまりました〉
 返事の後、速度が増した。時速10キロくらいか。
「ああ、速くなったわ。どのくらいまで速度を出せるのかしら?」
「時速20キロくらいです。普通の馬車と同じくらいでしょうか」
 普通の、というのはどの程度を指すかが曖昧だが、この世界での長距離馬車はおおよそ時速10キロから15キロくらいである。
 道が舗装されていないことがその主な原因だ。短時間なら時速40キロくらいまでは出せるだろうが、馬と馬車の負担が大きすぎるので実用的ではない。
「それでもすごいわ。連続ではどのくらい走るのかしら?」
「限界試験はしていませんが、壊れない限りはいつまでも大丈夫なはずです。『魔力素補給機(マナサーバー)』を積んでいますので、魔力素(マナ)切れの心配はないんです」
「うーん、すごいわ」
「すごいですな」
 説明を聞いた女皇帝、宰相はうなり、窓から外を見つめた。
「眺めもいいし、乗り心地はいい。それで現行の馬車以上。欠点は高価なこと、かしら?」
「そうですね、これ1台で100万トールを越えます」
 と仁が答えると、宰相が呆れた声を出した。
「ジン殿、それは材料費であろう? ジン殿が手掛けたなら、手間はその2倍、3倍、いや5倍は取ってしかるべきだ」
「はあ……」
魔法工学師マギクラフト・マイスター』である仁の謹製、ということで、そのネームバリューも入れたら、1台500万トール(約5000万円)は下らないだろうと宰相は言った。
 長距離を行く場合、生き物である馬の世話が大きな要素となってくる。水、飼い葉、それに適度な休息。身体も洗ってやる必要があるだろう。
 自動車の場合はそれを単純に無視できるのだ。
 仁としては、1万キロくらいなら整備なしで走るだろうと思っている。
「車輪だけは交換が必要になると思いますが」
 いくら強化、強靱化されているといっても木製であるから、おのずと限界はある。
「一応予備の車輪は一式積んであります」
 直径50センチ、車輪巾5センチなので積み重ねても20センチにしかならず、場所をとらないため、床下の収納部に入れてある。
「こうした整備の知識は運転ゴーレムが知っています」
「至れり尽くせりね」
 前庭を1周して戻ってくる頃には、すっかり満足した女皇帝であった。
「これでもまだまだ改良の余地はあります。もしお気づきの点がございましたらお教え下さい」
 仁はそう付け加えるのを忘れなかった。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150725 修正
運転手オートマタの返事を「はい、わかりました」から「はい、かしこまりました」に変更。

 20170212 修正
(誤)1台500万トール〈約5000万円)は下らないだろうと宰相は言った。
(正)1台500万トール(約5000万円)は下らないだろうと宰相は言った。
 カッコが……orz
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ