挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

25 飛躍への準備篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

866/1734

25-14 事後処理

 700672号の元を辞した仁は、事後処理に取りかかった。

御主人様(マイロード)、あの巨大エルラドライトと、セルロア王国の8人の兵士について、私と『太白』とで再検討してみました』
 老君が発言する。『太白』とは、先日の『魔導砦(マギフォートレス)』騒ぎで仁が手に入れた魔導頭脳である。
 魔導大戦時に作られた軍事用の頭脳で、今は崑崙島を管轄させている。
 軍事用に作られたので、計画の立案に関しては頼りになるのだ。
『マキナが兵士を見つけたことにしようと仰いましたが、それはやめた方がよろしいかと思い、改めて立てた案があります』
「うん、聞かせてくれ」
『はい。まず、確認させていただきますが、一番の問題点は、『始祖(オリジン)』やサーバント、魔族のことが知れ渡ること、でよろしいですね?』
「ああ、そういうことだな」
 大前提として、『始祖(オリジン)』やサーバント、魔族のことなどは、せめて『世界会議』が実現した後、全部の国に同時に知らせたいと思っているのだ。
 できることなら、当分は秘しておきたくも思っている。
『わかりました。……それらを踏まえて、こういう案はいかがでしょう』
御主人様(マイロード)は、セルロア王国で、特殊ゴーレムが送ってきた映像を見て、どこかの地下だろうと見当を付けました』
「ふむ」
 間違ってはいない。『どこ』かということはその後すぐにわかったのだが。
『旧レナード王国の地下にも魔物がいたことから、そちらを中心に、独自調査を行いました』
「うんうん」
 不自然さは感じられないし、そう言い替えてもいいような行動をしている。
『そしてエルラド鉱山の地下で、ついに見つけたのです』
「まあ、そう言っていいかもな」
『その際、巨大なエルラドライトを見つけました。ですが、御主人様(マイロード)は地上には出ず、そのまま地下の調査を進めました』
 それなら、エルラドライトの申請が遅れた理由にはなるだろう、と仁は思った。
『更には、地下に謎の遺跡を見つけ、そこで行方不明になっていた8人の兵士も見つけたのです』
「なるほど」
 ここまでは無理のない展開である、と仁も共感できる。問題はここからだ。

『その遺跡を調査しようとした時、何らかの保安設備があったのか……これは、場合によっては言わなくてもいいかと思います……遺跡は崩壊してしまいました』
 現に崩れてしまっているのだから、これも問題ないだろう。

『彼等が誰に助けられたかと言えば、それは不明、としていいのではないかと思います。遺跡はなくなってしまったのですから』
 重要なのは8人が生きていたと言うこと、そして巨大エルラドライトだと老君は言った。
「そうか? 地下遺跡だが、絶対に誰かしら調査に来ると思うぞ」
『それにつきましては、あそこまで至れる技術を持っているなら、隠しても無駄かと』
 仁は考えて見た。今の世界にある技術では、蓬莱島関係者以外であの1500メートルの地下まで行き、崩れてしまった施設を調査できるとは思えない。
 逆に、それができる技術水準になっているなら、あの施設のことを隠しても無駄だろう。
「うん、いいだろうな」

 そして最後に、仁ダブルの魔法記録石(マギレコーダー)……2体の600012号が『知識送信(センドインフォ)』で送りつけてきた情報を受け取ったはずの魔結晶(マギクリスタル)の内容を解析するように、と指示を出したのであった。

*   *   *

 3月22日、『コンロン2』はセルロア王国へと向かっていた。
 乗っているのは仁、礼子、エルザ、エドガー。操縦士はスチュワード、助手は少女型の新SP、リリーとローズ。乗客は8人のセルロア王国兵士たちである。
 21日いっぱいを使って、二堂城でエルザが8人を治療したのである。
 二堂城を使ったのは、旧レナード王国から近く、彼等に知られても問題のない場所だったからである。
 8人はそれまで眠り続けていたのだ。

「すごい、これが空から見た風景か!」
「我が国の飛行船よりも速いらしいぞ」
「乗ることができて幸運なのか、ひどい目にあったから不運と言うべきなのか」
「こうして五体満足で帰れるんだから幸運と思おうぜ」
「そうだな。空を飛ぶという貴重な経験もできたことだし」
「しかし、すごい治癒魔法だったな」
「ああ。『崑崙君』の婚約者、エルザ様だったか?」
「美人……と言うか美少女だったなあ」
 初めて空を飛んだ興奮を口にする者、怪我を治してくれたエルザへの賛辞を口にする者。

「しかしあの魔物に囲まれた時はもう駄目だと思ったよな」
「ああ。意識が無くなる少し前、小さな女の子を見たような気がするんだが」
「馬鹿、そりゃ幻覚だよ」
「だよなあ。いくらなんでもなあ……」
「だけどなあ、俺も見たような気がするんだ」
「何かの見間違いだろう。女の子がいるはずがないじゃないか」
「それはそうなんだけどなあ」
「恐怖でおかしくなりかけてたんじゃないのか?」
 脳裏に刻まれた悲惨な経験などを好き勝手に話し合っていた。
 少女というのがアルシェルのことであるのは間違いないが、仁たちは何も言わず、彼等の好きにさせていた。

 そしてカイナ村を出ておよそ3時間、セルロア王国首都エサイアが見えてきた。
 仁は『コンロン2』の速度を落とし、ゆっくりと高度を下げていった。もう王城からも見えている頃だ。
 案の定、確認のために熱気球が2機上がってきた。
 見よう見まねで推進装置を独自開発したものらしい。その点はさすがである。
「こちら『崑崙君』ジン・ニドー。貴国の兵士8名をお連れした」
 風属性魔法『伝声管(アコチューブ)』を使い、熱気球乗員に伝えると、1機が降下していった。王城に伝えるためだろう。
 仁は地上からの反応があるまで、『コンロン2』を適当な高度で停止させた。もう1機の熱気球はそれに随伴するように浮かんでいる。

 そして30分後、王城前広場に、近衛兵が整列するのが見えた。
 そして大きな旗が振られる。旗には『歓迎』と大書されていた。
「なるほど、ああして上空に知らせる方法を取ったのか」
 仁は感心すると共に、こうした手旗信号などは早めに各国共通のものを制定すべきだな、とも思ったのである。

 降下してみると、セルロア王国国王、セザール・ヴァロア・ド・セルロアその人が自ら仁を出迎えた。
 仁は礼子を、エルザはエドガーを伴って地上に降り立った。
「ジン殿、ようこそ。エルザ媛、ようこそ」
「陛下にはご機嫌うるわしく」
 簡単な挨拶を交わした後。
「ジン殿、我が国の兵士8名とはどういうことなのだ?」
「陛下、朗報です」
「朗報?」
「はい。……リリー」
『コンロン2』に残っていたリリーが、後部ハッチを開いた。
「おお……! そなたたちは!!」
 そこから駆け下り、整列する8名の兵士たち。セザール王には、彼等が、ダリの地下施設からいずこへともなく転移し、そのまま行方不明になった兵士だとわかったようだ。
「そうか、無事だったのだな。よかったよかった」
 8人の兵士たちは、一旦第一軍事省長官ラゲードに預けた。
「それから、もう1つ。……ローズ」
「はい」
 大きな歓声が上がった。
『コンロン2』から、巨大なエルラドライトを抱えたローズが現れたのである。
「こ、これは?」
「エルラド遺跡で見つけたエルラドライトです」
「ううむ、これほどのものは見たことがない!」
 セザール王の隣にいた第一内政省長官ランブローが呻くように言った。

 さすがに、これ以上の話を外で行うというのは相応しくないため、仁たちは王城へと招き入れられたのである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150712 修正
(誤)5体満足
(正)五体満足

(旧)簡単な挨拶を交わした後、仁はすぐに本題に入った。
「陛下、朗報があります」
(新)簡単な挨拶を交わした後。
「ジン殿、我が国の兵士8名とはどういうことなのだ?」
「陛下、朗報です」
 ……アコチューブで8名の兵士を連れて来た、と伝えてあるので、窮余の策として。

(旧)「我が国の飛行船、あれよりも速いらしいぞ」
(新)「我が国の飛行船よりも速いらしいぞ」

(旧)見よう見まねで独自開発したものらしい
(新)見よう見まねで推進装置を独自開発したものらしい

 20160527 修正
(誤)「ああ。崑崙君の婚約者、エルザ様だったか?」
(正)「ああ。『崑崙君』の婚約者、エルザ様だったか?」
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ