挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

24 魔導砦篇

849/1509

24-35 光の春

「さて、『太白』だが」
 青髪の自動人形(オートマタ)を整備し終えた仁は、この魔導頭脳の扱いを考えた。
 万が一のことを考え、『太白』の持つ情報は老君がコピーし、管理・保存している。と同時に、現在進行形でバックアップも取れるようになっている。
 ゆえに、どこに配備しても十分にその役目を果たせるだろう、と仁も老君も考えていた。

「そうだな、前に老君が言っていたように崑崙島を管轄してもらおうかと思う」
『やはりそれがいいですね』
 老君も賛成する。
 ここ蓬莱島にあって、遙か300キロメートルほど西の海上にある崑崙島まで管理している老君。その処理能力上、まったく問題は無いのだが、やはり現地にいるというのは強みがある。
《『崑崙島』ですか、それはいったい?》
『今、教えましょう』
 老君は、太白と『魔素接続(リンケージ)』を行い、必要な知識を与えた。所用時間、約5秒。
《……ありがとうございます。理解しました。なるほど、崑崙島。この管理を任せていただけると?》
『そういうことです。対処しきれないときは私がサポートします』
《精一杯務めます》

 こうして、『太白』は崑崙島を統括することになった。

*   *   *

 設置場所は島の中央に聳える山、『崑崙山』の山頂……ではなく、地下。
 ちょうどそのあたりに、小規模だがアダマンタイトの鉱脈があって、掘り出した直後だったのである。
「お誂え向きの大きさだな」
 幅40メートル、奥行き60メートル、高さ15メートルほどの空洞がぽっかりと空いていた。
「しかも、周囲は低品質のアダマンタイト鉱石か、強度的にも十分だ」
 アダマンタイトの鉱石は重さ、硬度共に、鋼鉄以上。このままでも地下シェルターとして使えそうな強度の空洞である。
 そこに『硬化(ハードニング)』と『強靱化(タフン)』を掛け、内張を施せば完了。
 作業を行ったのはもちろん職人(スミス)部隊。
 いずれ崑崙島専属の職人(スミス)部隊も用意する予定だ。
御主人様(マイロード)、ありがとうございます。素晴らしい設置環境です》
 設置とは、単にそこに置くことではない。
 今回の場合、周囲を観察する『魔導監視眼(マジックアイ)』、音を拾う『魔導傍聴耳(マジックイヤー)』を各所に設置し、更には防衛のための『麻痺(パラライズ)』を放つ魔導機(マギマシン)
 仁はここで、『衝撃(ショック)』に比べ、対象の苦痛が少ない『麻痺(パラライズ)』を標準とした。
 そして『障壁(バリア)』を設置することで第1段階は終了としたのである。
「あとは少しずつ充実させて行こう」
 仁の言葉に『太白』は礼を述べた。
《ありがとうございます。つきましては、『レファ』を補佐に付けていただけないでしょうか》
「そうだな、それもいいだろう」
 老君が操る移動用端末『老子』に相当するものはまだないので、その申し出はすぐに承認された。
 もう一体、『ロル』の方は、アンと共に当分蓬莱島勤務だ。

「よし、これで崑崙島の施設をもう少しだけ充実させれば、『崑崙君』としての体裁もとれるだろう」
「ジン兄、ここで『世界会議』を開催したいの?」
 隣にやって来たエルザが問う。
「ああ、いずれはな。でもすぐの話じゃない」
「そう」
「あとは老君と太白に任せてみよう」
「なら、ジン兄は?」
「地下の問題をはっきりさせるさ。そのあとは……」
「……宇宙?」
 仁の言葉を先取りして口にするエルザ。だが、仁は首を横に振った。
「そっちはまだテスト段階だ。だから……」
「だから?」
「ミツホへ行ってみたいな。エルザと一緒に」
「ミツホ……」
 かつて、仁と同郷かもしれない『賢者(マグス)』がいたというミツホ。
 そこを訪問したら、何か新しい発見があるかもしれない、と仁は思っていた。
「馬車で?」
「馬車で」
「……」
「エルザ?」
 馬車で行く、と言ったら、何やら考え始め、黙り込んでしまったエルザ。仁がそんな彼女を訝しんでいると。
「馬車でなく、自動車作ったら?」
「え?」
 思い掛けないエルザの言葉だった。
「舗装路が多いらしいし」
「確かにな」
 自転車が普及しているところから見ても、自動車が活躍する場面は多そうだ。
「いいのか?」
 その問いにエルザは顔を伏せた。やはり自分は口うるさい女と思われているのだろうか、と。
「……いいも悪いも、ジン兄が作りたいんじゃないかと思って」
「う、うん」
「だから私は、ただ注意してるだけ。いざという時に足りなくならなければ、それでいい。ジン兄なら素材に戻すことだってできるだろうし」
「そうか、ありがとう、エルザ」
「ん」

 ようやく、エルザは肩の荷が下りた気がした。
 ずっとずっと、喉に小骨がひっかかったように、気になっていたのである。
 あの日、仁はエルザの気持ちを察して抱きしめてくれたが、それでも彼女は、言葉にする機会を待ち望んでいたのだから。
 あまりにも仁が素材を湯水のごとく使うのが気になって、それを注意するつもりが。
 彼の反応が意外で、それがちょっと面白くて。甘えるように、じゃれるように、ついつい調子に乗って。
 それが、危険な遊戯と紙一重だと気付きもしないで。

(私の役目は、ブレーキであって、ストッパーじゃない。そして、私は部外者じゃない。ジン兄の、パートナー)
 そんな思考をしたエルザは人知れず赤面した。

「……自動車か……」
 大型のものなら、以前『トータス』というウニモグもどきのキャンピングカーを作っていた。
 だが、今度はせいぜい『SUV』、すなわち『スポーツ・ユーティリティ・ビークル』程度のものにするつもりだ。
「ジン兄、楽しそう」
 考え始めた仁の横顔を見ながら、エルザが呟いた。

「ま、まあ、まずはアルシェルの件と地下の人造人間(ホムンクルス)。そっちへの対応だな」
「うん、魔族領へ、行くの?」
「ああ、そうなるだろうな。併せて、あっちにも『転移門(ワープゲート)』を設置したいし。それに連絡用に魔素通信機(マナカム)を」
 勝手に行き来されては困るが、無いと不便でもある。また、何かあったときの連絡手段も欲しい。
「ん、わかる」
「じゃあ、そっちの計画を立てるか」
「そういたしますとお父さま、こちらの家でなさいますか?」
 計画の立案をどこで行うか、礼子が尋ねてきた。
「うーんそうだな。一度、蓬莱島へ戻るか」
「はい、わかりました」
「『太白』、それじゃあこれからよろしく頼む」
《はい、御主人様(マイロード)。お任せください》

 こうして、仁と崑崙島は新たなスタートを切った。
 世界情勢が落ち着くまであと少し。
 季節は春3月、長い冬が終わり、光の春が訪れる頃のことである。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150625 修正
(旧)更には防衛のための『衝撃(ショック)』を放つ魔導機(マギマシン)
(新)更には防衛のための『麻痺(パラライズ)』を放つ魔導機(マギマシン)
 仁はここで、『衝撃(ショック)』に比べ、対象の苦痛が少ない『麻痺(パラライズ)』を標準とした。

 20150626 修正
(旧)「そうだな、崑崙島を管轄してもらおうかと思う」
『崑崙島、ですか。それはいいですね』
(新)「そうだな、前に老君が言っていたように崑崙島を管轄してもらおうかと思う」
『やはりそれがいいですね』
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ