挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
マギクラフト・マイスター 作者:秋ぎつね

23 セルロア王国式典篇

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

813/1681

23-49 即位宣言/婚約宣言

「陛下!」
 振り向き、リシャールの姿を見た閣僚たちは驚きの声を上げた。
「皆の……者。次の王はセザール……だ」
 リシャールはそれだけを言うと、力尽きたようにがっくりと膝をつきかけた。
 咄嗟に支えるエドガー。
 だが、リシャールは何とか踏みとどまった。
「……この国を……たのむぞ」
 セザールはじめ、集まった閣僚全員がこうべを垂れた。王弟アランとオランジュ公、それにスケーブを除いて。
 その言葉を最後に、会議室をあとにしたリシャールは、扉が閉まると今度こそ倒れ込んだ。
「陛下……」
 侍女が駆け寄り、リシャールを抱え起こした。
「……お疲れ様でした」
「……う、む……」
 エルザは再度治癒魔法をリシャールに施す。そしてエドガーも再びリシャールを抱え、治癒室へと戻っていったのだった。

*   *   *

 会議室は大騒ぎになっていた。
 リシャール王が、その口でセザールを次の王だと宣言したのである。
「これでどちらが嘘を言っているのかはっきりしましたね、叔父上」
 今度、顔色を無くしたのは王弟アランの方であった。
「く……」
「その『鍵璽(けんじ)』も盗み出したものでしょう。お返しください」
 半歩踏み出すセザール。勝利は目の前であった。

「……エルザ、よくやったなあ」
 傍聴席で、ラインハルトはほっとした顔をしている。
 だが、アーサー王子はまだ渋い顔。
「……誰も気付かないのか? このままではまずい」
「え? どういうことですか?」
 仁が尋ねると、アーサー王子は切羽詰まった声で言った。
「『崑崙君』、セザール王太子が危険だ! 向こうは王弟、オランジュ公、それにスケーブとやらがいるのに、王太子は1人だ」
 それを聞いた仁は、咄嗟に礼子へと指示を出した。
「礼子、王太子を守れ!」
「……はい、お父さま」
 本来なら仁のそばを離れたくない礼子であるが、仁の命令は聞かざるを得ない。刹那の躊躇をしたあと、できるだけすぐに終わらせようと、礼子は20パーセントの出力で飛び出した。
 傍目はためには瞬間移動したかのごとく、礼子は王太子の傍らに移動。そして彼女は、背後のスケーブが放った『風の刃(ウインドカッター)』を感知した。
 正にギリギリのタイミングである。
「お父さまのお言いつけです。させません」
 礼子は自らの身体を割り込ませ、『風の刃(ウインドカッター)』を防ぐ。……いや、腕を振り切って力業で『風の刃(ウインドカッター)』を消し飛ばしてしまった。
 驚愕するスケーブ。
 すかさず礼子は更に踏み込み、スケーブに『麻痺(パラライズ)』を浴びせた。
「ぎゃっ!」
 短い悲鳴を上げ、気絶するスケーブ。ここまでおよそ2秒。
 王太子セザールと王弟アランは何が起こったかわかっていない様子だ。
 が、オランジュ公は違った。
 スケーブの奇襲が失敗に終わったことを見て取ると、一目散に逃げ出したのである。
 束の間、追って捕らえようかと考えた礼子であったが、ここは仁の指示、『王太子を守る』ことを優先した。
 魔法障壁(マジックバリア)を展開し、王太子を包み込む。そうしてから十数秒後、ようやく近衛兵がやって来た。
「殿下、いえ、陛下、ご無事ですか」
「うむ、私は無事だ。……スケーブを捕らえよ」
「はっ」
「レーコ・ニドー媛、『崑崙君』、感謝する」
 そして王弟、アランに向き直る。
「叔父上、『鍵璽(けんじ)』をお渡しいただきましょう」
 近衛兵に取り囲まれたアラン・デモヌは、最早為す術もなく、『鍵璽(けんじ)』をセザールに手渡したのである。
 セザールは、手にした鍵璽(けんじ)を掲げて見せる。
「これで私が正式な国王である!」
 堂々の宣言。集まった閣僚からは一斉に拍手が行われた。
 そして、この後、かなり簡略されてではあったが即位式が執り行われ、セザール王太子はここに正式なセルロア国王、『セザール・ヴァロア・ド・セルロア一世』となったのである。

 こうして、セルロア王国新国王騒動は一応の終わりを告げたのであった。

*   *   *

「エルザ、偉いわ!」
 少し情勢が落ち着き、各国代表たちは迎賓館に戻っていた。
 そこでは、陰の立て役者であるエルザに称賛の嵐が贈られていたのである。
「あ、ありがとうございます」
 エルザは顔を紅潮させ、恥ずかしそうだ。
 隣に座る仁も嬉しそうにしている。
 そして、周囲が少し静かになったときに、仁はここぞとばかりに口を開いた。
 この場をのがしたら、機会を失うと思ったのだ。
「えーと、皆さん、この機会にお知らせしておきます。自分とエルザは、こ………………」
 とはいえ、肝心の言葉がなかなか出て来ない。
 一同は、おおよその見当が付いたので、しーんと静まりかえり、仁に注目した。
 そして仁は注目されたことで更に緊張の度合いを強める。
「こ……こ……」
 そこで仁は目を瞑り、思い切って最後の単語を口にする。
「……婚約しました!」
 一瞬遅れて、拍手が響き渡った。
「おめでとう」
「おめでとう!」
「ようやくね」
「若いっていいわねえ」
 等、温かい言葉が贈られた。
 仁もエルザも顔を赤らめ、ただ黙って頭を下げたのである。

 それからは、より一層、くだけた雰囲気になった。
 仁は顔見知りのテオデリック侯爵やフィレンツィアーノ侯爵、ブルウ公爵、それにアーサー王子から改めてお祝いの言葉をもらったし、エルザはエルザで、女皇帝やラインハルトに祝福されていた。
「……これからが大変よ」
 話題は、セルロア王国の今後についてとなっていく。
「非常事態だったから、細かいことを言わずに皆動いていたけれど」
『ゴリアス』を動かしたり、船に避難させたり。エルザの治癒への協力もそうだ。これらは無償で行われるべきものではないのである。
「食糧以外、セルロア王国には十分な蓄えがあるとは思うけど」
 賠償金を各国に支払ったなら、国が傾きかねない。それほど、今回の式典における不祥事は大きかった。
「普通に国際問題ですものね」
 女皇帝の言は、その場にいる全員の思いを表していた。
「まだ帰れないわね……」
 後処理、そして新王との条約締結など、なすべきことは山積みであった。
「それに、オランジュ公がどうなったのかも気になりますね」
 と、ラインハルト。この場にいる各国代表の中に、フランツ王国代表、つまりオランジュ公だけがいない。
「少し気になりますね」
 アーサー王子が難しい顔で言った。彼の推察力は、昼間の一件で証明済みだ。
「今夜も気を付けた方がいいかもね」
 女皇帝の呟きにより、浮ついていた気分が一気に覚める。
「……ですな」
「そろそろ休み、明日に備えるとしましょうか」
 新王セザールは護衛の兵を派遣してくれてはいるが、なんとなく頼りない。
 一同、自分の部屋へと引き上げていく。残ったのは仁とエルザ、それに女皇帝とフリッツ。

「ジン君」
 他国の代表たちがいなくなったため、いつも通りの口調に戻った女皇帝は、仁の手を取った。
「エルザを幸せにしてあげてね」
「はい、必ず」
「……ジン君が選んでくれたのが我が国の子だったのは素直に嬉しいわ。けれど、それに囚われないでちょうだいね」
「陛下?」
「貴方……『崑崙君』は、広い視野を持って行動して欲しいの。ショウロ皇国を贔屓してくれなくていいということよ」
 世界を豊かにしてくれることが、結局ショウロ皇国、いや世界各国の発展に繋がるのだから、と締めくくる。
「ジン殿、妹をよろしくな。貴殿になら任せられる。……エルザ、幸せにしてもらえ」
「……兄様」
 そして女皇帝とフリッツは部屋に戻っていった。
「……俺たちも戻るか」
「……うん」
 仁はエルザの肩を抱き、2人は並んで廊下を歩いて行った。礼子とエドガーは音を立てないようにそっと後を付いて行く。
 ようやく平穏の訪れたセルロア王国。
 夜空には月と明るい星とが並んで輝いていた。
 いつもお読みいただきありがとうございます。

 20150520 修正
(誤)障壁(バリア)を展開し、王太子を包むこむ。
(正)魔法障壁(マジックバリア)を展開し、王太子を包み込む。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ